LIFE

1万円あればレッツゴー!最小限のグッズで初めてのキャンプデビュー

1万円でかなうコト

1万円あればレッツゴー!最小限のグッズで初めてのキャンプデビュー

目次

家族揃って外食に行くと5000円~1万円なんて、あっという間に使ってしまいますよね。食べ盛りの男の子がいようものなら、1万円ではおさまらないことも。今回はそんなご家族にぜひ検討してほしい「キャンプ」についてご紹介します♪

キャンプ初心者にありがちな「とりあえずグッズ」は失敗の元

「子供もだいぶ大きくなってきたし、今年はキャンプに挑戦したい」そんなふうに考える人も多いのではないでしょうか。暖かくなってくると、スポーツショップやホームセンターには、ところ狭しとキャンプグッズが展示されます。お洒落な品も多いので、あれもこれも欲しくなってしまいますよね。しかし、ちょっと待って!初心者がいきなりテントやら何やらを、全部買うのはおすすめできません。やり方がわからない、勝手がわからない、面倒くさいの3点セットで、せっかく買ったキャンプグッズが文字通り「お蔵入り」になってしまう人をよく見かけるからです。そんな悲劇に見舞われないためにも、まずはキャンプの「いろは」を知るための、助走を取り入れることが肝心ですよ!
 

初めてでも安心なデイキャンプからスタート

さてキャンプを始めるための助走とは、いったいどのようなものなのでしょうか。キャンプと言えばまっさきに思い浮かぶのは「テント」ですが、初心者がいきなりテントを張って夜を越すというのは、簡単なことではありません。宿泊という高いハードルはこの際ちょっと横に置いておいて、まずはデイキャンプからスタートしてみましょう。デイキャンプとはズバリ、日帰りで行うキャンプのこと。ピクニック感覚で青空の下でご飯を食べることだけが目的の、初めてさんにぴったりのキャンプスタイルです。そこでおすすめなのは、施設が揃っているデイキャンプ場。福岡は都市と自然が隣接した、全国有数の暮らしやすい街。「福岡」「デイキャンプ場」などのキーワードで検索すると、いろいろな場所が見つかりますよ!ご自宅からアクセスの良いキャンプ場を選び、できれば予約までしておきましょう。
 

予算1万円で大満足!手間をかけずに出かけてみることが大切

場所が決まったら、いよいよ持ち物準備。キャンプ場でグリルや鍋などのキャンプグッズが借りられるのであれば、持って行くのは食材&飲み物くらいですね。例えば、市内からほど近い「海の中道海浜公園」のデイキャンプ場なら、サイト利用料520円、入園料大人410円、小中学生が80円。バーベキューコンロセット(コンロ、網、トングなど)も1000円で借りられるので、4人家族なら合計2500円でOK。あとは炭や野菜、肉などを好みに応じて買い出ししても5000円くらいでしょうか。まだお金があまるので、アウトドア用の椅子くらいは購入してもいいですね。そうです、合計1万円で、家族みんなが1日中遊べるのがデイキャンプの醍醐味です。お子さんが小さい場合は、野菜などを切る手間も省けるよう、家であらかじめ切ってから、タッパに入れて持って行くのもおすすめです。自然の中で火をおこしてご飯を作り、元気いっぱい走り回れば、夕方までの時間もあっという間。キャンプ場なら水道やトイレなども完備されているので、屋外でのトイレが未体験のお子様も安心ですよ。

海の中道海浜公園 デイキャンプ場(BBQが楽しめる)

http://www.uminaka.go.jp/Play_folder/000115.html

福岡市東区西戸崎18-25 価格:入園料/大人410円、小人(小・中学生)80円、シルバー(65歳以上) サイト利用料(1日)/一般520円、障がいをお持ちの方への割引260円


デイキャンプで食事の支度や時間の使い方に慣れれば、「今度はタープ(日よけ)も立てたいね!」など次なる課題が見えてきます。自然の中が心地よくなり、いつかは憧れの「テント泊」も実現できるといいですね。
 

App store
Google play