MONEY

地味でも王道はすごい!年間100万貯金を叶える人気FP7つの節約方法 (3ページ目)

ためる 中村 賢司

7. やってはいけないワースト節約方法

節約したいという思いから、1円でも安いスーパーを探してハシゴする人もいますが、その労力と時間を考えるとあまりおすすめしません。意外と移動するときの車のガソリン代の方が高くついているかもしれません。

また、安物買いの銭失いといいますが、100円ショップの利用もできるだけ控えましょう。実は100円ショップ好きの人は、お金が貯まらない人が多いのです。安いからといってついつい必要ないものまで買ってしまう…そんな失敗、皆さんはありませんか。

●FPが見た「節約と貯金の達人がやってる」生活費を下げる効果的な方法

●手っ取り早い節約方法、申請したらお金がもらえる4つの給付金・控除

「目標設定→実行」が貯金が増える最大のポイント

目標設定は「貯金」を成功させる要です。例えば1000万円を10年間で貯めるという目標を設定したとします。逆算すると、1年あたり100万円貯金することができれば10年間で1000万円に到達します。1カ月あたりにすると8万3333円です。約8万円を毎月貯金し続けることができれば、10年後には1000万円貯まっています。

でも1カ月8万円を貯金し続けることはちょっとしんどいかもしれません。では、5万円ではどうでしょう。1年間で100万円貯めることができれば良いのですから、毎月の貯金額を現実的な金額にして、年2回のボーナスでも貯金をするようにしましょう。夏・冬それぞれのボーナスから20万円貯金ができれば、年間40万円。毎月5万円の貯金と併せると1年間で100万円となります。

毎月の貯金2万円でもしんどいのに、5万円なんて・・・と思われるかもしれませんが、ここで諦めず、一度やってみてほしいのです。始める前から目標金額を下げたり、目標期間を延ばしてしまったりせず、まずは実行してみてください。

今回見てきた固定費の見直しや、食費の節約を頑張ってやりくりすることができれば、年間100万円の貯金は夢ではありません。

さあ今すぐ家計をチェックして、どこか見直すべき余地がないか確認しましょう。

3 / 3
App store
Google play