Large 7649616868

Winkzab/iStock/Thinkstock

話題の格安SIMに乗り換えたら月々のスマホ代が1600円に!

ためる お金を知る

最近よく耳にする「格安SIM」「SIMフリー」。興味はあるけど、ちょっと二の足を踏んでいる方も多いのでは? そこで今回は、ミニマリストとして、さまざまな節約術を実践するシブシブこと澁谷直人さんが実践する格安SIMの活用法を教えていただきました。澁谷さんは福岡市在住の21歳、ブログ『ミニマリストしぶのブログ』は月間27万PVを誇る人気ブロガーです。

そもそも「格安SIM」とは何なのでしょう?

SIMカードを持つ手

出典元:AndreyPopov/iStock/Thinkstock

「月々のスマホ代が高くて家計を圧迫している」そんな悩みを持っていませんか? 現代人にとって手放せないアイテムの一つになったスマートフォンですが、月々数千円~1万円を超える高額なスマホ代に頭を抱えている人が多いようです。

僕自身も格安SIMへ乗り換える前は月々7000円を超えるスマホ代を支払っていました。そんな高額なスマホ代を1600円(税別)まで大幅カットできたのは「格安SIM」のおかげです。

格安SIMが登場するまではスマホを契約する際には「docomo」「au」「SoftBank」といった大手の携帯会社で契約する以外に選択肢がありませんでした。このような大手3社は「3大キャリア」と呼ばれており、契約する際は携帯電話本体の料金、通信用のICチップ、保証や各種オプションをまとめて契約する必要があります。

しかし近年になって「LINE」や「楽天」などの会社が携帯電話事業に参入してきました。例えばLINEであれば「LINEモバイル」、楽天であれば「楽天モバイル」というサービスを展開しています。こうしたサービスの一環として、「格安SIM」と呼ばれるICチップだけを契約できるプランが提供されるようになったのです。

格安SIMは広告費や人件費を極限まで削減している上、無駄なオプションも省いているので3大キャリアよりも安い料金でサービスが提供されています。加えて格安SIMの電波はdocomoの電波塔を借りて運用されているので、安いからといって品質が劣っているわけでもなく、電波が繋がらないという心配はほぼありません。

格安SIMに乗り換えてスマホ代が月々1600円に節約できました

僕のスマホ代は元々「SoftBank」で月々7000円を超えていました。そこで数ある格安SIMの業者の中から「FREETEL」社の格安SIMを選び、月々1600円(税抜)のプランを契約しました。1600円の安いプランでも毎月3GBのデータ通信が利用できるのでとても満足しています。

例えば「FREETEL」社が提供する格安SIMの料金は、1カ月に使うデータ通信料によって変化しますが月々999円~5570円(税抜)まで幅があります(※料金は「FREETEL 使った分だけ安心プラン」の場合)。

ほとんどスマホを触らない、必要最低限しか使わない人であれば月額999円から利用できる100MB容量プランもありますし、逆にスマホでたくさん動画を見たりゲームする人に向けた20GB大容量データプランでも5570円で利用できます。

格安SIMはメリットだけなくデメリットもあります

メリットとデメリット

出典元:Branchegevara/iStock/Thinkstock

格安SIMは3大キャリアと比べてプランの種類が豊富なので自分の使い方にあったプランを選ぶことができますし、3大キャリアのように2年縛りがないので短期間で解約しても高額な違約金を請求されることはありません。

また前述した通り格安SIMを利用すれば月々のスマホ代を安く抑えられるというメリットがありますが、デメリットとしてスマホ本体が故障したり紛失時の保証が手薄いという点が挙げられます。保証が手薄いというデメリットをカバーするためにも、スマホに保護フィルムやケースを付けて本体を大切に扱う必要があります。

格安SIMを使うには「SIMフリースマホ」が必要です

ドコモのスマホ

 

格安SIMを使うためには、「SIMフリースマホ」もしくは「docomoのスマホ」を用意する必要があります。3大キャリアで契約したスマホはすべて「SIMロック」という制限がかけられており、docomoのスマホならdocomoのSIMカード、auのスマホならauのSIMカードだけしか利用できないように制限されています。

そのため格安SIMを使うにはSIMロックの掛かっていないSIMフリースマホを用意する必要があるのです。ただし格安SIMはdocomoの電波を利用しているため、docomoで契約したスマホだけはSIMロックが掛かっている状態でも格安SIMを利用することができます。

SIMフリースマホは家電屋や通販で販売されており、安いモデルであれば1万円程度から購入できますし、格安SIMを契約する際にSIMフリースマホとセットで購入することもできます。

格安SIMのおかげで家計に余裕が生まれました

家電店の特設コーナー

 

「毎月のスマホ代が高くて家計を圧迫している…」そんな悩みを持つ方は格安SIMへの乗り換えを検討してはいかがでしょうか。例えばスマホ代に月々10000円払っている人が、僕のように月々1600円になれば毎月8400円の節約ができます。年間にすると8400円x12カ月で10万800円もの金額を節約できたも同然です。

僕自身、格安SIMでスマホ代が安くなったおかげで友達と旅行できる余裕が生まれたり、美味しいご飯を食べに外食へ行けるようになったりと、自分にとってより有意義なお金の使い方ができるようになりました。


最近では「格安SIM特設コーナー」が設けられた家電屋さんも増えてきたので、気になる方はぜひ一度相談しに行ってみてください。

『ミニマリストしぶのブログ』

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました