MONEY

実家暮らし20代の平均貯金額はいくら?一人暮らしとの生活費を比較

ふやす 中村 賢司

実家暮らし20代の平均貯金額はいくら?一人暮らしとの生活費を比較

【画像出典元】「iStock.com/Kritchanut」

目次

こんにちはファイナンシャルプランナーの中村賢司です。

実家暮らしの20代の方は、一人暮らしの20代の方に比べて比較的余裕のある生活を送っている方が多いように思います。その理由は皆さんもお分かりのように、家賃や食費、水道光熱費がかからないからです。その実家暮らしのメリットを最大限に活かして、一人暮らしの人と比べてたくさん貯金をしている方もおられます。

今まで相談を受けてきた中で、実家暮らしの20代の方で貯金額が500万円を超えている人が何人もいました。しかしその500万円をそのまま銀行に預けているだけの人がほとんどで、資産運用をしている人はあまりいません。

▼関連記事
20代の貯金事情~平均貯金額からおすすめの貯める方法までまるわかり!

投資の武器は「時間」? 20代だからできる資産運用法をFPが解説

せっかく貯金できたお金もこれではもったいないと思います。そこで今回は「貯金が500万を超えたら検討すべきこと」をまとめてみました。

1)一人暮らしの20代の支出・貯金状況から見た実家暮らしのメリット

国の調査によりますと、35歳未満の単身世帯の消費支出は「15万5808円」。その内訳は、以下のようになっています。

◆35歳未満の一人暮らし/消費支出の内訳
食費・・・・・・・3万9510円
住居・・・・・・・2万9811円
光熱・水道・・・・   6959円
家具・家事用品・・   3339円
被服及び履物・・・   7712円
保健医療・・・・・   3627円
交通・通信・・・・2万2848円
教養娯楽・・・・・1万7155円
その他・・・・・・2万4847円
交際費・・・・・・1万1780円
仕送り・・・・・・   1874円
※上表:「家計調査報告(家計収支編)」総務省統計局2017年調べ

実家暮らしの人は、朝晩の食事代、住居費、水道光熱費、家財道具、インターネットや固定電話の通信費など、単身世帯(一人暮らし)の人と比べてかからない支出項目がたくさんあります。このデータをみるだけでも、実家暮らしのメリットを活かすことで、一人暮らしの人より5~6万円節約できると思われます。

とはいっても実家暮らしの人の中には家にお金を入れている人もいます。金額としては、2~3万円入れている人が多いようです。それでも一人暮らしの人と比べると貯金はしやすい環境ですね。

また、20代の人が収入に対してどれくらいの割合で貯金をしているかというと、収入の10%~15%を貯金している人が最も多く、貯金していないという人も約2割もいました。平均の貯金額は363万円ですが、中央値は170万円とちょっと低い結果となっています。貯金額が100万円未満という方が約3割もいる一方で、逆に500万円以上の方は約2割もいました(※)。

これには収入や地域間格差などがあると思われますが、実家暮らしと一人暮らしの差も影響していると思われます。

(文中※)「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)金融広報中央委員会2017年調べ

2)実家暮らしのメリットを活かせば500万円はすぐ貯まる

自宅でスマホを見る男性
【画像出典元】「iStock.com/Halfpoint」

実家暮らしの最大のメリットは、家計の中でも一番ウエイトが高い住居費がかからないこと!

福岡で一人暮らしをする場合、ワンルームマンションの家賃相場は5~6万円。この支出が毎月かかる上、水道光熱費や自炊する食事代などを含めると実家暮らしの人に比べ、毎月8~9万円支出が多くなるでしょう。この金額を単純に合計すると、5年間で500万円を超えます。

9万円×12ヵ月×5年=540万円

たとえ家に3万円ほど入れていたとしても、7年間で500万円貯まる計算です。

6万円×12ヵ月×7年=504万円

実家暮らしは、一人暮らしと違い不自由な部分もあるかもしれませんが、貯金を増やしたい場合は絶対有利といえるでしょう。

3)500万貯まったら考えるべきことは資産運用

投資先を検討する男性
【画像出典元】「iStock.com/gehringj」

100万円ほどの貯金であれば、ひとまず銀行に置いておくだけでもいいでしょうが、500万円貯まったら銀行にただ預けているだけではもったいないような気がします。

目的別に応じて、少しはリスクを取り資産運用を考え始める時期でしょう。

とはいっても今まで投資をしたことがない人には、ちょっと勇気がいる選択かもしれません。そこで、まずはその500万円の使い道から考えてみてください。

結婚資金や車の購入費用など、比較的近い将来使い道が決まっているお金はリスクを取らない方が良いでしょう。例えば200万円ぐらい確保しておきたい場合、その200万円は銀行に預けておきましょう。

それ以外のお金はすぐに使わないという場合、そのお金こそリスクを取って資産運用するべきです。

資産運用といっても投資先はさまざまで、300万円あれば、株式投資や不動産投資と選択肢はたくさんあります。しかし、株式投資や不動産投資は今まで資産運用をしたことがない人には、ちょっとハードルが高いかもしれません。

そこで私が皆さんにおすすめする資産運用は、投資信託です。

4)資産運用をより効率的に行うには?

投資信託イメージ
【画像出典元】「iStock.com/gopixa」

具体的には、銀行や証券会社で証券口座を開設します。この時、少額投資非課税制度(NISA)の口座も併せて開設することをおすすめします。

自分でどの投資信託が良いか選べない場合は、専門のアドバイザーをつけると良いでしょう。銀行や証券会社には私たちと同じようにファイナンシャルプランナーの資格を持った人たちがいますので、相談してみてください。

最近では、ロボットアドバイザーという商品まであり、5つほどの質問に答えるだけで自分のリスク許容度や運用期間に合ったポートフォリオを人工知能(AI)が考えてくれます。

全てお任せしたいという人には、良いかもしれません。

もちろん自分で勉強して始める方が良いのですが、資産運用はわかりにくいことも多いので専門家に相談することをおすすめします。

5)まとめ

資産運用を始めることで、貯金できた500万円が少しずつ増えていくということも期待できます。さらにまた毎月こつこつ貯金することで、20代のうちに貯金1000万円も夢ではありません。

ポイントは早くから始めること!

実家暮らしで浮いたお金を「貯金+資産運用」することで、きっと皆さんの人生は豊かになるでしょう。

▼関連記事
20代の貯金事情~平均貯金額からおすすめの貯める方法までまるわかり!

投資の武器は「時間」? 20代だからできる資産運用法をFPが解説

App store
Google play