MONEY

驚愕!引っ越しはタイミング次第で数万円の損に!ベストな時期は?

ためる

驚愕!引っ越しはタイミング次第で数万円の損に!ベストな時期は?

【画像出典元】「lordn - stock.adobe.com」

目次

引っ越し業者に依頼する際の料金には「高くなる時期」と「安くなる時期」があるのをご存知でしたか?引っ越しに関係する家賃や初期費用も、オンシーズンとオフシーズンがあり、知っているだけで大幅に費用を軽減することができます。そこで今回は、引っ越しについて、最適な時期や安く済ませるポイント、単身・ファミリーの料金事情をまとめて紹介します。

知らないと損!引越し費用の相場は?節約の方法から手続きまで総まとめ

忘れると後で大変!引っ越しで抜けがちなお金や契約に関する手続き

引っ越しタイミングの重要性

カレンダーの上に置かれたトラックと段ボール箱のミニチュア
【画像出典元】「adragan - stock.adobe.com」

引っ越しは繁忙期と閑散期のコストを比べると、数万円も差が出るため、コストを抑えたい場合は、繁忙期を避けるのがおすすめです。

1年の中でもっとも引っ越しの依頼が増えるのが、新生活が始まる前の3月から4月です。特に3月の終わりから4月の始めごろに依頼が集中します。

需要に合わせて引っ越し費用も高めに設定されているため、コストを抑えたいのであれば、1年で最も引っ越しの需要が増える3月から4月は避けるようにしましょう。

近年の人手不足により引っ越しの予約が取りづらく、希望の日程に引っ越しができないというトラブルも増えています。国土交通省では毎年、引越時期の分散を呼びかけるため「引越混雑予想カレンダー」を作成し、混雑時期を外した引っ越しを呼び掛けています。

依頼が集中しやすく、料金も高くなりやすい時期を外したいときの参考にしましょう。

国土交通省『引越時期の分散に向けたお願い

初期経費を圧迫!引っ越し料金の安い月と高い月の差額

山積みの段ボールの横で頭を抱える女性
【画像出典元】「baranq - stock.adobe.com」

大手企業の調査によると、引っ越し料金が最も高いのは3月で、単身者で荷物が少ない場合でも約5万8000円が相場となっています。その次に高いのが4月で、約5万5000円。

荷物の少ない単身者の引っ越し料金が最も安くなるのが12月で、約4万5000円が相場となっているため、引っ越し料金は最安値と最高値で約1万3000円も差があります。荷物が多い場合、1万円~3万円がプラスになるため、単身の引っ越しでも8万円オーバーになることも。荷物の多い人ほど、繁忙期の引っ越しは大きな出費となってしまいます。

家族やカップルの場合も、最も引っ越し料金が高くなるのが3月で、2人家族で約11万8000円、4人家族で約18万8000円が相場です。最安値は2人家族では1月の約7万5000円、4人家族では6月の約11万9000円となっており、差額はそれぞれ約4万円、約7万円という結果に・・・。

タイミングを間違うと大きな出費となってしまうので、引っ越し時期は慎重に選ぶ必要があります。

賃貸物件の家賃や初期費用が安い時期は6月から8月

カレンダーと一万円札
【画像出典元】「SB - stock.adobe.com」

賃貸物件の家賃や初期費用を抑えたい場合は、引っ越しのピークがひと段落する4月中旬から8月が狙い目です。4月に転勤となった人の引っ越しもゴールデンウィークごろには一旦落ち着くため、6月以降、大家さんが空室を埋めるために価格を見直すケースが増えます。

特に、企業の異動や転勤なども少なく、天候にも恵まれにくい梅雨の6月から7月までの暑い時期は、引っ越しを計画する人も減るため、家賃の値下げ交渉も有利に進めやすくなります。入居から最初の1カ月分の家賃を無料にするフリーレント物件なども増えやすく、引っ越しにかかる初期経費を安く抑えられる可能性も高いです。

ちなみに、部屋探しのオンシーズンは12月から3月です。特に12月から2月は物件数も多く、新築物件なども探しやすいですが、需要が増えるため、家賃はもちろん、敷金・礼金なども高くなる傾向があります。

新生活に合わせた引っ越しを考えているのであれば、部屋探しのオンシーズン前の契約や引っ越しする人が減る11月を狙いましょう。

引っ越しと入居に最適な季節は8月と11月

引っ越し業者と女性
【画像出典元】「buritora - stock.adobe.com」

契約内容や引っ越し料金などから、引っ越しと入居に最適な時期を総合的に判断すると、部屋探しがしやすく、引っ越しする人が減る8月と11月がおすすめです。

引っ越しにかかる費用の内訳は、賃貸契約が6~7割、引っ越し業者等の初期費用が3~4割です。

賃貸契約も初期費用も抑えたいのであれば、どちらの費用も下がりやすい8月の引っ越しがベターです。ただ、新生活に合わせて地方から引っ越しをする場合、8月だと早すぎるので、その場合は繁忙期直前の11月を狙うことで、家賃や初期費用を抑えられるでしょう。

引っ越し費用が格安になる3つのポイント

荷造りしながらスマホで何かを検索する女性
【画像出典元】「hanack - stock.adobe.com」

オフシーズンを狙った引っ越しでコストを下げるのもひとつですが、次の3つのポイントに注目することで、更にコスト削減ができます。

1.賃貸物件の初期費用を抑える

引っ越しオフシーズンに増える、「敷金・礼金なし」や入居当月から数か月間の家賃支払いが免除される「フリーレント物件」の物件を選ぶことで、初期費用が大幅に削減できます。

2.一括見積もりサービスを利用する

引っ越し業者を利用しての引っ越しを予定している方は、一括見積もりサービスを利用して料金を比較し、より安い業者を選びましょう。

3.曜日や時間帯、六曜に注目

ピーク期間に関わらず、土日祝日は依頼が集中しやすく、平日と比べると料金もやや高めの設定です。午前中に引っ越しを済ませて午後に荷ほどきしたいという人も多いため、午前の引っ越しも料金が高い傾向があります。

土日祝日にしか引っ越しできない場合は、午後や夕方の時間帯にすることで費用を抑えられるケースもあるので、曜日や時間帯にも注目しましょう。大安や友引など、六曜を気にする人も多く、仏滅も料金が低く設定されていることがあるので、六曜に注目するのもポイントです。

知らないと損!引越し費用の相場は?節約の方法から手続きまで総まとめ

忘れると後で大変!引っ越しで抜けがちなお金や契約に関する手続き

 

引っ越しは、単身者でも数十万円ほどの初期経費がかかります。引っ越しや賃貸事情を知り、費用が高騰しやすいオンシーズンを避けて、お得な引っ越しをしましょう。

App store
Google play