LIFE

趣味人File#01「愛するサボテンに300万円」

趣味とわたしとお金

趣味人File#01「愛するサボテンに300万円」

目次

お金は、あればあるだけよく、貯めれば貯めるほどよいというものではない。やはり使いみちがあってこそ、本領を発揮するものだ。趣味の世界に、情熱と時間と、そしてお金を費やしている人たちがいる。その幸せなお金の使いみちを聞いてみた。

今回の趣味人:植物コレクター・益田日向さん

室内の様子

植物沼に落ちるまで

もともと母親がガーデニング好きだったため、生まれてから植物は身近にあったのですが、ある時サボテンに出会ったのが、植物沼に落ちるきっかけでした。「どうしてこんなに不思議な形をしているんだろう?」と調べてみると、サボテンはCAM型光合成という仕組みでエネルギーを合成していて、昼間に気孔を開く必要がないために、大きな葉が必要なく、トゲトゲの形状になること。さらに過酷な乾燥にも耐えることができるということを知りました。

この機能と形が一致していることのおもしろさにハマって、サボテンを入り口に多肉植物にすっかり夢中に。手軽に行けるナーセリーで隅から隅まで眺めては、自分好みの個体を見つけては家に連れ帰り、オークションサイトでユニークな個体を見つけては落札し…。あっという間に50鉢くらいに増えていました。

植物のここがおもしろい

よく「過去に植物を枯らしてしまって、育てる自信がない」という人がいます。気持ちはわかりますが、植物は、枯らしてしまう経験を積み重ねて、少しずつ育てるコツをつかんでいくものだと思っています。
植物の師匠から「初心者は3鉢買え」と教わりました。2つが枯れたとして、残った鉢との比較によって、なぜ枯れたのか、反対になぜ生き残ったかの条件を検討していけば、植物を育てるのが少しずつうまくなっていくからだそうです。日当たりの差、水やりの頻度、部屋のどの場所に置いていたか、などによって育ちかたが全く違ってきます。
生き物を相手にしている予測不能さ、意外性を感じられるのが、植物のよさですね。

心に残る植物、大好きな植物

レアなものを求めるというタイプの愛好家ではなく、自分の心が動くものを手に入れたいタイプです。どういう植物に惹かれるのかな?と考えてみると、どうやら「失敗を乗り越えてきた個体」や「ストーリーがある個体」が好みのようです。

例えばこれは、生育環境が過酷だったのか、根元の方が木質化してしまい、それが個性になっていて好きな一鉢。この歪んだ形も、キャラクターがあっていいと思いませんか?

これは金晃丸というサボテンですが、一般的なものに比べて足元が広がってユニークな形に育ちました。こう育ってみると特別な鉢のように見えますが、実は元はナーセリーの片隅で枯れかけの500円で投げ売りされていたものを集めて寄せ植えにしたもの。それがこんな変化を遂げてくれるのも、植物のおもしろいところです。

植物で失敗したこと

一時期どんどん鉢が増えてしまい、自宅なのに150鉢を越えてしまったことがありました。さすがに一鉢一鉢に目が行き届かなくなり、さらに本業のグラフィックデザインの仕事が忙しくなり、自分を生かすのが精一杯になって、気付けばたくさんの植物を枯らしてしまいました。いつのまにか、何が原因で枯らしてしまったのかもわからないありさまで、その時は落ち込みました。

趣味がきっかけで

自宅で育てられる量の限界を感じていたところへ声をかけていただき、「清川リトルプレイス」に植物を移し、そこでお店をやった時期もあります。同時にデザインの仕事の拠点も移し、ここで店番しながら仕事ができればいいやとのんきに考えていましたが、思った以上にお客さんが来てくださって。うれしい誤算でした。植栽の依頼や、アパレルで販売するための植物のディレクション依頼を受けるなど、植物が仕事になりそうな時期でした。
ところが仕事となってくると、「好きで欲しい植物」と「ある程度効率よく売れる植物」のギャップが気になってきました。やっぱり好きで育て始めたものなので、クオリティを妥協することに疑問を感じてきました。いまでは固定店舗は持たず、たまにポップアップショップができたらいいなと思っています。

清川リトルスタンド
【画像出典元】「HINATABOTANICA Instagram

※「清川リトルプレイス」でお店を開店した頃の写真

植物に費やしたお金

のべ300万円くらいでしょうか。この金額には、お店の内装などに使った100万円くらいも含まれています。
限られた収入をいかに植物関係に回すかを考え、業務用スーパーで食品を大量に購入。食費を極力減らすことに取り組みました。そのための専用冷凍庫もあります(笑)。

植物を趣味にしたい人へ

植物を趣味にすると、日々のいろいろなことを感じやすくなります。天気や温度、風の流れや日当たり。植物を取り巻く環境に敏感になると、毎日がより豊かに感じられますよ。
日々忙しくて時間がないという人には、サボテンはおすすめです。2週間に一度くらいの水やりで、こんなにキャラクターの強い同居人ができるのだから、いいと思いませんか?

日向さん
【画像出典元】「益田日向Bluebook

益田日向さんInstagram
益田日向さんBluebook

▼関連記事
ズボラな私でも、上手に育てられる植物ってありませんか?

プロに聞いてみた。インテリアとしてオススメの植物は?

App store
Google play