Large d5d282715c

PIXTA

地方移住ランキング2016年版! 九州は?

世の中の相場 みんなのおサイフ事情

2016年版の地方移住ランキングが発表されました。実は、九州は移住先として人気が高いことをご存じでしょうか。そんな九州の各県のランキングはどうなのか、九州が人を惹きつける魅力は何なのか、東京と比べた物価などをチェックしてみましょう。

■「地方移住」ランキングとは

地方移住ランキングとは、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターが2009年から「移住希望地域ランキング」として発表しているものです。これは、同センター運営の「ふるさと暮らし情報センター」の来場者を対象に、移住希望先を含めた地方移住のアンケートの結果を集計しています。

ふるさと暮らし情報センターへの来場者は年々増えています。面談やセミナー参加の来場者は、2011年の2,148人から2016年には2万1,452人と、5年間で約10倍です。このことから、地方移住を希望する人が着実に増えていることが分かります。

2016年版の地方移住ランキングでは、トップ3は東京と名古屋の間に位置する県に集中しました。それは、静岡県、長野県、山梨県です。長野県、山梨県は近年の1位争いのライバルになっています。静岡県は、2014年7位、2015年4位、2016年3位と人気上昇中です。

● 移住希望地域ランキング2016年版トップ3
1位 山梨県
2位 長野県
3位 静岡県

■九州は上位に位置、なかでも福岡はトップ

九州では、トップ20内に福岡県(5位)、大分県(7位)、長崎県(9位)、宮崎県(10位)、鹿児島県(13位)、熊本県(18位)がランクインしました。ここから、九州の人気の高さが分かります。

福岡県は、今回が初の全国トップ5入りとなりました。複数のメディアを活用し、福岡県移住・定住ポータルサイト「福がお~かくらし」、移住・定住ガイドブック「福岡移住読本」、移住プロモーション動画など、移住・定住を積極的に推進しています。

九州には移住に積極的な自治体が多く、大分県豊後高田市は宝島社『田舎暮らしの本』の特集企画「2017年版住みたい田舎ベストランキング」で、5年連続ベスト3に選ばれるなど、移住者受け入れの先進地になっています。

■九州の物価

移住先を決めるには物価は気になる要素の一つです。では、九州の物価は他と比べてどうなのでしょうか。

物価地域差指数によると、全国平均を100とした場合、1位の東京は105.2です。福岡県は97.0で44位と全国で3番目に低く、物価が安いことが分かります。さらに、宮崎県は96.1の47位と全国で最も低く、佐賀県が97.1の43位、大分県が97.5の40位など、九州は全体的に物価が低いのです。(総務省統計局「都道府県別消費者物価地域差指数(2013年平均)」より)

■九州に移住するメリット

九州への移住では、これまで述べたように物価の安さが大きなメリットといえます。しかし、物価の安さだけなら九州以外にもいろいろな場所があります。では、九州が移住先として選ばれる物価以外のメリットは何でしょうか。

九州の人は、外から来た人に対して歓迎してくれて優しいといわれています。また、気候が温暖なことも魅力の一つです。さらに、食の豊かさも挙げることができます。海の幸や農産物が豊富で、豊かな食生活を楽しむことができます。

名物の一例として、福岡の豚骨ラーメンやもつ鍋、佐賀のからつバーガー、大分のからあげ、熊本の馬刺し、長崎のちゃんぽんや皿うどん、宮崎のチキン南蛮、鹿児島の黒豚料理など、さまざまな食文化があります。

食や気候に恵まれている九州は、住むのに素晴らしい場所といえるでしょう。

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました