MONEY

独身+ペット暮らしでの資産運用は何が正解?/30代女性相談

FPに聞きたいお金のこと 内山 貴博

独身+ペット暮らしでの資産運用は何が正解?/30代女性相談

目次

Wallet+ユーザー様からいただいた「FPに聞きたいお金のコト」にお答えします。今回は、確定拠出年金や積立、投資信託、保険、THEO+とさまざまな資産運用の中で自分には何が向いているのか悩む30代独身女性Hさんからのご相談です。

超低金利の今、ずぼらな私もできる資産運用は?

30代独身女性の家計簿/「不安消したい」年収300万は老後いくら必要?

「ボーナスはもらったことが無い」30代独身女性Hさんの相談

悩む女性
【画像出典元】「stock.adobe.com/buritora」

 ペットの老犬1匹と一人暮らしです。 貯蓄は昨年半年ほど無職だったのと転職を機に引っ越したことが響いて100万円ほどです。 前職は収入にばらつきがあり、交通費や車の維持費、犬関係で月々の貯蓄は1~8万円。ボーナスは今までもらったことがありません。

 転職してからは月々5万~8万円の貯金をしています。ただ、友人が1000万円近く貯金しているのを知り焦っています。このままではいけないと思い、確定拠出年金や積立、投資信託、保険などいろいろ考えていますが何がベストなのかが分かりません。 今気になっているのはTHEO+です。 上手い話には裏がありそうで、足踏み状態です。

今回は投資に関するご相談です。まず、Hさんの状況を整理します。

・転職、引っ越しなどもあり、現在貯金が100万円ほど。月々貯蓄はできている
・友人の貯蓄額を聞いて少し焦っている
・いろんな投資手法について把握している。何からはじめるべきか?

こういったところでしょうか。

まずは「なんのための投資か」という目的を明確に

漠然と投資をしてしまってはリスクの取り過ぎになることもありますし、急にまとまったお金が必要となり、不本意なタイミングで取り崩すということも考えられます。まず「何のために投資をはじめるのか?」ということを明確にしてください。

もちろん、目的は1つでなくても構いません。また大小さまざまな目的があってもいいです。車を買いたい、旅行に行きたい、老後に備えたいなどがそれにあたります。また、その目標額や期間までも定めることができると、より一層、投資の方針や手法を具体的に決めることができます。

そもそもHさんは上手にお金を貯めることができる人だと思います。大学院卒業後、勤務先が「ブラック企業」だったようで、賞与もなく何かと大変だったと思います。引っ越しなどで支出も重なったと思いますが、それでも100万円ほどの貯蓄があります。そして、現在も毎月5万円以上の貯蓄を行うことができています。

ご友人の貯蓄額が気になったようですが、ライフプラン上、人それぞれお金が貯まりやすい時と、その逆に貯蓄ができない時があります。数千万円の貯蓄があっても、子供数人の進学が重なり、それぞれが社会人になった時にはほとんど貯蓄がないというシニア層もいますし、20代で500万円や1000万円という貯蓄をしている人もいます。

Hさんに限らず、お金を貯めることや投資をすることはマイペースで行うことが大切です。お金を使い、いろんな経験をしたり、知識を得たりということも重要です。使うお金と貯めるお金に分ける意味でも、やはり投資をするための明確な目的を定めてください。

老後資金は確定拠出年金を中心に

老後資金については確定拠出型年金が他の選択肢より頭1つリードしていると思います。
60歳まで引き出すことができませんが、だからこそしっかり腰を据えて老後資金を貯めることができます。掛金は所得控除となるため、節税分をさらに別の貯蓄や投資に回すということもできます。年に1回、掛金額の見直しもできるため、無理のない範囲で老後資金の準備を行ってください。

2~3年先の目標であればリスクを取らず預貯金でもOK

趣味や旅行など、Hさんの楽しみのためにお金を貯めることも想定されます。また100万円以上するような車をはじめとした少し高価な買い物の予定もあるかもしれません。この場合は、「いつ使う?」という期間を重視してください。

もし、2~3年位内に貯蓄を使う予定があるのなら、あえて投資はせず、今のペースで貯蓄を続けてください。投資はどうしてもリスクが付きもので、短期的に大きな成果につながることもありますが、当然その逆もあり、基本的には10年またはそれ以上といった長期で株式や投資信託といった投資を行ってもらいたいものです。

しばらく使わないお金は積極的な投資を

投資
【画像出典元】「stock.adobe.com/William W. Potter」

とはいえ、なかなか具体的に目的を決めるのも難しいものです。では、逆に考え、「当面使う予定がない」と思われる金額は長期に運用できるとみなし、投資に回すという考え方もできます。毎月の貯蓄額も同様です。現在、少なくとも5万円は貯蓄ができていますので、そのうちの1万円から2万円程度を投資に回すことを検討してください。

あるいは、5万円以上貯蓄に回せることもあるようなので、「5万円は必ず貯金。それを上回る時は投資に回す」といったルールも良いと思います。そして、その投資対象としてTHEO+に興味があるようですね。

「THEO+」はAIなどを駆使した運用方法で、「ロボアドバイザー」とも呼ばれます。投資家それぞれの診断結果をもとに最適な運用方法を提供してくれます。運用成果、コスト面など、どれを見ても選択肢の1つとして検討しても良いと思います。

少し警戒されているようですが、提供元はきちんと「金融商品取引業者」として登録しており、証券業協会等にも加入しています。もし運営会社が破綻しても、顧客の資産は会社の資産とは別に分別管理されていますし、仮にそういった管理が徹底されていなかったとしても「投資者保護基金」という二重体制で顧客の資産が守られることになっています。

つまり、証券会社などで株を買うのと資産管理の体制は基本的には同じです。もちろん相場下落局面などで資産がマイナスになるといったリスクはありますが、仕組み自体「裏があるのでは・・・」といって警戒する心配はありません。

またTHEOがさまざまなパートナーと提携したのがTHEO+です。
THEO+docomoの場合、投資することでdポイントが貯まったり、dカードで買い物をしたおつりを投資に回すことができたりと、楽しく投資と向き合うことができそうです。
Hさんがお住まいの福岡市ではTHEO+福岡銀行も選択肢となりそうです。

知識を身に付けるために、自分で株式や投資信託をはじめるのもアリ

THEO+も長期投資の選択肢として良いと思いますが、Hさんの方針や属性に応じて、運用方法などが決まるため、ある程度「お任せ」になってしまいます。THEO+に投資したお金は、ETFと呼ばれる投資信託を購入することとなり、そのETFは世界各国の株式などで構成されています。

THEO+でなくとも、Hさんが自分で「この国の将来性に期待したい」、「この産業が伸びるのでは?」といった具合に投資と向き合うことで、直接、そういった投資対象に投資をしてみるのも良いと思います。

THEO+は投資哲学や投資データなどに則り運用されるため、一定の成果が期待できます。AIそしてプロに任せるというメリットもありますが、お任せではなく、ご自身で銘柄を選ぶことは投資の醍醐味を一段と味わえますよ。お気に入りの会社の株式を買うことで、株主優待として商品などがもらえる場合もあります。ぜひできることから少しずつはじめてみてください。

超低金利の今、ずぼらな私もできる資産運用は?

30代独身女性の家計簿/「不安消したい」年収300万は老後いくら必要?

あなたの「FPに聞きたいお金のコト」教えてください

FPに聞きたいお金の悩みを募集しています!専門のファイナンシャルプランナーが記事としてご回答します。
ぜひご投稿ください。採用された方には500円のクオカードをプレゼント!

App store
Google play