お金

20~30代でがんになったらかかるお金は?高額療養費制度を知ろう

そなえる 中村 賢司

20~30代でがんになったらかかるお金は?高額療養費制度を知ろう

【画像出典元】「stock.adobe.com/Pixel-Shot」

いまや2~3人に1人かかるといわれている「がん」。20~30代のがんの8割は女性とされており、特に注意が必要です。もしかかってしまったら、何にどのくらいお金がかかるのか、治療費を支援する公的な制度、高額療養費制度についてFPが分かりやすく説明します。

新しい保険の選び方「皆でわりかん」保険、ついに日本でも本格展開

今さら聞けない医療保険~第1回~ 医療保険ってどんなもの?

20代~30代でかかるがんの種類と罹患率の傾向

国立がん研究センターによると2017年に新たにがんと診断された罹患数は、97万393例、そのうち男性は55万8869例、女性は41万8510例となっています。

がんの罹患数で多い部位は、

1位 大腸がん
2位 胃がん
3位 肺がん


の順です。男女別に見ると、

男性
1位 前立腺がん
2位 胃がん
3位 大腸がん

女性
1位 乳房がん
2位 大腸がん
3位 肺がん

の順となっています。

また、生涯でがんに罹患する確率は、男性63%、女性48%となっており、2人に1人はがんに罹患する確率となっています。年齢別、男女別に見ると以下の表のとおりです。

現在の年齢から将来がんに罹患する確率【男性】


現在の年齢から将来がんに罹患する確率【女性】


この表を見る限りでは、20代、30代の人が10年後、20年後がんに罹患する確率は極めて低いのですが、若い世代では男性の罹患率より女性の罹患率の方が2倍以上高いことに注目すべきです。※出典元:国立がん研究センター「最新がん統計」

若くても女性の場合、乳がんや子宮頸がんには注意が必要です。日本人女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんです。乳がんは20代から徐々に増えはじめて40代後半から50代にピークを迎えるのですが、30代に急激に増加するのが特徴です。

また子宮がんには、子宮の奥にある子宮体部にできる子宮体がんと、子宮の入り口にあたる頸部にできる子宮頸がんがあります。前者の子宮体がんは40代後半以降閉経前後によく見られますが、子宮頸がんは近年20代~30代の方に急増しています。

子宮体がんも子宮頸がんも、初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、進行してくると不正出血や下腹部の痛みなどが見られるようです。くれぐれもご注意ください。

次はがんの治療にはどんなお金がかかるか見ていきましょう。

1 / 3
App store
Google play