LIFE

わたしのすきなブロカント

3万円でかなうコト

わたしのすきなブロカント

Sevaljevic/iStock/Thinkstock

目次

ブロカント、それはものを大切にし、長く使い続けるヨーロッパの文化から生まれた言葉で古道具のことです。匠の技術がさえるヨーロッパではものを長く使うのはあたりまえのこと。祖父母の代には家庭の中で主役だったものたちはいつまでも静かに暮らしの中に息づいている、そんなイメージと言えばいいでしょうか。物置を片づけていると大切に手入れされた道具が見つかることはありませんか?そんな昔ながらの道具をもう一度使ってみたくなったらそれはブロカントとの暮らしのはじまりです。

まだまだいっしょに暮らせる古道具たち

vichie81/iStock/Thinkstock

修理してもう一度使ってみたくなるような道具や家具との出会いが、その暮らしに落ち着いた質感をもたらすことがあります。とても古い家具、例えば痛んでしまった古いソファならファブリックを張り替えて、スプリングを修理するだけで座り心地も悪くない、でもアンティークよりさりげない家具に甦ることがあります。機能的でモダンなインテリアやシンプルな生活感を抑えた部屋づくりとは違った落ち着いた存在感が案外気に入ってしまうことはありませんか?模様替えしたくて新しい家具屋さんをまわるついでに、そんなブロカントを意識してみると案外すてきな雑貨や家具をみつけてしまうかもしれません。ちょっとした補修なら直してくれるショップもあります。

ガーデニングとブロカントで良質なコラボレーション

AshleyBrookeEdwards/iStock/Thinkstock

もともとの言葉の意味が、「美しいがらくた」だというブロカントですが、その言葉には長い間使い継がれてきたものへの愛着を感じます。室内にとどまらず、ガーデニングが好きな方におすすめしたいブロカントのジョウロやフラワーベースはいかがでしょうか。ブリキ素材のジョウロなら、色鮮やかな花の庭にもハーブのやさしい色合いの庭にも不思議となじみます。いつものお庭をブロカントがさらにお気に入りの懐かしい場所のような雰囲気にしてくれます。あるいは柔らかいフォルムの陶器のフラワーベースやポットを置いても土の温かみとの相性もいいのです。

ベンチのある部屋

お部屋のアクセントとしてブロカントを取り入れるなら、ベンチも使い勝手がよく意外とおすすめです。ソファとはちがって素材の固さがかえって、ティータイムや読書のときにフィットします。日当たりのいい場所におくとうたた寝してしまうかもしれません。ベンチの形を利用した収納タイプならひざかけやクッションなどをしまっておくとゆったり座りたいときに便利です。折りたためるベンチにすれば片づけるスペースも小さく済むので急なお客様でもさっと出しておもてなしの準備ができます。ソファとはちがう木の暖かみに触れながら、みんなで長話をしてしまうかもしれません。


ものを大切に長く使うヨーロッパの文化ならではのブロカント、まずはちょっとしたアクセントに雑貨などの小物からならチャレンジしやすく気軽に楽しめるでしょう。普段お使いの家具をちょっと変えてみたい、模様替えしたいそんなタイミングなら思い切ってブロカントの家具を取り入れてみてはいかがでしょうか。ブロカントは日常生活のなかにさりげなくなじんでくれる温かさがあります。お気に入りの椅子やテーブルを探しにインテリアショップや骨董市をのぞくとあなただけのブロカントの出会いが待っているかもしれません。

App store
Google play