お金

えっ15万円も!?小学校の入学準備にかかる費用と必要なものをチェック!

ためる

えっ15万円も!?小学校の入学準備にかかる費用と必要なものをチェック!

【画像出典元】「 shashamaru - stock.adobe.com」

新1年生が春を心待ちにしている頃、親は入学準備に忙しい時期を迎えます。実は、小学校の入学時には意外に多くの準備や費用が必要です。初めての入学準備の不安が少しでも解消できるよう、必要なものと、かかる費用についてリストアップしてご紹介します。

入学までに揃えるべきものはこんなに!

入学準備に必要なものが並んだイラスト
【画像出典元】「Fukumame - stock.adobe.com」

一般的に小学校の入学準備には、ひと通り揃えるために15万円ほどの費用がかかると言われています。


入学前に準備するものの例と目安金額

ただし、このうちランドセル以外は、毎年2月頃に行われる入学説明会後に購入することをおすすめします。学校指定のものも少なくありません。(ランドセルは、希望のものがある場合、早期に売り切れる可能性もあり)

また出身幼稚園や自治体、地区の子ども会、交通安全協会などから貰える場合もあるので、事前にリサーチしておきましょう。

さらに、制服がある学校なら制服一式(1万5000円~5万円)が必要に。私服の学校でも通学用の服はそれなりに枚数が要ります。

また、家庭によっては学習机(3~7万円)も購入することになるでしょうし、地域によっては防災頭巾(3000円前後)が必須の学校もあります。

忘れがちな入学式当日にかかる費用

入学式用の服装の母と娘
【画像出典元】「polkadot - stock.adobe.com」

入学式の準備もお忘れなく。

制服がない小学校であれば、子どもの入学式用の衣装が必要になりますし、親もフォーマルな服装が求められます。これは新品を購入しなくても、フリマやレンタルを利用したり、ママ友に借りたりといった手もあるので上手に活用しましょう。

また、写真館などで新入学の記念撮影をする場合には、当然ですがその費用もかかります。

そして1年生は、その後も何かと教材の出費が続くもの。例えば、絵具セットや画板、リコーダーやピアニカ、スクール水着、冬用の体操服一式・・・など。

毎月のように必要なものを購入する必要があるので、お金と心の準備が必須です。

入学後もかかる費用

テーブルの上の電卓とミニチュアのランドセル
【画像出典元】「SRT101 - stock.adobe.com」

公立小学校は授業料が無償のため、入学後のその他の費用はあまりかからないように思いがち。

しかし、文部科学省の「平成30年度子供の学習費調査」によると、平成30年4月1日~平成31年3月31日における小学1年生の「学習費総額」の平均は、公立:35万860円、私立:189万2002円となっています。「学習費総額」は以下の3区分です。

学校給食費

公立:4万3105円、私立:4万7970円

学校教育費(校納金や図書費・学用品、通学用品費等)

公立:10万9753円、私立:127万1034円

学校外活動費(塾や習い事・通信教育等)

公立:19万8002円、私立:57万2998円

私立は授業料や校納金の費用がかさむためどうしても高額になりますが、公立でも、意外と費用がかかるということがわかります。

【ライフプラン】子どもの教育費、幼稚園~大学までの平均は?貯金の目安って?

卒業式・入学式におすすめの母親の服装は?残念なNGコーデも必見!


もし、いろいろな都合で費用が準備できないという家庭でも大丈夫。自治体の「就学援助制度」により、入学準備金や学用品費・給食費などの補助が受けられる仕組みがあります。各自治体の教育委員会などに申請が必要ですので、ぜひ住んでいる自治体に問い合わせてみてくださいね。