MONEY

【FPが語る!】お金が貯まらない人必見!1年で100万円貯める具体的な方法とは

ためる 権藤 知弘

【FPが語る!】お金が貯まらない人必見!1年で100万円貯める具体的な方法とは

PhotoAC

目次

お金を貯める
PhotoAC

「1年間で100万円貯めた!」、良い響きですね。

現在、まったく貯金がない人は、まずは貯金100万円を目標にしましょう。100万円の貯金があれば、急な出費(病気やケガ・冠婚葬祭など)にも対応できるようになります。急な出費に限らず、転職や結婚、出産などでお金の心配をしなくて済みます。100万円の貯金はいろいろな選択肢を増やし、安心した生活を送るうえで強い味方です。

けれど、なかなかお金を貯めることができない人にとっては、100万円という数字は遠く感じられるかもしれません。

1)お金が貯まらない人の共通点

家計
PhotoAC

毎日のご相談のなかで「お金を貯める必要があると思ってはいるのですが、何かいい方法はありませんか?」という質問があります。この質問をされる方には、いくつか共通点があるようです。

貯まらない人              ⇔   貯まる人
お金の使い方が身の丈に合っていない       お金の使い方が身の丈に合っている
使って、残ったら貯金              先取り貯金、残りでやりくり
少額の出費も積もれば大きな出費         少額の節約の積み重ねで大きな貯金

「貯められる人」になるには先に貯金をして「残ったお金でやりくり」が必要です。まず、「自分の収入を把握し、貯金を確保できるだけの出費にとどめる」ことを意識し、身の丈にあったお金の使い方をすると、「貯められる人」に近づきます。

2)1年間で100万円貯めよう!

貯金
PhotoAC

これまでお金を貯めることが上手ではなかった人が、いきなりカンペキな計画を立て、貯金するのはハードルが高いと思います。家計管理をして、支出をチェック、無駄遣いがないか?あれもこれも節約できるでは?等々を行うと、おそらく「もうダメだ、やっぱり無理! 私には向いていない!」ということになりかねません。

「お金を貯める!」と決心したら、月5000円や1万円でもいいので、スタートさせましょう。このときに「どこの銀行の金利が高いか?」などは、考えなくても大丈夫です。

ステップ1. 仕組みを作る
「財形貯蓄」や「自動積立定期預金」を活用。毎月決まった額が自動的に貯金されていきます。毎日の生活は、振替後の残りのお金でやりくりします。またクレジットカードは、利用金額が把握しにくいので必要最低限に。カード決済は、銀行残高以上の利用ができないデビットカードに変えてください。

ステップ2. 口座は二つ
お金を貯めるときには「生活費口座」と「貯蓄用口座」の二つを活用。最初の100万円が貯まるまでは、二つの口座でお金を貯めましょう。いろいろ細かく分けるのは、100万円が貯金できてからで大丈夫です。

ステップ3. 小さな成功体験を積み重ねる
最初のうちは金利の違いを気にする必要はありません。ある程度まとまった金額が貯金出来たら、どこの金融機関が有利かを考えるという順番で十分です。最初は「財形貯蓄」「自動積立定期」、この二つの方法で「自分でも貯金ができた」という成功体験の方が重要です。

ステップ4. 身近な目標を決めて、増額を考える
毎月1万円。1年で12万円。これでは100万円は遠い道のりで、やっぱり貯金は無理!と考えてここで止めると、今までと変わりません。これまでの計画的な貯金ゼロだった生活と給与天引きで1万円足りない生活、始めてみて何か変化があるでしょうか?

何か変化はしている、でもそれほど生活に困っていない。そんな風に感じたら、貯金額を増やせるタイミングです。いきなり節約生活に入ってしまうとストレスで長続きしないばかりか、反動で衝動買いという事態も。無理のない範囲でムダを減らすようにし、浮いたお金は、すぐさま積み立て増額手続きをして、確実に貯金に回しましょう。

ステップ5. 100万円が見えたら、目標ごとに口座を分ける
1年で100万円貯める=毎月8万3000円の積み立てが必要です。これまで貯蓄ゼロだった人がすぐに準備できる金額ではありません。無理に1年で貯めようとせず、コツコツと2年でも3年でも継続していくことが大事です。その間に、毎月貯められるお金が本当はいくらなのかが見えてきます。


ここで過去のお客様の成功例をいくつかあげると、

・毎月3万円貯金している人が固定費(保険、携帯など)の削減で2万円貯蓄額を増やして、100万円貯めた

・もともと年間80万円の貯金ができていたご家庭で500円玉貯金を始め、ちりも積もれば山となるで、15万円を上乗せして100万円達成

・無駄遣いが多かったので、一カ月の予算を四等分し、4つの封筒で出納管理をした

・ボーナスもまず先取り貯金をして、それから使う

その他にもいろいろありますが、まずは始めてみることが大事です。

まとめ

さまざまな貯金計画
PhotoAC

100万円が見えてきても、そこがゴールではありません。さらに次の貯金計画を立てましょう。結婚資金・海外旅行資金・住宅購入の頭金にする等々、貯金の目標はいろいろあると思います。

目標が決まったら目標ごとの口座を作る、運用を取り入れてみる等が、貯金の達人への道となります。小さな成功体験の積み重ねが、大きな貯金への近道です。

App store
Google play