LIFE

博多の冬の鍋、弓削さんのオススメは?

3000円でかなうコト 弓削 聞平

博多の冬の鍋、弓削さんのオススメは?

ソワニエ/上潮

目次

南国九州とはいっても、博多の冬はかなり寒いです。こんな時季こそ、鍋を食して身も心もほっこりしたい! 今回は、県外の友人を連れて行っても「な~んだ! 知ってるよ」なんて言われない、定番のようで実はかなり個性的な鍋を、グルメの賢人・弓削さんに教えていただきました!

Q1 アラやフグとは違い、家族でも気軽に行ける魚系の鍋のおいしい店を教えてください。

ちゃんこ上潮 店内

出典元:ソワニエ/上潮

A1 〈ソワニエ〉の11/10発売「うまい魚を食べたい」特集でも紹介したのですが、春吉にあるちゃんこ鍋専門店「上潮(あげしお)」のちゃんこ鍋は、肉類は入っておらず、アジのすり身がメイン。新鮮なアジをゴボウやネギとともに練り込んでおり、旨味がギュギュッと凝縮されています。そしてそれらの出汁が出たスープで作る雑炊がまた絶品。もう、これのためにちゃんこがあったんじゃないかというくらい、いいお味です。

また、正確にはほ乳類ですが、鯨のハリハリ鍋もいいですねぇ。薬院大通り近くにある「大石」は福岡では数少ない鯨の専門店。赤身の唐揚げと皮を使い、たっぷりの水菜や椎茸などと一緒にいただきます。カツオ・昆布の出汁と鯨の旨味が合体してなんともいえない味わいですよ。

ちゃんこ 上潮

http://chanko-ageshio.jp/

福岡市中央区春吉3-12-14

小料理 大石

http://www.koryouri-ooishi.com/company/

福岡市中央区薬院1-9-15 相原ビル1F

Q2 お肉系のちょっと変わった鍋はありませんか?

馬肉のハリハリ鍋

A2 鍋にお肉はつきもので、ちゃんこ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ、もつ鍋など多くの鍋にお肉は入っています。そんななかでもちょっと変わったところで言えば、馬肉のハリハリ鍋なんてどうでしょう。自社牧場で育てた馬肉を提供している「菅乃屋」は福岡ではJR博多シティの飲食フロア「くうてん」にあるのですが、馬刺しはもちろん、この鍋も絶品なんです。口の中でとろけるあっさりした脂は、他の肉にはない個性があり、一度食べたらヤミツキです。

あと、冬になると蕎麦屋の鴨鍋に惹かれます。たとえば高砂の「いまとみ」。蕎麦の出汁をベースにした出汁で、きのこや鴨肉やそばがきをいただき、最後はせいろそばで締めるという至福のコースがありますよ。ここの鴨肉は新鮮さゆえ、1分少々、さっと火を通すだけで十分。そのやわらかさと意外にクセのない味わいは鴨肉の概念を変えてくれますよ。

馬肉料理 菅乃屋 JR博多シティ店

http://service.suganoya.com/?grid=Top_head

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ アミュプラザ博多10F

蕎喰 いまとみ

http://www.sobagui-imatomi.jp/

福岡市中央区高砂1-22-9

Q3 よく福岡に来る知人に、水炊きでももつ鍋でもない博多らしい鍋を食べさせたいのですが、なにかありますか?

炊き餃子

出典元:ソワニエ/池田商店

A3 郷土料理というカテゴリーには入らないかもしれませんが、おそらく博多発祥ではないかというのが炊き餃子です。元々平尾の「池田商店」が始めたものではないかと思うのですが、瞬く間に人気が出たので他の店も出すところが増え(メニュー名としてはそのままだったり、少し変えたりしますが)、福岡の居酒屋ではけっこう見かけるところが増えました。他の地域にもあるのでしょうか。少なくとも福岡のようにしょっちゅう見かけるメニューではないはずです。

鶏ガラベースのスープには少し豚骨スープも入れていて、それで野菜中心の餡が詰まった餃子をぐつぐつと煮込んだものです。「池田商店」は姉妹店が大名、今泉、博多駅にあり、出張族でも随分行きやすくなったので、これはぜひ一度食べてみてほしい一品です。

池田商店

http://www.sobagui-imatomi.jp/

福岡市中央区大宮2-1-26 TEL092-534-6780


炊き餃子は食べたことがありますが、池田商店系列ではなかった気が・・・。こちらが本家本元みたいなので、今度ぜひ行ってみたいです! それに、アジのすり身が美味しそうなちゃんこ鍋といい、クジラに馬肉に鴨鍋のラインナップがスゴイ! 定番の水炊きやもつ鍋を外しても、博多の鍋はこんなに豊かなんですね。友人をどこに案内しても、エヘン!と威張れそうです。

App store
Google play