MONEY

当てはまる?5問で判明「銀行で効率的にお金を増やす」タイプ別診断

ふやす 内山 貴博

当てはまる?5問で判明「銀行で効率的にお金を増やす」タイプ別診断

【画像出典元】「iStock.com/utah778」

目次

最近、貯金など自分の資産について何かしなければと考えながらも、気付いたら銀行の定期預金に置きっぱなし、という人が非常に多いように感じています。「あっ、私も」と思った方は、まずは自分がお金に対してどのようなタイプで、何から始めるべきなのか、整理してみてください。特に、退職金をもらう時や保険などの満期金がある場合はお金の知識が必要となるため、資産運用としてどのような方法や選択肢があるのか、あらかじめ知っておきたいところです。自分自身の方針がしっかり定まっていれば、何らかの行動に移せるはずです。今回はお金を増やすことについてのタイプ診断もありますので、参考にしてください。

カリスマFPおすすめ資産運用ベスト10、賢くお金を増やす方法も伝授

「この歳で貯蓄ゼロ!?」そんな場合に絶対やってはいけない3つのこと

1. 銀行に「普通預金」「定期預金」を預けたままになっていない?

お金が増える
【画像出典元】「iStock.com/Filograph」

そもそも私たちは利益よりも損失に敏感だと言われています。例えば、携帯電話会社より以下のような連絡があったとします。「来店しキャンペーン手続きを行えば、毎月200円相当通話料が安くなります」みなさんはどうしますか?

私は「時間がある時に行きます。」といいながら、ズルズル後回しにし、キャンペーン期間が終了といった具合になりそうです(苦笑)。しかし、以下のように案内が来たらどうでしょうか。

「数年全く使っていないサービスに毎月200円払い続けています。来店してサービス解除の手続きを行いませんか?」

この場合、私はできるだけ早く手続きに行くような気がします。損失に対して敏感になっている証です。

これを銀行の場合に置き換えてみましょう。「普通預金に預けたまま」にできるのは、損をしないという安心感があるからかもしれませんが、実は見方を変えると損をしているかもしれません。

例えば、増税を始め物価が上昇していても、預け入れしている金額はほとんど増えていませんよね?これは「価値が目減りしている」といいます。あるいは「機会損失」。別の選択肢を選んでいれば利益を得ることができたと考えると、「何もしなったことが損失である」とみなすことができるのです。

ご存知のように現在銀行の預金金利は超低金利。定期預金にしてもほとんど利息が付かない状況です。そしてどうやらこの状況がもうしばらく続きそうです。
普通預金は一定額にとどめ、それ以外を定期預金に預け替えをしているという人は少なからず行動に移しているといえるでしょう。でも、定期預金以外にもまだまだ選択肢があります。
「普通預金や定期預金に預けたままにしておくと、実質、損をしているのかもしれない。」という発想が次の行動につながります。ぜひ少し見方を変えてみてください。

1-1銀行でできるお金を増やす方法

では、まずは銀行でどのような方法(選択肢)があるのか確認しておきたいと思います。今や銀行は円預金や外貨預金をはじめとする預金や住宅ローンといった借り入れのみならず、さまざまな金融商品を取り扱う「金融の総合デパート」といった存在です。

株式投資をしたい場合、「証券会社」が真っ先に浮かぶ人も多いと思いますが、銀行でも「株式投資信託」を中心に投資商品を取り扱っています。そのため、「お金を増やす」ことに興味関心を持った場合でも、どういう方法があるのか、銀行窓口で相談することができます。

また、「保険に加入したい」場合も同様です。多くの銀行が各保険会社の代理店という位置づけで、終身保険や年金保険といった貯蓄性の高い保険商品からがん保険や医療保険などさまざまな保険商品を取り扱っています。保険を検討するためには、どれだけ貯蓄があり、どのような投資をしているのかといった総合的な視点が重要となります。

1つの銀行で「お金を増やす+リスクに備える」ことを同時に検討できるのは、私たちにとって大変便利です。外貨預金も以前より通貨の種類が増え、両替コストも下がり、私たちにとって利用しやすい傾向にあります。グローバル化が加速する中、通貨も日本円のみならず分散して持っておくことには意味があります。

ゼロ金利やマイナス金利といわれる日本より金利の高い国もありますし、外国為替の動きに応じてさまざまな特約が付いた外貨預金もあります。海外旅行や海外生活に憧れを持っている人などは今のうちからコツコツ外貨を積み立てるというのも1つの方法ですね。

こういった金融商品に加え、iDeCoやNISAといった国が推奨する制度も対応してくれます。iDeCoやNISAは税制メリットの大きい、いわば資産運用の枠組みです。大きなフレームのしっかりと固定した中で資産運用を行うことで、老後の準備などを効率よく行うことができます。

1-2どの銀行に預けたら、よりお金が増えるの?

