LIFE

屋久島で開運 ひとり旅満喫中

よくばりトットコライフ トコ

屋久島で開運 ひとり旅満喫中

目次

監修・ライター

こんにちは! 
【よくばりトットコライフ】のトコです。

開運旅ポイントをお伝えしながら、トコひとり旅のリポートです。
参考にしてくださいね。

行き先は、屋久島です。
南の方に行けば、才能運と直観力が上がるらしいの。
で、南といえば、鹿児島か屋久島方面かな、と、ネットで見ていたら。

「まだチャンス!!九州ふっこう割」の文字が飛び込んできました。
12月宿泊分まで使えるそうですよ。
で、移動とホテルをJALのパックツアーで申し込みました。

ツアー代金が高くなるほど、高額のふっこう割クーポンが使えるらしく。
5万円以上だと、1万5000円のふっこう割が使えるみたい。
せっかくなら、得したい!!

というわけで、一泊二日の旅。
14時に到着して翌日14時の出発なので、
ちょうど24時間、弾丸ツアーですが。

福岡-屋久島往復航空券とJRホテル屋久島(夕食朝食付き)宿泊で
5万3500円。
これがなんと、1万5000円引きで、3万8500円!!!
ひゃっほう!!
と予約しました。

しかし、2万円台のツアーもあったので、
もっと安く行くことはできたのですが。

1)開運旅ポイント
『ちょっといい旅をする』

ということで、素敵なホテルにひとりゆっくり宿泊したら、
いい女になること間違いなしっ!!
と信じて、出発よ!!

2)開運旅ポイント
『トラベルグッズはオレンジ色』

オレンジ色は旅行運や飛躍の色です。
トコは、オレンジ色のトラベルポーチやバッグを持って行きますよ。

オレンジ色のかばん

 

さあ、屋久島についたら、レンタカーを借ります。

ひとりなので、気の向くままにハンドルをにぎります。
ホテルは島の南側ですが。まずは、空港から宮之浦に向かいます。
土産物屋などがあったので、とりあえず、寄ります。

ひゃあ、初入荷「屋久シカ肉」と貼り紙が

鹿肉張り紙

 

さらに、夜光貝も食べるの??
「食用 夜光貝」だって

夜光貝張り紙

 

なんだかこの島、おもしろそうですよ。

宮之浦では、屋久島環境文化村センターを訪問。
パンフレットなどをもらいます。

それでは、南の方へ戻りながら、カフェに寄ったり
土産物店に寄ったりします。
おしゃれ雑貨やさんもあるよ。

そして、また目を引いたのが。
屋久杉を使った、万年筆やボールペン。

屋久島に来たので、なにか記念のものは一つ連れて帰りたいじゃない。
やっぱり屋久杉グッズよね、と考えていたので、目が留まりました。

仕事柄、文字にかかわるものがよいですよね。
だって、才能運が上がる場所なんだよ。

しかし!!
なんじゃこの価格。

価格

 

高いよ高いよ!!

お店の人に尋ねたら、
「模様のような木目を杢(もく)と呼び、
玉杢・泡杢。瘤杢・虎杢など、の種類があり。
玉杢や泡杢はたとえば、大トロ。虎杢などは中トロですかね。
でもお好きな柄を選ぶのがいいですよ」
と教えてもらう。

大トロは、10万円だもの。
で、1万円程度の虎杢のボールペンを買いました。

ボールペン

 

しましま柄で、虎杢と呼ばれる柄ですって。

ふぅ。なんか、いい出会いがあったって感じ。

3)開運旅ポイント
『お土産を買う』

いい旅で買った品物はいい運を持ってきてくれます。

さあ、それでは、早めにホテルに行きましょう。
というのも、トコが選んだJRホテル屋久島は
温泉があるのよ。
しかも鹿児島の友人から
「あそこのお湯はトロトロよ」
とお勧めされていたの。

島の南の、尾之間という場所にあります。

九角形の素敵なホテル。
どの部屋からも見晴らしがいいわ。

ホテル内

 

ホテルのお部屋はこんな感じ。

ホテル部屋

 

ひとり旅なので、
ツインのお部屋をひとりで使えるので、
ゆったりできますよ~。

さあ、海側の部屋だったので、
朝日を浴びます。

4)開運旅ポイント
『朝日を浴びる』

朝日をあびる

 

太陽の光の道が
自分にあたってる、的な写真をパチリ!

朝ごはん

朝ごはん

 

トビウオの天ぷらがおいしかった
さあ、ヤクスギランドに出発です!

車で安房から40分くらい山を登ったところにあります。
さらに20分進むと、
紀元杉が見られるのですが、今回は時間の関係であきらめます。

ヤクスギランドで40分ほど散策。
深呼吸してパワーをいただきます

屋久杉ランド

 

この写真も自撮りですよ。
自撮りの技術がどんどん進化してますね

さあ急いで山を下りて、ランチを食べて空港に向かいます。

すると、何かが車の横を
サ、サルです!!

サル

 

サルたちが、3頭、ほど歩いていきます。

わあ、びっくり。
スゲーな屋久島。

すると、こんどは。

シ、シカです!!

しか

 

つぶらな瞳でじっと見つめています。
かわいい、と思う一方。

頭の中を
「初入荷・屋久シカ肉」の貼り紙がよぎりました(涙)

さらに、その後、3度もサルたちに遭遇。

もうこうなると、またかよっ、と慣れちゃったりしますね。
しかし屋久島ってすごいね。

さあ、お昼になったので、
ヤクスギランドのふもとにある安房で地魚を食べますよ

5)開運旅ポイント
『地元でとれたものを食べるべし』

レンタカー屋さんが、安房なら、と教えてくれた
「いその香り」

店外観

 

ここはオーナーが漁師さんで、釣りたての地魚を
にぎりにしたり、刺身で食べられたりするの。

地魚刺身定食1940円、にしました。
地魚にぎりも同じくらいのお値段ですよ。

まあ、すごいボリューム!
知らない魚だらけだったのですが、
お店の方が、図鑑を見せてくれながら説明してくれるの。
しんせつー、

刺身の解説

 

むちゃくちゃおいしかったでーす。

そして、尾之間のJRホテルの温泉がよかった、と話したら、
お店の方から、
「尾之間には尾之間温泉という公衆浴場があり
地元の人は無料、観光客は200円。
ホテルのお湯よりもっとツルツルぬるぬるですよ~」
と教えていただいたので、
次回はぜひ、その尾之間温泉に行かなきゃね。

楽しい屋久島開運ひとり旅。
弾丸でしたが、元気がもらえましたよ。

短い時間でも、思い切って出かけてみてはいかがですか?

App store
Google play