LIFE

港へ飛び込みスイカをget!大盛り上がりの「糸満ハーレー」

0円でかなうコト

港へ飛び込みスイカをget!大盛り上がりの「糸満ハーレー」

【画像出典元】「おきなわ物語」

目次

毎年「旧暦5月4日」に、糸満漁港で行われるお祭り「糸満ハーレー」。豊漁を願う伝統行事で一般的には「ハーリー」ですが、糸満で開催されるものだけは特別に「ハーレー」と呼ばれます。メインは、沖縄の伝統的な手漕ぎ船「爬竜船」での競漕ですが、実はそれ以上に盛り上がるイベントもあるんです。それって何だと思いますか?

2018年「旧暦5月4日」は6月17日(日)。事前に日程をチェックして糸満漁港へ行こう!

旧暦5月4日のことを沖縄では「ユッカヌヒー」といい、一年間の豊漁と航海安全を祈願する“海神祭”こと「ハーリー」が沖縄各地の港で行われます。でも、「旧暦5月4日」は今の暦だと毎年変わるので事前チェックが必要。

ちなみに2018年は「6月17日(日)」にあたります。その日は、ぜひとも糸満漁港へ! 沖縄各地で開催されるハーリー行事の中で、最も盛り上がるのが糸満ハーレーなのです!

糸満ハーレーのメインは競漕!本気の対決に大盛り上がり!

ハーリーのメインは、沖縄の伝統的な手漕ぎ船「爬竜船」での競漕。その盛り上がりも、糸満で開催されるものが一番です。

お店や会社対抗の競漕から学校対抗のものまで、実にさまざまな爬竜船による対決を見ることができます。また、終盤には「クンヌカセー」と呼ばれる、船を転覆させて、そこから競漕するというものも!? 大盛り上がりの競漕は、見るだけでも興奮します!

また港の周辺には、さまざまな出店が並び、港全体がお祭りモード。特に小さなお子さんは、競漕よりも出店に興味があるようで、港の中とは別の盛り上がりを見せてくれます。

競漕以上に盛り上がる瞬間は午後1時ごろ!港へ飛び込もう!?

実は、メインの競漕以上に盛り上がる瞬間が、この「糸満ハーレー」にはあるんです。ハーリー行事は午前10時から午後4時まで開催されますが、盛り上がりが最高潮に達するのは、競漕決勝が行われる終盤ではなく、中盤の午後1時ごろ。

競漕を観戦していた老若男女が、合図とともに一斉に港へ飛び込んで泳ぎ始めます。普段は泳ぐどころか飛び込むことさえ厳禁の糸満漁港ですが、糸満ハーレーのこの瞬間だけは、港は広大なプールへと早変わり。しかも、港へ飛び込んだ人はみんな「ある場所」へ向かって泳ぎます!

港にはなんと!50個にも及ぶスイカが浮かべられていて、それを目指して泳ぐのです。もちろん、先にスイカを確保した人が早い者勝ちで持ち帰れます。さらにはアヒルまで港に放たれ、一緒に泳ぐことができます。しかもそのアヒルも捕まえれば、一緒に持ち帰ることができるんです。もちろん、どちらも無料。

ちなみに、この港へ飛び込めるイベントは、まさに「老若男女」誰でもできます。事前の申し込みも要りません。中には、予め泳ぐためのシュノーケルやフィンなどを持ってくる強者も。万が一のために、港には浮き輪も浮かべられていて、安心して港を泳げます。糸満ハーレーでしかできない体験です。


普段はできない“港へ飛び込む”、“港で泳ぐ”ことができるお祭り「糸満ハーレー」。さらに、がんばればスイカやアヒルを無料でgetできます。ただし、スイカやアヒルを目指す人は猛者ばかり。慣れないうちは、港へ飛び込むだけにしておくのがおすすめかもしれません。「旧暦5月4日」」の糸満漁港は要チェックです!

App store
Google play