お金

2021年版!税金、公共料金支払いでポイントGET!お得な支払い方法は?

ためる

2021年版!税金、公共料金支払いでポイントGET!お得な支払い方法は?

【画像出典元】「 deagreez- stock.adobe.com」

毎月の税金や公共料金などの支払い。クレジットカードやペイサービスといった「キャッシュレス決済」で支払えるのはご存じでしょうか。支払い時にポイント還元なども受けられ、お得要素も満載です。

今回は、キャッシュレス決済を使って税金や公共料金を支払い、ポイント還元を受ける方法やメリットを比較&解説していきます。

キャッシュレス決済で支払うとなぜお得なの?

スマホの周りを各種ペイサービスのロゴが囲む
【画像出典元】「kinako- stock.adobe.com」

これまで税金や公共料金の支払いは、銀行振込や口座引き落とし、もしくは徴収員に手渡しなどが一般的でした。

これをクレジットカードやペイサービスなどの「キャッシュレス決済」を利用して支払うことで、次のようなメリットを受けられます。

<キャッシュレス決済のメリット> 
・支払い分に対して、ポイント還元される
・振込手数料が無料(ただし一部有料もある)
・いちいちコンビニやATMにいって手続きする必要がない
・24時間365日、好きなときにスマホアプリからすぐに支払える など

この中でも「ポイント還元」が最も大きなメリットとなります。

たとえば固定資産税10万円を還元率1%のペイサービスで支払えば、単純計算で1000円のポイントがもらえます。

支払いができる税金&公共料金の例

固定資産税と書かれた置物+家のミニチュア+電卓
【画像出典元】「camera papa- stock.adobe.com」

次のような税金&公共料金をクレジットカードやペイサービスを使って支払うことが可能です。

<税金>
・住民税
・固定資産税
・国民健康保険料
・介護保険料
・後期高齢者医療保険料
・​軽自動車税
・個人事業税
・不動産取得税 など

<公共料金>
・水道料金
・ガス料金
・電気代
・学校の給食費
・保育所保育料
・学童保育料 など

このように様々な料金の支払いがペイサービスから可能です。

ただし、お住まいの都道府県、自治体、契約しているガス会社や電力会社によっては、キャッシュレス決済に対応していないことがあります。これらすべてを必ず支払えるわけではありません。詳細は支払い先の情報をご確認ください。

PayPayの請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

スマホ画面内にバーコードが表示されている(赤背景でpaypayのようなイメージ)
【画像出典元】「shibadog- stock.adobe.com」

ソフトバンク&ヤフーグループが運営するペイサービス「PayPay(ペイペイ)」での支払いについて紹介していきます。

<サービスの特徴>
やり方・・・PayPayアプリを起動し、請求書(払込票)のバーコードをカメラで読み取る
支払い・・・PayPay残高から引き落とし(事前に残高チャージが必要、クレジットカードと連動させた支払いは不可)
ポイント還元率・・・0.5%~1.5%
還元先・・・PayPayボーナス
手数料・・・無料

PayPayアプリからカメラで読み込むだけなので、支払いはとても簡単です。

PayPayは国内最大級のペイサービスということもあり、税金や公共料金の支払いに対応する自治体も続々と増えています。

ただしポイント還元率は、0.5%~1.5%となり、後述するLINEPayよりやや低めです。

LINEPayの請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

スマホ画面内にQRコードが表示されたイラスト(緑背景でLINEのようなイメージ
【画像出典元】「tiquitaca- stock.adobe.com」

LINEグループが運営するペイサービス「LINEPay(ラインペイ)」での支払いについて紹介していきます。

<サービスの特徴>
やり方・・・LINE Payアプリの「LINE Pay請求書支払い」、もしくはLINEの[ウォレット]を起動し、請求書(払込票)のバーコードをカメラで読み取る
支払い・・・LINEPay残高、チャージ&ペイ(Visa LINE Payカード契約者のみ)
ポイント還元率・・・LINEPay残高から支払う場合は0%、チャージ&ペイで支払う場合は0.5%(Visa LINE Payカード契約者のみ)
還元先・・・LINEポイント
手数料・・・無料

LINEPayの場合もアプリからバーコードを読み込むだけなので、操作は簡単です。

LINEPayは、クレジットカード「Visa LINE Payカード」を発行し、アプリと連動させチャージ&ペイ支払いすることで、0.5%のポイント還元が受けられます。

一方、LINEPay残高から支払う場合は0%です。つまりVisa LINE Payカードを所持していないとポイント還元の恩恵は受けられません。

Visa LINE Pay カードのみで税金・公共料金をお得に支払う方法(2%還元)

ゴールド、シルバー、緑のクレジットカードが重なりあっているアップ
【画像出典元】「sumire8- stock.adobe.com」

LINEPayのアプリを使わず、Visa LINE Pay カード単独で税金・公共料金の支払いを行うこともできます。

クレジットカードから自動で引き落としされるイメージとなり、ペイサービスやスマホでの決済に抵抗のある人にはおすすめです。

様々なクレジットカードで税金・公共料金の支払いは可能ですが、Visa LINE Pay カードはその中でも還元率が高く、カード支払い時のポイント還元率は2%です。
 

結局何で支払うのが一番お得なの?

クレジットカードを片手に持ちながらノートPCをみて悩む女性
【画像出典元】「metamorworks- stock.adobe.com」

お得=ポイント還元率として考えます。

auPAYやFamiPayなど公共料金を支払えるペイサービスはまだまだありますが、ポイント還元率としてお得なのは、上で紹介したPayPayとLINEPayです。
 

ペイサービスの支払いなら、お得なのはPayPay

「ペイサービスのみで還元を受けたい」、「クレジットカードは発行したくない」という人であれば、PayPayがおすすめです。

ペイサービスの残高支払いで0.5%~1.5%のポイント還元を受けることができます。

カード払いなら、Visa LINE Pay カード

カード払いで公共料金を支払うのであれば、LINEPay × Visa LINE Payカードの組み合わせであり、最大2%の還元が継続して受けられます。

アプリ支払い(チャージ&ペイ)でも0.5%が還元されるため、用途に応じて使い分けることもできます。


月1~5万円稼ぐ「スマホ副業」隙間時間におすすめ副業アプリ11選

スマホゲームで稼げる!?換金できるスマホゲームアプリ8選

以上、税金・公共料金のキャッシュレス決済についてご紹介しました。
クレジットカードやペイサービスでの支払いは、余計な手間が省けるためスムーズであり、なおかつポイント還元という嬉しい恩恵も受けらるためメリットが多いです。操作も慣れれば簡単であるため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。