MONEY

カルロス・ゴーン逮捕で下がる日産の株価、売り時を逃す!【株投資7話】

ドタバタ!株投資ルポ うだひろえ

カルロス・ゴーン逮捕で下がる日産の株価、売り時を逃す!【株投資7話】

目次

こんにちは。マンガ家/イラストレーターのうだひろえです。

いや~、結論から申し上げますと、前回ピックアップした銘柄のどれも買っておりません。
どこも毎日チェックして上がったり下がったり、今なのかもう少しなのか…。チャートの形や決算の反応などを見て、「う~ん」と悩んでおりました。

▼関連記事
3日で5万円儲けたのに「株投資」が怖くなった理由【株投資6話】

株初心者が狙うべき「食品系株」の優待情報、おすすめ銘柄9つ

「日産自動車」株が下がり目なのに目移りして、951円で購入!

自動車
【画像出典元】「iStock.com/mevans」

11月20日、日産自動車会長カルロス・ゴーン氏逮捕のニュース。
11月21日、日産自動車の株価は前日終値1005.5円から940円まで下がり、終値950.7円。
ニュースはこのことで持ちきりでした。

私は車業界のことはあまり詳しくないですが、「日産自動車は高配当株」だということは知っておりました。
配当金は57円、株価1000円でも5.7%!「10万円弱で5700円ももらえる!!」急にワクワクしてきます。

しかし…「落ちてくるナイフは拾うな」は以前骨身にしみております。
問題はどこまで下がって、どこで反発するか。
いやそもそも戻ってくるのか。大丈夫なのか。

ネット上の反応は半々のように見えました。終わった、と悲観的な人もいれば、ニュースの内容的にそれほど株価に打撃はないのでは?という人も。
確かに、翌日株価は上がり、高値963.7円、終値954.1円。
夫を含む身近な人にも意見を聞いてみましたが、皆「すぐに回復するでしょう」と口をそろえてました。

私自身も、日産自動車ほどの企業、ブランド力もありすぐに戻りそうだとの印象でした。
なので、ニュース当日の940円が底だと踏んで登っている翌日22日に951円でポチッと購入。
その日の終値は961.5円。すでに10円プラス。ホクホクです。
1000円に戻ったら売ろうかな、いや9月には1100円もマークしてるからそれくらいいくかもなどと妄想して。

翌週26日から30日の1週間は上がったり下がったりしつつも上がり調子で。

完全に油断しておりました。

株価は1000円台に!上がり調子だと「落ちる」とは思えなくなった結果・・

12月3日。終値1006.5円。ついに1000円代!
ここで売るかどうするか、なのですが。
なぜでしょう。上り調子の中にいると、1ミリも「ここから落ちる」とは思わないんですね。

それが、翌日4日「ゴーン容疑者再逮捕へ」のニュース。グラッと下がり、それでも終値994.6円。
5日はまたグラッと下がるも少しぶり返して、終値995.2円。
このまま、また上がっていくと思っておりました。

そして6日、新たなニュース。「新たに不適切検査 リコールも検討」。
そのニュースが出た後場から株価はガクンと下がり終値973.5円。

それを見た私の反応。
「でも日産ってこういうの何度目かだし、またすぐ回復するのでは?」

売るタイミングを逸して、株価はマイナスに!今回も塩漬けか・・・!?

落ち込む女性
【画像出典元】「iStock.com/Poike」

なんのアクションも起こさず、これを書いてるのは2018年12月10日。
終値945.0円…。

マイナスになって気づく「なんであのとき売っておかなかったんだ!!!」

また塩漬け株が増えるのでしょうか?どうなる私!!! (半べそ)

▼関連記事
3日で5万円儲けたのに「株投資」が怖くなった理由【株投資6話】

株初心者が狙うべき「食品系株」の優待情報、おすすめ銘柄9つ

App store
Google play