MONEY

貯金が苦手でも安心して!簡単にお金を貯める7つの方法

ためる 中村 賢司

貯金が苦手でも安心して!簡単にお金を貯める7つの方法

【画像出典元】「iStock.com/andresr」

<2019.05.16更新>こんにちはFP(ファイナンシャルプランナー)の中村賢司です。

お金がなかなか貯められない人の傾向として、自分の家計収支をきちんと把握していないことが挙げられます。ただぼんやりとお金を使っていては、賢くお金を貯めることはできません。

そこで今回は、貯金が苦手でなかなか貯まらない人でも上手にお金を貯めるコツ、節約の方法をファイナンシャルプランナーの視点からいくつか伝授します。日頃から多くのお金の相談を受けていますが、お金を貯めることが苦手な人、貯められない人には共通点があります。金融機関の口座はやカードは何枚持っていますか?通信費や保険など固定費は把握していますか?

もしあなたが、お金が貯まらない人だったら、最後までぜひお読みください。お金を貯めるヒントをいっぱい紹介していきます。

▼関連記事
絶対気になる! みんなの預金額っていくら?【アンケート結果発表】

【FPに相談!】貯蓄が苦手!貯蓄できるようになる具体的な方法を教えて? (30代男性)

1)お金が貯められない人の傾向チェック!あなたは大丈夫?

サイフとお金
【画像出典元】「iStock.com/ThitareeSarmkasat」

まず初めに、お金が貯まらない人の傾向をチェックリストとしてまとめました。全部で10項目ありますが、いくつ当てはまるか確認してください。

□給料日前、余った金額を貯金している
□銀行口座を一つしか持っていない
□週に何度もATMでお金を引き出す
□レシートで財布がパンパン
□ポイントカードをたくさん持っている
□家計簿の収支金額が合わないと気持ち悪い
□コンビニを週に3度以上利用する
□クレジットカードを何枚も持っている
□携帯電話料金を月1万円以上払っている
□生命保険料を月1万円以上払っている

さて、皆さんはいくつ当てはまりましたか。
7つ以上当てはまった方は要注意、3~6個当てはまった方はお金が貯まらない人予備軍です。そのままにしておくとなかなか貯金は増えませんが、少しずつ改善していけばお金を貯めることができるようになるでしょう。2個以下だった人は、きっとやりくり上手でお金が貯まらないなんてことはないと思います。

では、ひとつずつポイントをみていきましょう。

「余ったお金を貯金」→「先取り貯金」へ
皆さんの、毎月のお金の流れは次の2つのうちどちらですか?
×収入-支出=貯金
○収入-貯金=支出

最初の余ったお金の貯金はバツです。給与が入ったら毎月計画的に先取り貯金し、残りのお金で1ヵ月やりくりするのが、お金が貯まる正しい貯金のやり方です。使いたいだけ使っていては、なかなかお金は貯まりません。

「銀行口座を複数持つ」
銀行口座を皆さんはいくつお持ちですか?
お給料が振り込まれる口座から水道光熱費や携帯電話、生命保険料等が引き落とされ、生活費もそこから何度かATMで出金して、月末余ったお金も同じ口座にそのままにしておく。これではなかなかお金は貯まりません。うまく銀行口座を使い分けることで、お金の流れを把握しやすくなります。
1つ目の銀行口座は、水道光熱費や携帯電話料金や生命保険などの固定費が引き落とされる口座として、毎月一定額を入金しておくようにします。それとは別にもう一つ口座を作り、先取り貯金をして手をつけない口座をひとつ。そして最後に、毎月家計のやりくりをする口座をひとつ。このように銀行口座を使い分けることで、お金の流れが明確になります。

「ATMは決まった日に決まった金額を」
皆さんは週に何度ATMでお金を引き出しますか?
今はコンビニのATMが増えて、いつでも引き出せるようになったので便利ですが、無駄に手数料を払っている人も少なくありません。100円+消費税も積み重なってくると馬鹿にならないので、下ろす日や下ろす金額を決めておき、極力時間外手数料やATM手数料を払わないようにしましょう。

「レシートの管理」
レシートで財布がいっぱいになっている人をよく見かけます。何のためにレシートを置いているのでしょうか?いつか家計簿をつけようと思っている人や購入履歴を把握したい等、理由はそれぞれでしょうが、お金を上手に貯めることができている人は、レシートの管理もきちんとして、家計簿にすぐにつけるため、いつまでも財布で保管するようなことはありません。

「ポイントカードの断捨離」
レシート同様、ポイントカードで財布がパンパンになっている人もいます。今では多くの小売店がポイントカードを発行していて、ポイントが貯まれば割引などの優待があるのでなかなか捨てられないという人もいます。でも、半年に1度くらいしか使わないお店のポイントカードなら、思い切って捨ててしまいましょう。

「家計簿をつける意味」
家計簿をつけている人のなかには、収入と支出の金額を1円単位で管理してしまうことも。収支を合わせるために、何度も何度も計算し直したり、記憶をたどってたりしていますが、家計簿の目的は収支を合わせることではありません。何に使ったかを把握して、無駄がどこかにないかを見つけ、翌月その無駄をしないように予算を組むことが本当の目的です。細かな収支の違いをあまり気にしないようにしましょう。

1 / 4
App store
Google play