お金

貯金が苦手でも簡単に賢くお金が貯まる7つの方法とコツ (2ページ目)

ためる 中村 賢司

「コンビニ利用はほどほどに」
近くにあると便利でついつい使ってしまいますね。私も事務所の近くにローソン、自宅の近くにセブンイレブンがあるので、たまに利用することはあります。なかには頻繁にコンビニを利用している人も少なくありませんが、同じものがスーパーでは半額で売っていたりしますので、日常使いは避けた方が良いでしょう。

「クレジットカードは1枚にまとめて」
今は年会費無料のクレジットカードが多いので複数枚持っている人もいますが、特に使い分けることがなければ、ポイント還元の観点からも1枚に統一しておいた方が良いでしょう。複数枚持っているとカードの引き去り日が違ったりして、管理もその分面倒になります。

「携帯電話料金は金食い虫」
携帯電話料金を月1万円以上払っている人をたまに見かけますが、通信料や通話料をよく調べて料金プランを見直すべきだと思います。うまく見直すことができれば、月1万円以内には収まるはずです。また、キャッシュバックやポイント還元などを利用してキャリアを変更することも節約する方法のひとつです。

「生命保険はよく調べて加入」
携帯電話料金同様、家計の負担になるのが生命保険料です。掛け捨ての保険に、月1万円以上払っている人は、本当に必要な保障だけ残して見直しても良いかと思います。何のために保険に入るのか、今一度よく考えてください。また、同じ保障内容でも保険会社が変われば毎月の負担額が2分の1くらい削減できることもあるので、よく調べてから生命保険会社を選びましょう。

2)賢くお金を貯める方法・増やす7つのコツ

支払い漏れで焦る女性
【画像出典元】「iStock.com/sunabesyou」

今まではお金が貯まらない原因を見てきましたが、ここからはお金を貯めるコツを紹介します。ファイナンシャルプランナーとして今までたくさんの相談を受けてきたなかで、お金を貯めることが上手い人の事例や、実際に私が実践しているコツも入れていますので、ぜひ参考にしてください。
ここでのポイントは、お金が勝手に「貯まる」のではなく、意識的にコツコツとお金を「貯める」ということです。

①    まずは現状を把握して家計を見直す
今、いくら生活費を使っているかすぐに答えることができますか?たとえ家計簿をつけていなくても、毎月の生活費をきちんと把握している人もいます。自分の毎月の生活費がすぐに答えられなかった人は、今日からでも家計簿をつけ始めて、まずは現状を把握するようにしてください。
そうすることで、家計のどこに無駄があるかが明確になります。翌月からは月々の家計予算を立てて、その無駄を見直せるようにしましょう。

②    毎月かかるお金を仕分けしてみよう
現状が把握できたら、次に行うのは毎月のお金の管理です。固定費にいくら使っているのか、貯金にいくら回せばいいのか、残ったお金でどうやってやりくりするか、などそれぞれの金額を仕分けしてみましょう。

③    毎月の貯金額を決めて先取り貯金を始めよう
家計の流れは前項で「収入ー貯金=支出」と紹介しましたが、もう少し細かくいうと「収入-固定費-先取り貯金=やりくり費」となります。
まずは、将来必要になるお金をしっかりと把握して、そこから逆算して貯金の目標額を決めます。その目標額を先取り貯金して、残ったお金で上手くやりくりしていけるような家計の流れにしていきましょう。先取り貯金ができるようになれば、家計管理の上級者と言っても過言ではありません。

④    口座を目的別に分けよう
家計を上手く管理するために「財布を3つに分けよう」とよく言われます。言い換えれば、銀行口座や証券口座などに分けて家計を管理するという方法です。
1つ目の財布は「普段使うお金」として、生活費の3~6ヵ月分を銀行の普通口座に預けておきます。
2つ目の財布は「近い将来のために貯めるお金」として、今すぐには使わないが概ね5年以内までに使うお金(車検費用、車の買い換え費用、旅行費用、子供の入学金、マイホームの頭金など)の預け先です。これは同じ銀行口座でも、定期預金等に振り分けておくと良いでしょう。
3つ目の財布は10年以上使う予定がないお金、すなわち「リスクを取って増やすお金」です。これは、証券口座などを開設して、株や投資信託で運用していきましょう。

⑤    おすすめ節約術~固定費の減らし方
節約を始めるにあたり、まず見直すべきポイントは「固定費」です。固定費とは毎月決まった金額が出ていく支出で、主に住宅ローンや家賃などの住居費、生命保険や自動車保険などの保険料、携帯電話やインターネットプロバイダーなどの通信費、加えて水道光熱費などがあります。固定費は一度見直すと翌月以降もその見直した金額がずっと節約できるので、効果は大です。