LIFE

女4人インド旅、アウランガバードのアジャンタ・エローラ石窟寺院

20万円でかなうコト 永田 知子

女4人インド旅、アウランガバードのアジャンタ・エローラ石窟寺院

目次

ヨガ講師の妹のインド通いについて行き、ここ数年家族旅行はインドです。旅行ライターの永田知子です。

今年の夏休みの家族旅行も、もちろんインドでした。ちなみに年末の旅行もインドでした。その前は去年の3月。とにかく、インドざんまいです。今回の旅は12日間、総額は一人約20万円。それを3回に分けてご紹介する予定です。

旅のメンバーは女ばかり、上が74歳(母)で下は9歳(姪)、40代の妹と私の4人。福岡空港から、中国東方航空にて上海浦東空港で乗り継ぎ、デリー空港へ。(往復航空券で上海経由は約4万円~、成田経由は約8万円~。上海では出発が遅れることもあります)

デリーで一泊後、国内線でまずオーランガバード(アウランガバードと表記されることも)へ向かいました。そこは世界遺産のアジャンタ、エローラ石窟群の観光の拠点となる街です。

▼関連記事
女4人インド旅、ムンバイの5つ星ホテル・タージマハルパレス

女4人インド旅、ジャイプールを街ブラ!グルメ&ショッピング事情

アウランガバードにある世界遺産 エローラ石窟寺院

5世紀から10世紀の間に、仏教→ヒンドゥー教→ジャイナ教の順に34窟もの石窟寺院が、岩山を掘り出して(!)作られています。異なる宗教の遺跡が同じ場所にあるのは珍しいらしいけど、さまざまな宗教が混在しているインドだし、自然な気もします。

ガイドさん曰く見学の順番は、エリア内のバスで行くジャイナ教→仏教→最後に中央のヒンドゥー教の流れがオススメ。

うん、確かにそうでした。

​ 女神像

ジャイナ教の石窟入口で、女神像のおっぱいが見事につや光り。まあ、触りたくもなるかもね。

仏像

仏教寺院第10窟には、立派な仏像がありました。自ずと、合掌。  

寺院

エローラのいちばんの見所、第16窟のヒンドゥー教寺院。このテッペンから岩山を掘って、この形にしたらしいのですが…

寺院

壁を見ると彫ったようでもあるけど、その大きさに驚きます。インド人のおじさんも「まじかよ・・・」って顔してる。  

像

シヴァ神の住むカイラス山(須弥山)をイメージして彫られたそうです。下の方には寺院を支えるたくさんの象。こんな言い方も上から過ぎてなんだけど、とても良くできてると思いました。

凄いよ、ここは。

ちなみに。

エローラは、エロティックな像があるからそんな名前になったと、高校で教わったように思っていましたが、そうじゃなかったです。ふくよかな女性像や夫婦像から感じるのは「生」や「営み」。インドのガイドさんも「エロじゃないよー、神聖なものなの」と。もともとの地名でした。

世界遺産 アジャンタ石窟群、紀元前の遺跡に衝撃

1819年、虎狩りに来たイギリス人によって発見されたアジャンタの遺跡。作られた時期は前期(紀元前2世紀~後2世紀)と後期(5~7世紀)に分かれます。その後にエローラが発展したので、後期の石工さんたちがそっちに流れたと見られているそう。観光のベストシーズンは11~2月だそうですが、私たちの行った雨期の8月もなかなかでした。

なぜなら、デカン高原に緑があふれていたから。 

デカン高原

緑に包まれたデカン高原。綿の産地と、地理で教わりましたね~。  

アジャンタ石窟群

アジャンタ石窟群は、馬蹄形の渓谷の岩肌に彫られていて、全部で26窟あります。ここまで来るのに階段がそこそこあるので、母はカゴ、ではなく椅子を担いでもらい上りました。

蓮華手菩薩

第1窟の、アジャンタで最も有名な、蓮華手菩薩。法隆寺の壁画も影響を受けたそうです。天井までびっしりと描かれ、中には天然石ラピスラズリの青がはっきりと確認できるところも。

真っ暗な石窟の中で、これだけの絵を、どうやって描いたのだろう?

落書き

発見したイギリス人、ジョン・スミスさんの落書き。まぁ、残したくもなるかもね。  

天井

ドーム型の天井や左右の円柱が、さまざまな文化の交流を想像させます。ここで「世界はつながってるな~」と感動しました、私。

涅槃像

26窟の涅槃像。

涅槃像は、お釈迦さまの入滅の姿をあらわした仏像だそうです。1窟では出家の様子が描かれ、最期の26窟で入滅。お釈迦さまの一生涯が描かれているのが、アジャンタなんですね。そこまでは授業で聞かなかったと思う、覚えてないけど。

高校の世界史で知ったアジャンタ、エローラ石窟群。

実はその頃から、いつか行きたいと思っていた場所でした。実際に行くとその場を全身で感じようと感覚が鋭くなって、それがとても心地良かったです。その時間は私にとってまさに、プライスレスでした。

あなたの、「いつか行きたい場所」はどこですか?


次回はムンバイの高級ホテル編です。もう少し家族旅行らしくなります(笑)

※アジャンタ、エローラ入場料:外国人はどちらも500ルピー。地元の方と外国人で、入場料が一桁違うことはよくあります。
※1ルピーは約1.7円(2017年9月現在)。インドルピーは日本国内で両替できないので、デリーに着いたら空港でいくらか両替を。クレジットカードは都市のホテルなどで使えますが、ちょっとした支払に現金は持っておいた方が良いです。

 

▼関連記事
女4人インド旅、ムンバイの5つ星ホテル・タージマハルパレス

女4人インド旅、ジャイプールを街ブラ!グルメ&ショッピング事情

App store
Google play