お金

もらい損ねている人多数「再就職手当」、実は失業手当よりお得な制度 (2ページ目)

ふやす 中村 賢司

3.  いくらもらえる?再就職手当の計算方法

握手
【画像出典元】「iStock.com/LumiNola」

続いて受給できる再就職手当の金額ですが、再就職した日に残っている失業給付の日数に基づき計算されます。失業給付の支給残日数が3分の2以上の人と、支給残日数が3分の1以上の人とでは支給率が異なります。具体的な計算式は以下のとおりです。

○失業給付の支給残日数が所定給付日数の「3分の2以上」ある方
所定給付日数の支給残日数 × 60% × 基本手当日額

○失業給付の支給残日数が所定給付日数の「3分の1以上」ある方
所定給付日数の支給残日数 × 50% × 基本手当日額

ここでいう支給残日数とは、「失業保険の給付日数-就職前日までの支給日数」となります。

また、基本手当日額とは失業手当の額を1日あたりに置き換えた金額となります。この基本手当日額には上限金額が設定されていて、上限を上回る受給をすることはできません。上限額は、59歳以下の場合「6,165円」、60~64歳の場合「4,990円」です(令和元年8月1日以降)。尚、この上限額は毎年8月1日に「毎月勤労統計」の平均給与額によって改定されています。

この再就職手当は、非課税のため確定申告の必要がありません。

4.  ハローワークでの再就職手当の手続き方法

再就職手当を受給するためには必ず手続きが必要です。手当をもらうために必要な書類と手続きの流れについては次のとおりです。

(1)再就職が決まったことをハローワークへ報告
再就職が決まったことをハローワークへ報告します。その際、失業保険の残日数期間の認定も同時にしてもらうことになります。必要な書類は、雇用保険受給資格者証、失業認定申告書、採用証明書(再就職先の会社に記入してもらう)の3つです。

(2)ハローワークへ申請書を提出
再就職日の翌日から起算して1カ月以内に、再就職手当支給申請書(会社に記入してもらう箇所があります)と雇用保険の受給資格者証の2種類をハローワークへ提出します。郵送でも対応してもらえます。

5.  いつもらえる?再就職手当の支給時期は。決定通知書に注意

書類申請
【画像出典元】「iStock.com/Chinnapong」

再就職手当の支給時期は、申請書を提出してから約1カ月後です。支給が決定すると「就業促進手当支給決定通知書」が届きます。この通知書が届いてから1週間程度で失業手当の受給で指定した金融機関の口座へ振り込まれます。

但し、ハローワークが混雑する3月~4月や、5月のゴールデンウィークと重なった場合は処理に時間がかかり1カ月以上かかることもあるようです。

再就職手当は支給されないケースもあります。注意点を含め、次の章で見ていきましょう。