LIFE

工夫を凝らしたデザインが素敵!温泉地のご当地サイダー

200円でかなうコト

目次

お風呂上りにシュワっとサイダーはいかがですか?九州の温泉地で購入できるご当地サイダーをご紹介します。温泉地のイメージを生かした個性豊かなパッケージやネーミングが印象的で、地元の湧き水などを使用しています。湯上りに飲んでもよし、散策のお供にしてもよし、お土産にも喜ばれそうです!

ラムネのルーツ「温泉(うんぜん)レモネード」

全国清涼飲料工業会

温泉地のご当地サイダー、最初にご紹介するのは長崎にある雲仙温泉の「温泉(うんぜん)レモネード」。雲仙温泉と言えば、キリシタンの殉教の地として世界的に有名な雲仙地獄で有名な温泉地ですね。今や日本全国で親しまれているラムネのルーツが、この雲仙にあることをご存知でしょうか?古くから外国人避暑地であった雲仙では、自然の炭酸水に砂糖を溶かしたレモネードが外国人の間で好んで飲まれていました。それが名前を変え、ラムネとして全国に広がっていったそうです。そんな歴史ある「温泉(うんぜん)レモネード」。ノーベル賞作家パールバックをモデルとした昭和レトロなイラストが描かれた瓶がとってもかわいいんです!温泉と書いてうんぜんと読むのもナイスネーミングで、お土産にはぴったり。ピリッと強めの炭酸とレモンの酸味が、お風呂上りの身体にしみわたります。

■名称:温泉(うんぜん)レモネード
■価格:200円(税込)
■URL:http://www.unzen.org/tourism/spot1.html


おしゃれなパッケージと懐かしい味「ゆふいんサイダー」

有限会社WILLOW

続いてご紹介するのは、大分の有名な温泉地、湯布院のご当地サイダーです。高級旅館を多く有し、国内外から年間400万人もの観光客が訪れる湯布院。おしゃれでモダンな温泉街は、ショッピングやグルメの宝庫。女性からの支持率が非常に高いのも納得です。街の雰囲気同様に、湯布院の豊かな自然を感じるグリーンの瓶に筆記体で書かれた「ゆふいんサイダー」の文字、豊後富士のイラストがとってもおしゃれです。飲み終わった後もインテリアとして活用できるほどの、素敵なデザインです。こちらも1本200円と手ごろな価格です。炭酸はそれほど強くなく甘め。子どものころ駄菓子屋で飲んだ、昔懐かしいサイダーの味が再現されています。美味しいサイダーを片手に散策も楽しんでくださいね。

■名称:ゆふいんサイダー
■価格:200円(税込)
■URL:https://www.tomomasu.co.jp/main/560.html

レトロなイラストが愛らしい「指宿温泉サイダー」

本物の旅かごしま

最後にご紹介するのは、砂風呂で有名な鹿児島、指宿温泉のご当地サイダー。流しそうめんで有名な開聞唐船峡の天然湧水を使用しています。甘さ控えめのさっぱりとした爽快感が特徴で、砂風呂でたっぷり汗をかいたあとに飲めば格別の美味しさです!昭和30年代から40年代にかけ、東洋のハワイと言われた指宿温泉は、ハネムーナーに人気の観光地でした。「指宿温泉サイダー」には、開聞岳と池田湖、ハネムーンに訪れたカップルをイメージしたレトロなイラストと、王冠部分に描かれたハイビスカスが愛らしいデザインをしています。よく見ると池田湖のイッシーも顔を出しており、お土産に喜ばれそうですね。1本210円で、3本入りのミニボトルや12本入りの化粧箱セットも販売されています。

■名称:指宿温泉サイダー
■価格:210円(税込)
■URL:http://www.kagoshima-kankou.com/gourmet/50623/


いかがでしたか?その土地のものをいただくのは旅行の醍醐味です。九州各地の風土を生かして作られた温泉地のご当地サイダーは、お土産として購入するのはもちろんのこと、温泉街の散策のお供や温泉を満喫した後の一杯としてもぴったりです!

App store
Google play