MONEY

安い・簡単・おいしいの三拍子が揃う、秋の味覚の300円節約レシピ

ためる

目次

旬の食材で作る節約レシピ♪ここでは、「安い」「簡単」「おいしい」の三拍子がそろった、秋の味覚の節約レシピをご紹介! おいしいだけじゃない、栄養価も高い秋の食材。今回は300円以内でできるものを5つ紹介します。

FPが見た「節約と貯金の達人がやってる」生活費を下げる効果的な方法

「ケチに疲れた」お金が貯まる人がやっている5つのラクチン節約習慣

【300円レシピ】甘辛ダレが食欲をそそる!秋の味覚「サンマのかば焼き丼」

お重に入ったサンマの蒲焼き
【画像出典元】「iStock.com/NguyenDucQuang」

秋の味覚の代表格サンマ。必須アミノ酸を含む良質なタンパク質のほか、血液をサラサラにするEPA、記憶力の向上や脳の老化防止につながるDHAが豊富な食材です。

シンプルな塩焼きもいいですが、今回は「サンマのかば焼き丼」をご紹介!余ったかば焼きのタレは、鶏の照り焼き丼や豚丼のタレとして利用もできる“知らなきゃ損する”レシピです。

<作り方:2人前>
1.濃口しょうゆ・みりん(各75ml)、酒(25ml)、砂糖(大さじ4)を中火でひと煮立ちさせてアルコールを飛ばし、とろ火で煮詰める
2.生サンマ(2尾)を開き、中ワタと骨を取り除いて洗う
3.1尾を4等分し、塩(ひとつまみ)を振って、薄力粉(大さじ2)をまぶす
4.フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、皮目から焼き、両面がこんがりとしたら「1」のタレを大さじ1と1/2を入れてサンマにからめる
5.小鍋に「1」のタレ(大さじ1/2)と水(25ml)と白ねぎ(小口切り)を入れ、白ねぎがしんなりしたらサンマ(1人分)を入れて、照りが出るまで焼く。
6.ごはんの上にサンマのかば焼きを乗せ、タレをかける。好みで山椒を振ってもおいしい。

【300円レシピ】脂の乗った鮭でおいしくきれいに「鮭のムニエル」

バターがのった鮭のムニエル
【画像出典元】「iStock.com/NguyenDucQuang」

9~11月に旬を迎える鮭。抗酸化作用のある成分アスタキサンチンを多く含み、身体の酸化を防ぐアンチエイジング効果が期待できる食材です。火の通りが早いので、短時間で料理できる点も魅力。

<作り方:2人前>
1.秋鮭(1人約100g)を一口大にカットし、塩胡椒(適量)を振って下味をつけて、小麦粉(適量)をまぶす
2.フライパンにオリーブオイル(適量)を入れ、鮭の皮目から焼いていく
3.両面が焼けらたバター(1人約10g)を鮭の上にのせ、溶かしながらパリッとするまで焼けば完成

【200円レシピ】酒の肴にもなるスタミナ系「さつまいもと豚のバター醤油焼き」

かごに盛られたさつまいも
【画像出典元】「iStock.com/Promo_Link」

さつまいもは便秘の解消作用のほか、コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きがある食物繊維が豊富。満腹感も得られやすく、甘辛スタミナ系メニューなのに、ヘルシーに食べることができる食材です。この時期お手頃価格で手に入りやすいのでマスターしたいレシピの一つです。

<作り方:2人前>
1.しょうゆ・酒・マヨネーズ・片栗粉(各小さじ1)を入れたポリ袋に豚こま肉(200g)を入れ、揉み込む。
2.さつまいも(150g)を7~8mm幅で半月切りにする
3.フライパンに油(適量)を入れ、「1」と「2」を重ならないように並べて蓋をして、中火で蒸し焼きにする
4.全体に火が通たら余分な油を吸い取り、バター(10g)、3倍濃縮のめんつゆ(大さじ2)、砂糖(小さじ1)、豆板醤(小さじ1/2)、にんにくチューブ(1~2cm)を混ぜ合わせたタレを回し入れ、全体に絡めながら炒めれば完成
 

【100円レシピ】簡単常備菜!子どもも大好き「キノコのバターポン酢いため」

数種類のきのこのいためもの
【画像出典元】「PhotoAC」

キノコは食物繊維が豊富な食材のひとつ。水洗いしたり、火を通しすぎると風味や栄養素が逃げてしまうので素早く仕上げるのがポイントです。しいたけやエリンギ、シメジ、エノキなど、様々なキノコを2~3種類組み合わせて作るのがポイント!

<作り方:作りやすい量1回分>
1.好きなキノコ2~3種類を用意する。エノキは石づきを落として3cmほどの長さに切る。エリンギ、シメジも石づきを落として食べやすい大きさにほぐす
2.フライパンに「1」のキノコを並べて焦げ目がつくまで中火で炒める
3.焼き色がついたら、火を止めてバター(10g)を入れて溶かし、器に盛ってからポン酢をかければ完成。お好みでスダチをかければ大人な味わいに!

【200円レシピ】フライパン一つで作れちゃう!「なすとツナのトマトチーズパスタ」

トマトベースのチーズ・ツナ入りパスタ
【画像出典元】「iStock.com/ma-no」

太陽の光を浴びて育った秋なす。老化防止効果があるアントシアニンや抗酸化作用を持つクロロゲン酸などの栄養素が含まれており、美容面にもメリットがある食材です。

<作り方:2人分>
1.なす(150g)の皮をむき、1cm幅の輪切りにしておく
2.フライパンにオリーブオイル(大さじ2)とにんにく(1片)のみじん切りを入れてて炒め、香りが立ったら「1」を入れる
3.なすがしんなりしたら、水(500ml)、トマト缶(1缶 400g)、固形コンソメ(2個)、塩(小さじ1/4)を入れて火を強くする
4.沸騰したらパスタ(200g)を半分に折りながら入れ、蓋をして弱めの中火で麺のゆで時間の目安+3分ほど煮る
5.時間が経ったら、汁けがなくなるまで煮詰め、ツナ缶(1缶そのまま)、ケチャップ・ウスターソース(各大さじ1)、砂糖(ひとつまみ)、塩・胡椒(少々)で味を整え、最後にチーズ適量(ピザ用、スライスチーズでもOK)を入れてチーズが溶ければ完成

FPが見た「節約と貯金の達人がやってる」生活費を下げる効果的な方法

「ケチに疲れた」お金が貯まる人がやっている5つのラクチン節約習慣


秋はおいしいく、栄養価が高い食材がお手頃価格で手に入りやすい季節です。今回紹介したものはどれも簡単に短時間でできるものばかり。気になるメニューがあれば、ぜひ実際に作ってみてくださいね。

App store
Google play