一般的な銀行のケースを紹介しましたが、では、具体的にどの銀行にお金を預けるといいでしょうか?よりお金が増える手段を提供してくれる銀行もどこなのか、気になりますよね。

私はFPとして長年活動していますので「最も優れた銀行を知っています!」と得意げに伝えたいところですが、残念ながら「ズバリこの銀行です。」ということはできません。「あなたの状況次第」というところでしょうか。

ネット専業の銀行は店舗を持たない分、やや金利や手数料で優れているといえます。ただ、私たちの多くは投資や金融商品などに詳しくなく、特に専門用語などについて難しいと感じている人が多い現状にあります。

以前私は全く音楽経験が無い中でギターを購入しようとしたことがありますが、ネットで検索して楽器の違いが全く分かりませんでした。音楽に造詣の深い人であれば容易なことも、初心者にとってはかなりハードです。おそらくは楽器店に出向く方が初心者向けのギターを購入することができるはずです。

銀行も同様で、「iDeCo口座を開設し、自分の月額限度額の範囲内でややリスクの低い投資商品で積み立てる」といったことを1人でスムーズにできる人は、ネット銀行も候補にしてください。そうでない場合は最寄りの銀行、親切で詳しい行員がいる銀行など、実際に銀行に足を運んでみることをおすすめします。

2. あなたの「お金を増やすこと」に対するタイプを診断

ではここで、銀行を上手に活用しお金を増やしていくために、以下5つの質問を行いたいと思います。〇の数を数えてください。

・月々3万円以上の貯蓄ができている。または当面使わないお金が100万円以上ある
・病気や失業に備えて会社からもらう給料以外の収入があればいいなと思ったことがある

・「リタイア後はいろんな国に旅行をしたい」など大きな夢や目標がある
・TVや新聞で毎日のようにみかける「日経平均」や「ドル円レート」について興味があり、もう少し詳しく知りたいと思う。または日々チェックする習慣がある
・「物価が1年間で2%上昇、その期間中の利回り(リターン)が1%の場合、金融資産が目減りしている」という意味が分かる

2-1. 〇が0~1つ タイプA「堅実・安定志向タイプ」

タイプAの人はリスクを取ってお金を増やすというタイプではない、または、そのタイミングではないといえそうです。まずはコツコツお金を貯めながら、積極的な資産運用の方法、必要性などを学ぶことから始めてください。

2-2. 〇が2つ~3つ タイプB「運用に興味はあるけど始め方が分からないタイプ」

タイプBの人は資産運用に興味があり、一時金での運用または積立運用を開始するタイミングにありそうです。ただハイリスクな運用には抵抗を感じるかもしれません。リスクを抑えながら、一定のリターンを長期的に得られるような資産運用方法を選択してください。

2-3. 〇が4つ以上 タイプC「多少リスクはあってもお金を増やしたいタイプ」

タイプCの人は積極的にお金を増やすことに興味があり、投資のリスクについても理解がありそうです。将来を考える上で資産運用と向き合うことは重要ととらえ、リスクを取ることにそれほど抵抗を感じること無く、長期的にお金を増やす方法を模索しているのではないでしょうか。

3. 「お金を増やすこと」に対するタイプ別おすすめ商品

ハテナマークの紙袋をかぶった人物
【画像出典元】「iStock.com/oatawa」

3-1 タイプA ~堅実・安定志向タイプ~

現時点ではリスクを取ってお金を増やすということに関心が無いかもしれません。よって、普通預金や定期預金でコツコツお金を貯めていくことが中心となりそうです。ただ、多少リスクはありますが、世界の主軸通貨でもある米ドルを中心に少額から外貨預金を始めてみるのもよいかもしれません。

3-2 タイプB ~運用に興味はあるけど始め方が分からないタイプ~

まずは「iDeCo」や「つみたてNISA」といった税制メリットのある制度を活用してみてください。iDeCoであれば元本確保型や低リスクのファンドで積み立てることが可能です。まずは始めてみて、実際に積み立てながら「お金を増やすためにはどのようなファンドが適しているのか?」と他の運用商品のリスクやリターンをチェックしてみては。

3-3 タイプC ~お金を積極的に増やしたいタイプ~

投資の必要性、投資についての知識や経験を有しているため、余剰資金はお金を増やすための資金として株式や株式投資信託で運用してください。リスクとも上手に向き合い、相場が軟調なとき、株価に割安感があるときなどは買い増しを行うといったこともできそうです。

4.銀行でお金を増やす方法はいろいろある

今回「銀行でお金を増やす」というテーマで見てきました。一定年齢以上の人にとって銀行は「お金を預け守るところ」という印象が強いかもしれませんが、今の銀行はさまざまな金融商品や投資方法を提供してくれます。

「お金を増やす」ということは「リターン」と表現されることも多く、そしてそのリターンにはリスクがつきものです。リスクは価格変動のことを意味します。価格変動が大きいほど高いリターンも期待できるため、自分自身がどの程度のリスクが取れるのか、どれくらいのリターンが欲しいのか、こういったことを銀行で相談しながらお金の管理をしてください。

インターネットサービス、土日の相談会、セミナー、個別ブースでの相談など、銀行が提供するさまざまなお金に関するサービスをフル活用して、ぜひお金の達人を目指してください。

カリスマFPおすすめ資産運用ベスト10、賢くお金を増やす方法も伝授

「この歳で貯蓄ゼロ!?」そんな場合に絶対やってはいけない3つのこと

お金を貯める・増やすことについてのQ&A

Q.教育費準備のために多くの人は学資保険に加入するようですが、必ず入るべきですか?
A.学資保険に加入するかどうかは任意です。十分な保険(保障)があるのであれば、その他の手段も検討できます。要は、高校や大学入学時に向けて上手にお金を貯める、多少リスクが取れるのであればお金を増やしながら貯める、ということが大切なので、目的に合った金融商品を選んでください。

Q.保険に加入し過ぎのようで、貯蓄ができない状況です。保険を見直すべきでしょうか?
A.優先順位の低い保険は解約を検討し、その分を定期預金など貯蓄に回してください。現預金はさまざまな状況に応じて使える資産ですが、保険は「一定期間中に一定の条件を満たした時」に機能するものです。預貯金がある程度充実していれば、一定のリスクにも対応できます。保険が過剰で貯蓄ができない状態からは早く脱してください。
 

App store
Google play