お金

上手に貯める夫婦は共通点がある、お金で揉めない二人暮らしの家計管理術をFPが伝授 (3ページ目)

ためる 中村 賢司

5-4.夫婦で話し合っておくべきこと
上記に加えて夫婦で決めておいてほしいことは、お互いの交際費や趣味娯楽費の予算です。言いかえれば、お小遣いですね。

夫婦でお金を管理することのメリットは、もちろんお金のことをすべてオープンにすることで、お金のことが原因で喧嘩することがほとんどありません。

しかし、デメリットはすべてオープンにしてしまうので、たまに無駄遣いをしたり、趣味にお金を使いたいといってもなかなか簡単に相手の理解を得ることができません。できれば、あまりギリギリのラインで決めず、少し余裕を持ってお小遣いの予算を決めておくと良いでしょう。

6)誰でも簡単!エクセルファイルで収支をつければお金の管理がラク

最後に、もしあなたがエクセルを使えるのであればぜひやってほしいことが、年間決算シートを作るということです。

手書きで決算シートを作ると計算が大変ですが、エクセルの表計算機能を利用することで、とても簡単に作成できます。一度計算式を入れておけば、後は自動計算ですから毎年更新していくことも容易です。

毎月の費目ごとの数字を入力し、1年分を集計し毎年どのように増減しているか振り返って分析してみましょう。

何度も言いますが、家計の収支も企業会計と同様、毎月もしくは毎年の数字を振り返って検証して次年度の予算を立てていくことが重要です。

そうすることで、二人のお金の使い方が変わりお金が貯まりやすくなり、将来豊かな生活を送ることができることは間違いありません。早速、今年からチャレンジしてみましょう。

7)管理しているのは妻?夫?夫婦のお財布管理のリアル

ここまで夫婦や同棲中のカップルにおすすめのお金の管理方法を紹介してきましたが、世の中のご夫婦の財布事情がどのようになっているのか知りたいと思いませんか。下記リンク先ページでは2018年8月にWallet+アプリユーザーを対象に「夫婦のお財布管理」についてアンケートを行った結果を公表しています。夫婦共同で管理しているのか、それとも妻もしくは夫のどちらかが管理している割合が多いのか…。

そして妻が管理するメリット、夫が管理するメリットなどそれぞれの意見もいただいています。気になる結果はクリックしてご覧ください。

夫婦のお財布管理どうしてる?【アンケート結果発表】

8)同棲・結婚の二人暮らしのお金の管理方法 まとめ

今まで見てきたように、同棲や結婚で二人の生活がはじまると、家賃や光熱費、食費などの生活費の話と、海外旅行や車の買い替え、住宅購入など、将来の資金のための貯金を話し合うことが大切。二人暮らしのお金の管理の方法は、共働きであっても別々に管理するのではなく、まとめて一括で管理するということです。これは、数多くのお金の管理方法をみてきた私が言うのですから間違いありません。二人別々にお金の管理をしているところは、お金のことで揉めることが多いように思います。

30代主婦の家計簿/夫の転職で収入減!逆境に負けない妻の節約にFP脱帽

「お金が貯まる夫婦」と「貯まらない夫婦」の違い、実例で紹介

夫婦二人の収入を一括で管理して、二人で共通の夢を語り合い、それに向けて貯金の計画を立て、日々のやりくりを楽しみ慎ましく生活していくことで、充実した毎日を送ることができるでしょう。
とはいっても、ポイントはストレスのないようにやりくりするためそれぞれのお小遣いはしっかり確保しておくこと!そして、そのお小遣いの使い方にはお互い口を出さない、これもまた二人暮らしのお金の管理が上手くいく方法の一つです。

皆さんもぜひ実行してください。

3 / 3