お金

ふるさと納税返礼品でお中元はアリ?申込みするなら今!

ためる

ふるさと納税返礼品でお中元はアリ?申込みするなら今!

【画像出典元】「ニシヒロユミ-shutterstock.com」

ふるさと納税をお中元にするという裏ワザを知っていますか?ちょっとしたコツや注意点に気をつければ、少ない負担で良い品物を贈ることができます。お得にお中元を贈りたい方、必見です!

ふるさと納税を使ってお中元を贈る方法とは?

ノートPCの画面を指差しながら歓声をあげる女性と、横にいるクレジットカードを持つ男性
【画像出典元】「Drazen Zigic - shutterstock.com」

好きな自治体に寄付をすることで、所得税の還付・住民税の控除が受けられ、返礼品がもらえるふるさと納税。返礼品には全国の特産品やおいしいものが目白押しで、実際に届いた商品に感動してハマる人が続出です。

この名産品を家族や友人など親しい人にも贈りたい!と考える人は多いはず。お中元にできれば最高ですね。

実は、ふるさと納税各種ポータルサイトでは、ギフト・のし対応ができる返礼品を選ぶことができます。お中元などのシーズンには贈答用の特集ページが用意されるサイトもあります。

これらを利用すれば、のし付き・配送先指定可・日付指定可などの返礼品の中から簡単に選べて、発送元を自分の名前にすることも可能。お中元として直接贈ることもできるのです。

ふるさと納税でお中元を贈る際の注意点

桃
【画像出典元】「starmix - stock.adobe.com」

「相手に返礼品だとバレないの?」と心配になる方もいるでしょう。

確かに自治体の返礼品ですから、きちんとした包装などには対応しておらず、のしも簡易のしがほとんどです。返礼品だということがわかってしまう可能性は大。

そこで、お中元として贈る際の注意点を確認しておきましょう。

目上の方には贈らない

どんなに上等なものでも、会社の上司や仲人など、失礼があってはならない方には返礼品は贈らない方が無難です。一度自宅に送付後、改めて発送しなおすという方法もありますが、やはり返礼品をお中元として送るのは、家族や親しい友人など、気の置けない関係の方向けです。

配送に気を配る

一部できるものもありますが、配達日の指定はできないことがほとんどです。ただし自治体から発送の連絡メールなどはもらえるので、それが届いたら先方に連絡を入れるようにすれば安心。

お中元の時期

地方によって、お中元を贈る時期が異なる点にも注意が必要です。(例:関東は7月上旬、九州は7月下旬~など)返礼品なのでちょうどその時期に届けられるとは限りません。遅くなったり早まったりするようであれば、先に知らせておくのがベスト。

また、申し込んでから到着までは時間がかかるので、4~6月頃の早めの申し込みをおすすめします。

お中元に贈りたい!おすすめ返礼品

肉
【画像出典元】「show999 - stock.adobe.com」

お中元におすすめなのは、やはり食品。地域自慢の名産品は、味も鮮度も抜群です!

ふるさと納税といえば、大人気の肉類。上質なブランド肉には特別感があり、喜ばれること間違いなしです。ただし冷凍のクール便がほとんどなので、先方への事前連絡をお忘れなく。

フルーツ

産地直送フルーツの新鮮さや美味しさは感動もの。特にシャインマスカット・マンゴー・さくらんぼ・桃・メロンなどの高級フルーツがおすすめ。近所のスーパーの商品とはひと味もふた味も違います。ただし発送されるのは収穫時期で、賞味期限も長くはないため注意しましょう。

お酒

工場のある地域の自治体などは、ビールを返礼品にしているところもあり人気です。お中元の定番ビールなら外れなしで安心。珍しい地ビールなども喜ばれるかも。

またワイナリーや日本酒の蔵元がある自治体も多いので、先方の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう。

生ものでなければ、早めに申し込み一旦自宅で保管しておいて、お中元の時期になって自分で発送するという方法も良いでしょう。

各種ポータルサイトで、ぜひチェックしてみてください!

楽天ふるさと納税

ふるさとチョイス

さとふる

ふるなび
 

今回はお中元の品として紹介しましたが、ちょっとしたお礼などにもふるさと納税はおすすめ。「去年食べておいしかったから!」などと気軽に贈ることができるので、相手に気を遣わせずにすむというメリットもあります。贈答にふるさと納税、ぜひ一度試してみませんか?