お金

巣ごもり太りは「サブウェイダイエット」で痩せよう!効果やコスパがすごい!

ためる

巣ごもり太りは「サブウェイダイエット」で痩せよう!効果やコスパがすごい!

【画像出典元】「iStock.com/grki」

本格的な夏がやってきます。二の腕や足を出して涼しいファッションをしたいのに、自粛や在宅勤務で巣ごもりしていた数カ月間、気付けば太ってしまった・・・!という人も多いのでは?
そんな人は「サブウェイダイエット」を試してみてください。手軽に取り組めてストレスも少なめなのでダイエット初心者さんにおすすめ!ぜひトライしてみてください。

お湯を飲むだけ!簡単なのに効果抜群の「白湯美容」とは?

自宅でセルフマッサージ!小顔コルギの簡単なやり方~翌日に効果も!?

そもそも「サブウェイダイエット」とは?

野菜やハムなどが挟まれたサンドイッチのアップ
【画像出典元】「iStock.com/Deepak Srivastava」

サブウェイは、サンドイッチのファストフードとしておなじみ。たっぷりの野菜やチキン・ビーフ・えびなどの具材を、目の前で店員さんが組み合わせてくれるサンドイッチは、手作り感があってとても魅力的です。

パンの種類を好みで選べるうえ、ドレッシングやトッピングで自分好みにカスタマイズできるのもGOOD。そのおいしさとヘルシーさから、世界中で愛されるショップです。

そのサブウェイのサンドイッチ、実は意外とカロリーが低めだって知っていましたか?もちろんパンや具材によってはボリューミーなものもありますが、上手に組み合わせれば、カロリーや糖質を抑えた健康的なダイエット食になるのです。これを利用したのが、「サブウェイダイエット」というワケです。

サブウェイダイエットのルールは3つだけ。

1:一日に一食をサブウェイサンドイッチに置き換える。
2:野菜を増量する。
3:メニューをまんべんなく食べる。(同じものばかり食べない)


これなら気軽に始めることができそうですよね?人によって効果はさまざまですが、1カ月で3~5キロのダイエットに成功した人もいるそうです。

「サブウェイダイエット」を成功させるポイントは?

サブウェイのサンドウィッチの具材を説明した写真
【画像出典元】「サブウェイfacebook」

ダイエットは、さまざまな栄養を過不足なくとることが成功の秘訣。いろいろな種類の食物からできるだけ多くの栄養素を体内に取り込み、免疫力を下げずに代謝や脂肪燃焼の効率を上げることが重要です。

同じものばかりを食べたり極端に量を減らしたりするのはNG。とはいっても特に外食の場合は、丼物や麺類など、どうしても炭水化物中心のワンパターンになりがちですね。

その点サブウェイは、チキンやローストビーフなどのタンパク質と同時に、不足しがちなビタミンを生野菜から補充することができます。

あまり知られていない無料の「野菜増量」サービスでは、レタスや玉ねぎなどの野菜を通常の1.5~2倍に増やしてもらえるので、かなりおすすめ。例えばランチを一食、野菜増量サブウェイに置き換えれば、その日はビタミンや食物繊維を確実に摂取することができるのです。

そしてサブウェイは、サンドイッチのメニューが豊富なところもダイエット向き。日々たくさんの栄養素をとるのはなかなか難しくても、毎日違う具材のサンドイッチをオーダーすることにより、一週間トータルでさまざまな栄養素を取り込むことになります。

また、ドレッシングはもちろん、オリーブ・ピクルスなどの無料のアクセント野菜でも変化を楽しめ、有料のトッピングをプラスすることでさらに違った味わいにできるなど、飽きることなく続けられるのもサブウェイダイエットの人気の理由です。

「サブウェイダイエット」で気を付けるべきこととは?

3種類並んだサブウェイのパン
【画像出典元】「サブウェイfacebook」

サブウェイダイエットには注意点もあります。それはパンとドレッシングを賢く選ぶこと。実はサブウェイのサイトには、メニューそれぞれにカロリーと栄養情報等が記載されているので、どれを選べばいいかが一目瞭然です。

例えばパンは、「ホワイト」レギュラー179kcalと、「フラットブレッド」レギュラー227kcalでは48kclの差が!

ドレッシングも「シーザードレッシング」39kcalと「チリソース」3kcalではカロリーが大きく違います。

具材の違いでも確かにカロリーは違いますが、レギュラーサンドイッチはすべて200kcal台後半から300kcal台前半とローカロリー。通常ダイエット中では敬遠しがちなツナやアボカドなど、栄養豊富だけどカロリーが高めな食べ物を避ける必要はありません。それよりもパンとドレッシングに気をつければOKです。

パンのおすすめは「ホワイト」か、または「ウィート」レギュラー180kcal。ドレッシングは、「チリソース」か「わさび醤油ソース」6kcal、「ハニーマスタードソース」15kcal、「マヨネーズタイプ」16kcalがダイエットには効果的です。

「サブウェイダイエット」の気になるコストは?

サブウェイのチキンサラダ
【画像出典元】「サブウェイfacebook」

レギュラーのサブウェイサンドイッチの価格は、「ベジーデライト」の319円(税込)から、いちばん高くても「ローストビーフ~プレミアム製法~」の605円(税込)までとリーズナブル。

店舗により実施している「昼得セット」なら、429円(税込)のサンドイッチに通常242円(税込)のドリンクかポテトが付いて528円(税込)からとさらにお得です。ただしダイエットのためには、ポテトではなく必ずローカロリーのドリンクを選びましょう。

昼得セット528円(税込)であれば、20日利用しても1万560円(税込)とローコスト。1カ月約1万円弱でおいしく健康的にダイエットができるのなら、かなりお得なのではないでしょうか?

またサブウェイダイエットは、カロリーや栄養の表示が明確なため、効果を自分でコントロールできるところもポイントです。例えば、価格も栄養的にもおすすめの「チリチキン」は273kcal。ホットコーヒーS(5kcal)や野菜増量をプラスしても300kcal程度に納まります。

最近食べすぎてもっとカロリーを抑えたいな・・・という時は、サンドイッチの代わりにサラダのみのメニューを頼めば、糖質をオフして約4倍の野菜を取ることができます。体調や朝晩の食事内容から細かく調整ができるところもダイエットに向いています。

サブウェイ公式サイト

お湯を飲むだけ!簡単なのに効果抜群の「白湯美容」とは?

自宅でセルフマッサージ!小顔コルギの簡単なやり方~翌日に効果も!?


今までなんとなくカロリー高めのファストフードを選んでいた人も、「その手があったか!」と目からウロコなのではないでしょうか。ヘルシーなサブウェイで、おいしいダイエット、ぜひ始めてみませんか?