お金

家族4人で食費2万円!節約上手がやっている買い物のコツ7か条

ためる

家族4人で食費2万円!節約上手がやっている買い物のコツ7か条

【画像出典元】「ELUTAS.-stock.adobe.com」

「食べ盛りの子どもがいて、食費の節約なんて無理!」と思っていませんか?しかし、子どもが1~2人いても、月の食費を2万円台におさえてやりくりできている人は世の中にたくさんいます。

その節約のコツは、日々の買い物ルーティンにあります。今回は、すぐに取り組める食費節約のための買い物方法を7つご紹介します。

1.買い物は週2回程度、金額を決めてひとりで行く

買い物はできれば週1回、多くても2回までとします。買い物の回数が多ければ無駄なものを買ってしまったり、家族と行けば家族が欲しがるものを買ってしまったりしてしまうかも。

もし、1カ月の食費を2万円代にしたいのなら、1週間分は5000円弱くらい。事前に買うものをリスト化しておき、必要のないものを買わないようにしましょう。

2.行きつけのスーパーを決める

スーバーの内観
【画像出典元】「Piman Khrutmuang-stock.adobe.com」

普段の買い物には便利な近所のスーパーを利用し、まとめ買いする時にはディスカウントストアを利用する、というように、行きつけのスーパーを2つほど決めておきましょう。どこに何があるかもわかり、無駄なく時短で買い物することができます。

チラシをチェックしてお得だからといろいろなスーパーに行っていると、余計なものを買ってしまいがち。さらに車で移動すると、ガソリン代もかかってしまいますよ。

3.1週間分の献立表を作る

献立表
【画像出典元】「DragonImages-stock.adobe.com」

節約のための献立は、1週間まとめて考える方法がおすすめです。

1週間分の献立をまとめて作っておくことで、5000円という予算内に収める献立を考えられます。さらに日々献立を考える手間が省けるので、節約&時短が可能になります。コツは、大雑把に月曜は魚、火曜は卵、水曜は豆腐、木曜は肉・・・と決めておくことです。あまり細かく決めてしまうと、食材が高かった場合に融通が効かなくなりますよ。

4.買い物の前に冷蔵庫の中をチェック

冷蔵庫
【画像出典元】「Andrey Popov-stock.adobe.com」

献立に合わせて冷蔵庫にあるもの、ないものをチェック。足りないものをその週に買うべきものとしてメモします。冷蔵庫にぎっしり食品が詰まっていると、中が把握しにくく、腐らせることになるかもしれません。結果、無駄づかい&食品ロスにつながります。常に1週間~10日分くらいの量を入れ、何が入っているのか把握しましょう。

最近は、「うちメモ」などスマホアプリで冷蔵庫の中をリスト化してくれるものもあります。冷蔵庫の中の管理は面倒ですが、便利なツールを使って気楽に管理を継続してください。

うちメモ
iOS版
Android版

5.スーパーではセール品、特売品から先に見る

スーパーに入ったら、まずはセール品や特売品から先に見ていきます。買い物リストに「肉」があり、安い鶏肉や豚肉などが特売になっていれば購入しましょう。また、半額品の野菜・果物などもあれば購入し、その週のうちに使い切ります。

魚や野菜はなるべく丸々1個、1匹を購入しましょう。下ごしらえは必要ですが、安く買うことができます。肉を買うときは、グラム単位の価格を確認し安いものを選びます。セール品だからとグラム単位の価格をよく見ずに買うと、意外に高い買い物になることも。予算内で済むよう買い物してください。

また、安くて高タンパクな、鶏肉、厚揚げ、ちくわ、もやし、卵などは、食費を節約したいときにおすすめの食材です。

6.ポイントを活用する

ポイント
【画像出典元】「PhotoAC」

行きつけのスーパーをつくっておきたいもう一つの理由として、ポイントが貯められる=ポイ活ができることが挙げられます。行きつけのスーパーで会員カードをつくっておくと、自然とポイントが貯まっていきます。さらにキャッシュレス決済や、そのお店のクレジットカードなどを使うと、ポイント還元率が高くなることも。

ポイントが倍になる日などもあるので、その日をお買い物デーにしてポイントを貯めるのもおすすめです。貯まったポイントを食費に回すと、さらに節約できますよ。

7.簡単に下ごしらえしておく

下ごしらえした野菜
【画像出典元】「PhotoAC」

買い物ルーティンとはちょっと違いますが、最後にまとめ買いした食材を無駄にしない方法を紹介します。

ねぎは刻んでそのまま冷凍。ほうれん草、グリーンピース、ブロッコリー、かぼちゃなどの食材は固めに茹でて冷凍保存。魚を1匹買ったときは、切り身にして冷凍保存。食材の特徴に合わせて下ごしらえし、冷凍庫で保存すると、廃棄する食材もグッと少なくなります。

月々の食費2万円代も可能な買い物ルーティンのコツをお届けしました。この方法なら、食費を減らすだけでなく、買い物にかける時間や、食材の無駄な廃棄も減らすことができ、一石二鳥ならぬ三鳥にも。食費を減らせないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。