くらし

【夏のダメージでシミ・シワの危機】 9月の肌をどうケアする?

0円でかなうコト 池上 公香

【夏のダメージでシミ・シワの危機】 9月の肌をどうケアする?

maroke/iStock/Thinkstock

朝晩少しずつ涼しくなり、なんとか今年も猛暑を乗り切った・・・とホッとしたのもつかの間。なんだか肌がゴワゴワして、シミやシワも目立ってきたような気がするという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな9月の肌のお悩みを自宅で簡単に解決する方法を、“セルフケアの達人”池上公香さんにお伺いしました。

 肌の敵は「紫外線」だけじゃない!? 9月の肌が老けるワケ

シミのある肌
Manuel Faba Ortega/iStock/Thinkstock

しっかり紫外線対策をしたはずなのに、シミやシワが目立つと感じるのは、実は代謝が落ちているせいかもしれません。

紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが発生しますが、通常であれば古い角質と一緒にはがれて排出されます。

ところが、年齢や生活習慣の乱れ、疲れなどの影響で代謝が落ちると、そのリズムが崩れて肌に蓄積され、シミやシワ、くすみの原因となるのです。

毎日のバスタイムを利用して、手軽に賢く「代謝アップ」を!

のんびりとバスタイム
julief514/iStock/Thinkstock

特にこれからの季節は気温が下がってくるため、体も冷えやすく、代謝が悪くなって肌トラブルの要因になります。

そこでぜひ毎日のセルフケアに取り入れていただきたいのが、手軽に体を温めることができる「お風呂」です。

シャワーで済ませていたのを、湯船に浸かるようにするだけでも、血行が良くなり、代謝アップにつながります。汗と一緒に汚れや老廃物も流れやすくなるので、簡単に全身ケアができるんです。

さらに、池上さんがすすめるのが、全身をじっくり温めることができる「半身浴」。38~40℃程度のお湯にをみぞおちの下あたりまで張り、20分ほどゆっくりと浸かります。

その際、お風呂の蓋を途中まで閉じれば湯船の蒸気が逃げません。100円ショップで売っているヘアカラーをする時などに使用するケープを使うのもオススメです。

池上さんはこの入浴方法を続けながら生活習慣の見直しなどを行ったところ、全身がツルツルになっただけでなく、大幅なダイエットにも成功したのだとか!

湯船に浸かる時間がとれないときは、顔を洗う前に蒸しタオルで顔全体を温めたり、お湯を沸かすときに顔に蒸気をあててみたり、といったちょっとした工夫をするだけでもOK。肌が温まって毛穴が開き、汚れが取れやすくなるのだそう。

今までやっていたあのケアが、実はNG?

スクラブ洗顔料
cordimages/iStock/Thinkstock

また、肌のゴワつきやくすみが気になるときにピーリングを取り入れる方が多いですが、それはちょっと待って!

「古い角質をとり除き、新しい角質層が表面に出てくるので、ピーリングの後は手触りもツルツルになります。でも、それは自分自身の肌の力ではないため、根本的な解決にはなりません。」と池上さん。

特に、刺激の強いピーリング剤やスクラブ洗顔料などを使うと、夏バテ気味の肌にかえってダメージを与えてしまうことも。

さらに、古い角質を取り去って、むき出しになった新しい肌が、乾燥や紫外線など外からの刺激にさらされることになってしまうため、注意が必要です。

外側と内側、両方からの「保湿ケア」が大切!

グラスに水を注ぐ
Hyrma/iStock/Thinkstock

そして、やっぱり大切なのが、スキンケアの基本である「保湿」です。

お使いになっている化粧品や肌質などにもよりますが、池上さんは季節によって保湿力の高いクリームやオイルをプラスするのではなく、いつも使っているものをたっぷり重ね塗りするなど、量を変えることで肌を整えているのだとか。

あれこれ買い足すのはお財布事情としてもなかなか難しいもの。手持ちのアイテムでいいなら今すぐ始められてお財布にも優しいので一石二鳥です!

また、毛穴は下向きになっているため、化粧水をつけるときは、下から上へ、ハンドプレスするようにしてつけるとよいそうです。

さらに、外からだけでなく、内側からの保湿もうるおいアップのポイント。夏場は意識しなくても水分をよく摂りますが、だんだん涼しくなってくると、摂る量が自然と減ってしまいます。

人間は、「喉が渇いた」と感じた時にはすでに体内の1%の水分が失われた状態だとか。渇きを感じてから水分を摂るのではなく、1日の習慣として1.5~2リットル程度の水分を摂るように心がけましょう。

プラス軽めの運動で、秋からのキレイに差が付く☆

歩く
kieferpix/iStock/Thinkstock

また、プラスケアとしてオススメするのが、ウォーキングなどの簡単な運動です。

気温が下がってくると、どうしても汗をかく量も減ってくるし、体温も下がり気味に。ただ、涼しくなった分運動などもしやすくなるため、軽いウォーキングなどを取り入れれば、代謝アップを図れます。

忙しくて時間がとれない、なかなか運動は続かない・・・という方は、通勤やお買い物の際に、バス停1つ分を歩いてみるだけでもOK。いつでもどこでも始められて、道具もお金も必要ありません。


これなら、運動が苦手な方でも簡単に続けられそうですね! 「代謝アップ」や「保湿」も今日からできることばかり。早速実践してトラブル知らずの肌を手に入れてはいかが?

App store
Google play