LIFE

ビジネスを加速させる! 使えるチャットツール3選

0円でかなうコト

ビジネスを加速させる! 使えるチャットツール3選

photoAC

目次

社内外とのコミュニケーションに使うと便利なチャットツール。一度使い始めると、そのスピード感にもうメールには戻れなくなります。ビジネスに使えるチャットツールを、おすすめシーン別に3つご紹介します。

グループ別でコミュニケーションしながらタスクも管理できる「chatwork」

チャットワークロゴ

 

ビジネス用チャットツールとして非常に評価が高いのが「chatwork(チャットワーク)」です。社内でのチャットだけでなく、社外やビジネスパートナーとグループを作ってやりとりすることができます。もちろん1対1でのコミュニケーションも可能です。

インターネット上にあるサーバー(クラウドサーバー)に情報が保管されるため、相手がオフラインでもメッセージやファイルを送受信できます。チャットのやりとりで決まったことをタスクリストに整理してストックできる「タスク機能」が便利。受信したファイルもチャットワーク内に保存されるなど、過去のやりとりが蓄積されることがポイントです。使いやすさを追求した画面設計にも定評があります。

LINEのような既読表示はなく、自分のタイミングで返信することができます。音声チャットやビデオチャット(フリープランでは1対1のみ)も可能です。

仕事のときだけチャットワークを使うと限定すれば、仕事とプライベートを切り分けられるのもいいですね。

ITツールを使い慣れない人やガラケーの人がいるなら「サイボウズLive」

サイボウズLive

サイボウズLiveは、もともとはチャットツールではなく予定やタスクを共有するためのグループウェアです。社内での情報共有に使うことが多いグループウェアを、企業間でも使えるようにしようというコンセプトで開発され、チャット機能が追加されました。

グループウェアとチャットツール、ファイル共有などさまざまなツールをひとつのアカウントで完結できるのが大きなメリット。複数のツールの使い分けが難しいIT初心者にとっては助かります。

chatwork同様、やりとりしたメッセージやファイルはサーバー上に蓄積されます。シンプルで使いやすい画面になっており、投稿ごとに「いいね!」をつけられるのもポイントです。

フィーチャーフォン(ガラケー)でも使えるため、グループ内にガラケーの人がいる場合は便利ですね。

音声通話や電話会議をしながらチャットやファイル送信できる「Skype」

スカイプ

歴史も古く、海外でも普及している「Skype(スカイプ)」。インターネットを使って音声通話やビデオ電話ができ、世界中の人と無料で通話することができます。音質や画質は常に改善されており品質が高く、3人以上でのグループ通話もできるため、テレビ会議や電話会議に使われます。

スカイプにはチャット機能(インスタントメッセージ)もあります。1対1やグループでのチャットができ、音声通話中にWebサイトのURLを伝えたいときなどには重宝します。ファイルの送信もできるため、会議中に資料を送りたい場合には、すぐに送信することができますし、会議しながら自分のPCの画面を見せられる「画面共有」の機能も便利です。

チャットも使うけど、やっぱり電話でのコミュニケーションが重要という方や、複数の拠点があって電話会議を行いたい方にとっては、なくてはならないツールです。

chatwork

サイボウズLive

Skype


どのツールもアカウント登録などの導入は簡単。使い始めてだいたいの機能を理解するまでに1時間もあれば充分です。便利なチャットツールを活用して、仕事の効率をアップしましょう。

App store
Google play