くらし

11月1日は泡盛の日!「幻の泡波」も登場するイベントは必見!

1000円でかなうコト

11月1日は泡盛の日!「幻の泡波」も登場するイベントは必見!

【画像出典元】PhotoAC

11月1日は「泡盛の日」。それに合わせて、沖縄各地ではさまざまな「泡盛の日イベント」が開催されます。中には、普段は滅多にお目にかかれない「幻の泡盛」を味わうことができるものも!?さらに、沖縄県内全46酒造所の泡盛を試飲できる企画もあり、泡盛好きにはたまらない1日になることでしょう。

▼関連記事
ハワイ越えで世界No.1! 人気急上昇「石垣島」の魅力

実は健康にも美容にも良い「泡盛」

沖縄のお酒といえば「泡盛」。お米が主原料の蒸留酒で、日本最古の蒸留酒といわれています。しかも、糖質ゼロで、ポリフェノールはワインの1.5倍!健康と美容にもいいお酒だったのです。そんな泡盛をさらに美味しく飲むことができるのが、その年の縁起のよい新酒こと「ヌーボー」が出てくる、泡盛製造の最盛期にあたる「11月」。その1日でもある「11月1日」が「いい月いい日」にかけて「泡盛の日」と制定されました。

沖縄県内には実は46もある泡盛の酒造所

沖縄県酒造組合

「泡盛」といっても、沖縄県内だけでも種類は豊富で、沖縄県内には46つの酒造所があります(2017年までは47酒造所)。「泡盛」は「しま」とも呼ばれ、離島ごとに独自の泡盛があるともいわれています。中にはその島でしか手に入らない「幻の泡盛」と呼ばれるものもあり、そんな幻の泡盛を含めて、沖縄全ての酒造所の泡盛を試飲ならびに購入できるのが、「泡盛の日イベント」の見所です。

那覇の首里城では「泡盛BAR」がオープン!

「泡盛の日」には沖縄各地で泡盛イベントが開催されますが、2017年には那覇の首里で、首里城公園と沖縄県酒造組合がタッグを組み、大々的な泡盛イベントを開催しました。そこで行われたのは泡盛の歴史や文化のパネル紹介、泡盛の仕次ぎ疑似体験、そして46銘柄の試飲と販売。さらに泡盛マイスター協会が、「泡盛BAR」なるものもオープン。今年も泡盛の日は、首里城が要チェックです。

ショッピングセンターでは「泡盛フェア」を開催!

ショッピングセンターでは、沖縄県、沖縄県酒造組合、そしてイオン琉球が協賛して、「泡盛フェア」なるイベントが開催されます。2017年は泡盛の日の前日「10月31日」から1週間、沖縄各地のイオン6店舗、マックスバリュ28店舗で泡盛イベントが開催されました。

沖縄県内46酒造所の泡盛が一同に集められ、その中にはフェア限定泡盛や、なんと幻の泡盛まで登場!さらに泡盛マイスターがオススメする「泡盛試飲」、お好みの泡盛を少量でも購入できる「量り売り」も行われました。2018年も泡盛の日は、イオン系のショッピングセンターは注目です。

「イオンモール沖縄ライカム」の泡盛イベントは必見!

イオンモールライカム

イオン系のショッピングセンターの中でも、最も新しい「イオンモール沖縄ライカム」では、泡盛の日に大々的な泡盛イベントが開催されます。2017年には県内46酒造所の泡盛の「試飲・販売・量り売り」はもちろんのこと、「限定泡盛」の販売、ボトルに名前を入れることができる「エッチングボトル」の受付、「泡盛鑑評会」入賞泡盛の展示、泡盛を楽しむ「伝統酒器」や「島つまみ」の販売などを開催。

泡盛の日に開催される泡盛イベントの中でも、「イオンモール沖縄ライカム」のものは最も充実しています。今年も泡盛好きの方は行くしかありません!

ぶっちゃけおすすめの泡盛は?

豊富にそろう泡盛

46もの酒造所がある沖縄の泡盛ですが、さすがに全部を飲み比べるのは大変。筆者のおすすめは「幻の泡盛」の代表格でもある、日本最南端の波照間島でしか手に入らない「泡波」。なんと、お店で飲めば1杯数千円するレアな泡盛です。波照間島以外ではまず手に入らない、非常に希少価値の高い「泡波」がイチ押しです。

泡盛の日の泡盛イベントへ行けば、そんな幻の泡盛の試飲もできれば、安価で購入することもできるかもしれません。島以外では滅多に飲めない「幻の泡盛」を、泡盛の日のイベントで味わっちゃいましょう。


沖縄の県民酒「泡盛」を最も美味しく味わえる11月。11月1日の「泡盛の日」には沖縄各地でさまざまな泡盛イベントが開催されますので、会場に足を運んで、美味しい泡盛をたくさん味わいましょう!

▼関連記事
ハワイ越えで世界No.1! 人気急上昇「石垣島」の魅力

App store
Google play