LIFE

おしゃれ椅子をDIY、便利な折りたたみリクライニングチェアの作り方

DIYライフ ゆぴのこ

おしゃれ椅子をDIY、便利な折りたたみリクライニングチェアの作り方

目次

監修・ライター

こんにちは。DIYerのゆぴのこです。

今月は春に向けて、お庭でのバーベキューやアウトドアで大活躍する折りたたみチェアをDIYしました。3段階のリクライニングが可能なので、くつろいだりお昼寝モードにも調節ができます。
材料は最低限でデザインはシンプル、作り方は意外と簡単!
お庭やベランダにお一ついかがでしょうか?( *´艸`)

▼関連記事
おしゃれで便利な折りたたみテーブルをDIYしたらこうなった!

台車がトロリーフラワーカートに変身♪

ゆぴのこ式「折りたたみリクライニングチェア」の材料を全公開! 木材はホームセンター等でカットしてもらおう

リクライニングチェアの材料
・1×2材(19×38㎜)
├A1110㎜・・・2本
├B900㎜・・・2本
├C380㎜・・・2本
├D488㎜・・・1本
└E450㎜・・・4本
・1×4材(19×89㎜)
├F488㎜・・・6本
└G450㎜・・・4本

・ナガネジ(M10×546㎜)・・・1本
・ナット(M10)・・・2個
・袋ナット(M10)・・・2個
・鬼目ナット(M5×13㎜)・・・4個
・トラスネジ(M5×30㎜)・・・4本
・木用ビス・・・50本

ゆぴのこ式「折りたたみリクライニングチェア」の作り方~写真付きでわかりやすく解説

ドリルで貫通穴をあける
1)折りたたみチェアの骨組み部分の穴をあけましょう。あける位置を間違えないように注意して。
A2本は片側から340㎜の位置に8㎜(深さ15㎜)、反対側は402.5㎜の位置に5㎜ドリルで貫通穴をあける。
B2本は片側から380㎜の位置に8㎜ドリルで深さ15㎜の穴をあける。
C2本は両端から15㎜の位置に片側は5㎜(貫通)、反対側は10㎜ドリルで貫通穴をあける。

※いずれも板幅の中央に。
※5㎜はトラスネジを通す穴、8㎜は鬼目ナットを埋め込む穴、10㎜はナガネジを通す穴です。

ドリルで下穴をあける
2)座面部分の下穴をあけます。
DEFGは両端から9.5㎜の位置に、DEは1ヵ所ずつ、FGは2ヵ所ずつ2.5~3㎜ドリルで下穴をあけておく。
※木用ネジを打つ穴です。

塗料でペイントする
3)ペイントしましょう。
すべての木材にサンドペーパーで木肌を整え、お好きな塗料でペイントする。
今回はターナー色彩のオールドウッドワックス7色をランダムに塗り分けています。

角を合わせてビスで固定する
4)折りたたみチェアの組み立て開始します。
B2本の穴を開けた方を外側に向け、且つ穴の位置を合わせて置き、穴をあけた側にGを、反対側はEを、角をぴったり合わせてビスで固定する。

スペーサーを挟みながら固定する
残りのGを10㎜厚のスペーサーを挟みながら固定する。
残りのEも同様にスペーサーを挟みながら固定する。

座面の完成
5)座面が完成しました。

ビスで固定する
6)次に背もたれ部分を作ります。
A2本を穴を外側に向けて置き、402.5㎜の穴側から70㎜の位置にDを合わせてビスで固定する。

スペーサーを挟みながら固定する
反対側はFをA2本の角と合わせてビスで固定する。
先程と同様に10㎜のスペーサーを挟みながら残りのFもすべて固定する。

背もたれ部分の完成
7)背もたれ部分が完成しました。

ナットで固定する
8)次にスタンドを作ります。
C2本を並べ、ナットを通したナガネジを10㎜穴に通し、外側から袋ナットで固定する。

※デザイン性を高めるため、あらかじめCの両端は角をジグソーで丸くカットし、ナットと袋ナットはブラックでペイントしています。

鬼目ナットを金槌で奥まで埋め込む
9)組み立てていきます。
まずAとBの8㎜穴に鬼目ナットを金槌で奥まで埋め込む。

トラスネジをワッシャーを挟んで固定する
背もたれの間に座面を通し、背もたれの5㎜穴と座面の8㎜穴を合わせ、トラスネジをワッシャーを挟んで固定する。

トラスネジをワッシャーを挟んで固定する
スタンドの5㎜穴と背もたれの8㎜穴を合わせ、同様にトラスネジをワッシャーを挟んで固定する。

スタンドをEのお好きな隙間に引っかける
10)スタンドをEのお好きな隙間に引っかけるようにおけばOK。

折りたたみリクライニングチェアの完成

折りたたみリクライニングチェアの正面画像
11)完成です!!!「折りたたみチェア」を斜めからと正面から撮りました。

折りたたみリクライニングチェアを折りたたんだ状態
ちなみにこちらが折りたたんだ状態。
スリムなので、使わないときは省スペースで収納できます。

テーブルとセットで設置
さっそく以前作った折りたたみテーブルとセットで、ウッドデッキに置いてみました♫
即席アウトドアリビングの完成です( *´艸`) 
リクライニングの調節を増やしたい場合はEの本数を増やしてくださいね♪

テーブルとセットで設置
ほんとはガーデンベッドとして大きく作りたかったけど、ウッドデッキの広さを考えてちょっと小ぶりにしました。

使用している様子
155㎝の娘がもたれかかった状態です。
長身の方はもう少し全体的に大きく作られるといいと思います。

テーブルとセットで設置
木材もどこのホームセンターでも入手できる1×2、1×4材のみ!
リクライニング調節ができて使わないときは折りたためるガーデンチェア、ぜひ作ってみてください。

▼関連記事
おしゃれで便利な折りたたみテーブルをDIYしたらこうなった!

台車がトロリーフラワーカートに変身♪

 

App store
Google play