お金

Youtubeでのゲーム実況、収入どのくらい稼げる?ヒカキンやキヨ。は年収数億超え

ためる

Youtubeでのゲーム実況、収入どのくらい稼げる?ヒカキンやキヨ。は年収数億超え

【画像出典元】「Alessandro Biascioli- stock.adobe.com」

ヒカキンやキヨ。など、日本でゲーム実況動画を投稿している人気Youtuberたちの年収は数億を超えると言われています。海外にいたっては10億円を超える人たちも。そこで、今回はYouTubeにおける収益の仕組みや始める際に必要な手順・注意点をまとめてみました。    

ゲーム実況で収益化する仕組み

画像編集作業中のPC
【画像出典元】「Sutipond Stock- stock.adobe.com」

YouTubeを利用したゲーム実況は、大きく分けるとゲーム実況動画とゲーム実況配信(ライブ配信)があり、それぞれ主な収益源が異なります。

(1)ゲーム実況動画:投稿動画からの広告収入

ゲーム実況動画は、映像編集や企画物の動画を作成し、YouTubeへ投稿する配信方法です。

YouTubeでゲーム実況動画を投稿する場合、広告収入が基本です。ゲーム実況動画に貼った広告の再生回数に応じて収益が入ります。動画の再生画面の下や再生前後・途中に流れる広告がクリックされると、投稿者に広告収入が入る仕組みとなっており、企画や編集内容によっては爆発的な収入や持続的な収入が期待できます。

広告1再生あたりの金額は、広告の種類や投稿者の人気度によって変わってきますが、1再生あたり約0.1円が目安です。投稿動画が10万回再生されれば、単純計算で【10万回×0.1円=1万円】の収入が得られるということです。

(2)ゲーム実況配信(ライブ配信):視聴者からの投げ銭やサブスクライブ

YouTubeでのゲーム実況配信は、プレイ動画をリアルタイムでライブ配信する方法です。

視聴者とコミュニケーションを図ることができるのがゲーム実況配信の大きな魅力で、ゲーム実況動画とは収入源も異なります。

ゲーム実況配信の場合、視聴者からの投げ銭(スーパーチャット)や寄付金、会員登録料などのサブスクライブが主な収入源です。世界一と言われるライブ配信者になると、1カ月で約5400万円も稼いでおり、ファンが多いほど稼ぎやすい仕組みといえるでしょう。

どれくらい稼いでる?ゲーム実況の動画投稿者の平均収入額・年収は?

YouTubeでゲーム実況を行う配信者は多いですが、収入は公開されていないため実際のところはわかりません。そのため、あくまでも参考になりますが、日本人YouTuberでもトッププレーヤーとなると、広告1再生を0.1円として計算しても推定年収は数億円あると考えられます。

ゲーム実況者実績※ユーチュラ「HikakinGames」「兄者弟者」「キヨ。

(データは、2020年4月時点のものです。)

ゲーム実況を始める手順

YouTubeのトップ画面
【画像出典元】「charnsitr- stock.adobe.com」

ゲーム実況する前に、アカウント作成や広告利用の申請、収益化の申請を行う必要があります。主な項目は以下の通りです。

(1)Googleアカウント登録
(2)YouTubeチャンネルの作成
(3)チャンネルの収益化条件をクリア
(4)YouTubeパートナープログラムへ加入
(5)AdSenseアカウントの作成
(6)チャンネルの収益化の申請
(7)ゲーム実況の動画投稿

(3)のチャンネル収益化条件は、以下の2つです。

・チャンネル登録者数が1000人以上
・動画の総再生時間が4000時間以上

まずは、登録者数を増やし、多くの人に動画を見てもらうことから始めましょう。

著作権には注意!ゲーム実況OKのゲームは限られている

YouTubeへゲーム実況動画やライブ配信をして収益を得ることができますが、ゲーム販売元が動画サイトへのプレイ動画の投稿を認めていない場合、収益化はできません。

日本では、「任天堂」がすべてのゲームを解禁し、「スクウェア・エニックス」も「ファイナルファンタジー14」などの一部タイトルのゲーム実況動画の配信が可能です。

海外のゲームの場合、ほとんどがゲーム実況動画の投稿や収益化が認められています。しかし、日本メーカーも海外メーカーも動画やライブ配信、画像投稿などに関するガイドラインを定めているところが多いため、ゲーム実況動画を行う場合は、ゲーム販売元の規約を確認するようにしましょう。

ヒカキンは1億超え!?YouTuberの収入の仕組みや平均年収っていくら?

2021年副業するなら、成功のコツとサラリーマン・主婦が「稼げる」と選ぶ副業ランキング

ゲーム実況動画は、ゲーム販売元やYouTubeが定めるルールを守れば誰でも始めることができます。まずは、視聴者が楽しめる編集や企画でファンを獲得し、収益化を目指しましょう。