MONEY

お金の管理が上手な人がする3つの方法「一人暮らし」「夫婦」の場合

ためる 内山 貴博

お金の管理が上手な人がする3つの方法「一人暮らし」「夫婦」の場合

【画像出典元】「iStock.com/MichaelDeLeon」

目次

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの内山です。今回は、お金をどう管理すればいいのかについて考えてみたいと思います。お金との付き合い方がわかれば、お金がもっと身近に、もっと当たり前に向き合うことができますよ。今回はそんなヒントになりそうな話をお伝えします。

▼関連記事
夫婦のお財布管理どうしてる?【アンケート結果発表】
ズボラでも大丈夫!1カ月にたった1回でOKの「山田式 残高家計簿」のススメ

1)「健康管理」と同じやり方で「お金管理」を考えよう

元来、日本では「お金の話をするのは卑しい」といった風潮があります。「お金が好き」と言うことに、抵抗を感じる人が多いと思います。
一方で「お金は命の次に大事なもの」といわれることもあり、私たちが生きていく上で欠かせない大切な存在です。

所変われば、お金という概念さえなく、一つの民族で助け合い、笑顔で生きている人もいますが、私たちはそのような環境ではなく、水や電気、そして生活する場所、そのすべてにお金が必要となります。だからこそ、真剣にお金と向き合い、上手な付き合い方を見つけたいものです。

私たちは体が疲労気味の場合は早く寝たり、気になることがあれば病院に行き、何もなくても定期的に健康診断をします。ぜひ、それと同じ感覚でお金との上手なつきあい方を身に着けてください。

2) 自分流の「お金管理」を見つけるための3つの方法

家計管理の方法
【画像出典元】「iStock.com/alfexe」

では、具体的にお金の管理の仕方を1つひとつ説明していきたいと思います。お金を管理する上でとっても大切なことは「自分のスタイルを確立する」ことです。

家計簿をつける、予算を立てる、領収書を管理するなどなど、一般的に良いとされているお金の管理方法はいくつもあります。もちろん、それらを否定するものではありません。
ただ、すべて実行すると負担を感じる人もいると思います。きちんと管理している人のまねをする必要もありません。

ストレスなく長続きしそうな自分なりのお金の管理方法を見つけることを優先してください。家計簿などは、そのうちの手段の1つとしてとらえるといいでしょう。または、家計簿を自分なりの使い方をしてもいいわけです。できることから始める。これで十分です!

・収支を把握する
収支を把握することは「健康診断」に該当します。血圧や尿検査など簡易なものから、胃カメラや心電図といった本格的な検査まで、健康診断はさまざまですが、現状を知り、問題があれば治療方法を探るなど、1つのきっかけになります。

お金も、まずはこの「健康診断」を行ってください。そのうえで最も重要なのが、収支の把握です。収支のうち、収入(手取り)を把握している人は多いようですが、支出を細かく把握している人はどれだけいるでしょうか?前述しましたように、毎日家計簿をつけて領収書を管理して翌月の予算をつけてとこの域まで達したら、健康診断ではなく「精密検査」といえるでしょう。ですから、そこまで頑張る必要はありません。まずは、時々血圧を測る感覚で、負担がないところから始めていきましょう。

そのための方法として「1ヵ月だけ集中して頑張る」のはいかがでしょうか?1ヵ月だけなら、煩わしいことでも何とか頑張れそうでは?1ヵ月分を把握するだけでもさまざまな気づきがあり、「おー!」と大きな声をあげる人もいます。こうした驚きや新たな気づきは、家計管理をしっかりしていくきっかけになりますよ。

・予算を立てる
さて、健康診断が終わり問題点が分かれば、治療方法や改善方法を探りますよね?特に問題がなければ、「よーし、このまま運動を続けて100歳まで生きるぞ」と意気込む機会にもなりそうです。収支の把握ができた後は、お金の管理も先を見据えてください。

