LIFE

天神、博多・・・通勤コースを使った “無意識ウォーキング”を続けると・・・

天神、博多・・・通勤コースを使った “無意識ウォーキング”を続けると・・・

pixta

目次

朝からすでに30℃以上という暑さが続く昨今、熱中症にもなりやすいので、ランニングなど負荷の大きい運動はちょっとお休みして、日常の隙間時間に少しだけ歩く、がんばらないエクササイズを始めてみませんか? 

無理せず歩く距離をかせぐなら、街中のビル群や地下街を使った“無意識ウォーキング”がおすすめです。

まずは毎日1,000歩プラスを目標に。

歩数の表示
pixta

厚生労働省は健康を維持するため、男性9,200歩、女性8,300歩は毎日歩くよう推奨しています。これは、成人男女が普段何気なく歩いている1日の平均歩数より1,000歩ほど多い数値。つまり、最低でも毎日1,000歩=約10分、距離にして600~700mは余計に歩くよう心がけたいところです。

さらに、ちょこちょこ短い距離を積み重ねるより、連続して長距離歩く方が身体活動量が増えるため、ダイエットにはより効果的だといわれています。

例えば天神地下街、端から端まで歩くと?

天神地下街降り口

そこでまずは福岡市民はもちろん、最近では国内外の観光客も多く訪れる福岡市中央区にある「天神地下街」に着目。

実は、南北に長く延びる地下街の端から端までがちょうど600mほどなんです。通勤途中や仕事帰りに、空調もきいた地下街をちょっと余計に歩いてみるだけなら、気軽に続けられそうです。ちなみに真ん中はイムズあたり。端までが遠すぎるときは、ここで折り返してもいいかもしれません。

雨でも気にせず歩けるのも、地下街の良さですね。

博多駅エリアは三次元で歩いてみよう!

JR博多シティ

九州一のターミナル駅、博多駅エリアも、無意識ウォーキングしやすい場所。「東急ハンズ」「博多阪急」「KITTE博多」、筑紫口側の「アミュエスト」と商業施設が、地上や地下でそれぞれ接しているので、通勤ついでに寄り道していると、あっという間に1,000歩以上歩けてしまいます。

例えば、駅の中央改札を起点にハンズの3階でコスメを物色してそのまま阪急側へ。2階からKITTEへ入り、1階や地下でおやつを購入。1階や地下を抜けて筑紫口側アミュエストで雑貨店をのぞきつつ、駅改札へ。東西南北と上下に三次元でウロウロするだけで、歩数計はすでに1,200歩。

本当にこんなに楽チンでいいの?とちょっと不安になるくらい、無意識のうちに歩けてしまいます。

がんばらないエクササイズで体を鍛え、さらに10日で1,800円節約!

歩く
pixta

さらに今年のように猛暑が続くと、エアコンの光熱費もかさみがち。そこで、都市圏の通勤や移動で節約ウォーキングに挑戦してみるのもおすすめ。

福岡市内は天神や博多駅、西鉄薬院駅周辺のバス運賃は100円定額ですが、その範囲を超えたとたん一気に90円アップします。バス停1区間の距離は、だいたい300m前後。もし100円区間外の近場で乗り降りするならば、行きと帰りで1停分歩くだけで目標の1,000歩も達成し、往復180円分、10日間で1,800円の節約にもなるんです。

※参考;西鉄バス路線案内

いかがですか? 運動しなきゃ!と肩に力を入れなくても、日常生活の一部分を徒歩に変えるだけで、お財布にも嬉しいエクササイズができるんです。

ぜひ明日から始めてみませんか?

※参考資料;厚生労働省ウェブサイト「身体活動・運動」

App store
Google play