それが、予算を立てることです。教育費や住宅費、食費や交際費など年々状況は変わっていきます。予算を決める上での項目は人それぞれ。こちらもあまり細かく分けると管理が難しくなりますので、主要支出科目を中心に予算を立ててください。

ちなみに、予算といえば個人家計よりも企業会計のイメージが強いですよね。皆さんが勤めている会社が予算会議などでどういった決め事をしているのか?もし可能であれば、上司や関連部署の人に聞いてみてください。たくさんヒントがあるかもしれませんよ。

・具体的に管理する
おすすめの管理方法は、自分で予算と収支のシートを作成することです。私も実施したことがありますが、世界に1つだけの予算・家計管理シートとなります。自分が作ったモノなので、当然使いやすいです。

難しく考えず、例えば、以下のようなものを作ってもいてはれば大丈夫ですよ。
エクセルで予算項目を入れ、時々実績を入力していきます。光熱費などは明細が届きますので、郵便物を管理するファイルや箱に入れておけば月末などに入力できます。続けるポイントは「進ちょく率」です。実績÷予算を%で表示する式を入力しておくだけです。1ヵ月終わって、100%を上回っているものがあればすぐに見つけることができます。率が低いほど使わなかった証拠ですので、ついついうれしくなり、来月以降の上手なお金の管理につながります。

また、最近ではお金を管理できるスマホアプリもあります。各種金融機関口座やクレジットカードなどと自動で連動することができ、領収書は写真で写すだけで管理できるものもあります。日々、ログインし、金融資産が増えているとうれしくなり、節約や投資のことを真剣に考える機会にもなりますよ。

3)お金を上手に管理するには「定期的」「コツコツ持続」が大切

ここまで見てきましたように、お金を上手に管理する方法はたくさんあります。
体の健康に例えて話を進めてきましたが、健康診断は年に1回程度ですが、健康を維持するには日々の心がけが重要になります。急に思い立って1日だけジョギングをしてもあまり効果は期待できません。定期的にジョギングすることで意味があります。

お金の上手な管理方法も、定期的にコツコツ続けることです。そのためには、上で紹介したように無理せず自分なりのスタイルを確立してください。あまりガチガチにルールを固めず、楽しく続けることが重要です。大ざっぱな方法でも「やらないよりはいいや」。そんな気持ちで、お金の管理方法を確立してください。

そして結婚をし、世帯を持つとさらにその必要性が高まります。個人から世帯へ。この場合、どのようにお金を管理したら良いでしょうか?

4)結婚して二人暮らしになったら「お金管理」はどう変わる? 

結婚し、いよいよ二人暮らしがスタート!
ドキドキ、ワクワク、毎日が楽しいと感じる一方で、これからの生活のことを考えると不安、という夫婦も多いです。今までの実家暮らしや一人暮らしと比べ、二人暮らしは当然お互いを理解し、協力しながら生活していく必要があります。

特にお金のことは大切で、何より「最初が肝心」です。日々の家計管理はもちろん、年金や社会保険、税金など独身の時と大きく変わる場合もあります。勤務先での「配偶者手当」があるかもしれません。それぞれの制度には年収制限など一定の基準がありますので、二人暮らしを始める前に各種制度を調べ、どのような形で二人で生活をするのか、あらかじめ決めておきたいところです。

5)夫婦の「お金管理」、失敗しない3つの方法

夫婦で家計管理
【画像出典元】「iStock.com/andresr」

統計データなどによると、日本は圧倒的に妻が家計を管理している夫婦が多いようです。財布を妻が握り、夫はお小遣い制。こういった夫婦が少なくありません。夫が働き、妻は家事や子育て担当なら、お金の管理方法の1つとして合理的です。

ただ、現在は上のような夫婦形態は減ってきており、共働き夫婦も多くなりました。ですから、夫婦で共同してお金を管理する方法をおすすめします。夫婦で管理するメリットは、毎月のようにお金の話し合いをする必要があることです。どちらかに任せっきりだと、何か大きな問題が生じたときに、どう対応するべきか決めることができず、夫婦喧嘩になることも。定期的に家計を話す習慣があると、こういったトラブルも減らすことができます。

考えられる夫婦の「お金管理」の方法は次の3つ。

・夫婦の共用口座で家計を共同管理
夫婦とはいえそれぞれの価値観があり、それぞれの歩む道があります。夫婦で管理するメリットをお伝えしましたが、すべてのお金を一緒に管理する必要はないと思います。自分で使うお金は、自分の銀行口座で管理しておきたいところです。ですから、個人の支出と夫婦共同の支出の線引き・色分けを行い、夫婦の支出についてはそれ専用の銀行口座を開設しておくとよいでしょう。
家計用の共用口座を作ることで、お互いが支出をチェックすることができます。

・費目ごとに役割分担
家計専用の口座を作るのも効果的ですが、費目ごとに役割を分担するのも効率的な管理方法です。例えば、夫は家賃と光熱費、妻が食費といった具合です。その場合のコツは、収入状況などを踏まえ時々役割分担を見直しながら、管理すること。
最近では若い夫婦を中心に、このスタイルを選ぶ夫婦が増えているように感じています。「どちらが何を担当しているのか?」そんな話をするお二人はとても微笑ましいです。

・どちらかが一括管理
できれば夫婦協力してお金の管理をしてほしいところですが、なかにはお金の管理が苦手で「一生懸命働くから、管理は任せた」という人もいると思います。
得意なことや不得意なこと、時間的な合理性などを考えると、この管理方法も悪くありませんが、家計に対する意識に温度差が生じたり、協力体制がとれなくなることも多いため、注意してください。

例えば、管理する側が厳しく節約に徹していると、パートナーにとって必要なお金でも浪費しているようにみえるような場合もあります。管理される側は徐々に窮屈になり、臨時収入などがあるとコッソリ自分のお金にしてしまうことも。
こうなると、本末転倒ですね。あくまで管理をどちらかに任せるだけで、時折家計の状況などを共有して、協力し合う関係であることを忘れないようにしましょう。

6)夫婦の「お金管理」で大切なことは「2人で協力する」

貯金する子供を見守る夫婦
【画像出典元】「iStock.com/Tom Merton」

時々、TV番組などでほろ酔いのサラリーマンがお小遣いが少ないことを嘆いているシーンを見かけます。一方、「夫に内緒のヘソクリがあります」といった妻のコメントが取り上げられることもあります。実際はどうなのか分かりませんが、お互いけん制し合っている状況はもったいないです。

銀行預金も単利(単純に利息をそのつどもらう)よりも複利(利息を元金に組み込み、さらに運用する。利息にも利息が付く)の方が増えます。夫婦も“単身”から“複数”になったわけなので、2人で力を合わせて複利効果を発揮し上手にお金の管理をしましょう。

特に、子供のいる夫婦は気をつけましょう。両親がお金とどのように接しているかは、子供のお金についての考え方に大きな影響を及ぼします。また当然、教育費も必要です。夫婦が親としてお金をどう管理していたか?が、子供の将来を左右すると言っても過言ではありません。

まとめ

今回、お金の管理方法についてまとめましたが、今、そのお金の価値はさらに変わろうとしています。「仮想通貨」の誕生はもとより、世界と比べやや遅れている「キャッシュレス」の本格化なども私たち家計の管理方法を劇的に変える可能性があります。

通帳があり、キャッシュカードがありという物体的な管理から、データでの管理が主流になってくるでしょう。環境が大きく変わる前に、まずは今までのお金の管理方法を顧みて、今日からやるべきことを見つけ、実践に移してくださいね。

▼関連記事
夫婦のお財布管理どうしてる?【アンケート結果発表】
ズボラでも大丈夫!1カ月にたった1回でOKの「山田式 残高家計簿」のススメ

App store
Google play