LIFE

癒されたい方必見!100万円の価値ありホームシアター☆

100万円でかなうコト

目次

ホームシアターは、今や誰でも取り入れることができる映像や音の楽しみ方です。今回は、100万円の予算を費やしたくなるほどの、価値ある極上のシアタールームについて調べてみました。忙しい毎日を過ごす方にこそオススメしたい、自宅で楽しむ究極のリラックス空間・・・。癒されたい方必見です!

イマドキのホームシアターは?

技術は進化し、デジタル放送の普及やテレビの大型化などにより、設置や接続が簡単な「ホームシアターセット」が普及されつつあります。
大型テレビのそばに置いて手軽に迫力あるサウンドが楽しめるよう、AVアンプとスピーカーがセットになっていて、手軽にホームシアターを楽しむことができるようになっています。
さらに最近は、もっと手軽なテレビラック型のもの(テレビ台にフロントスピーカー・アンプ・重低音用のサブウーファーを内蔵)や、テレビの前に置けるスリムなバータイプのもの(壁面の反射を利用して後方スピーカーの成分を耳に届ける)などが登場しています。
価格もかなり低価格(10万円以下)で、リビングでも全く違和感なく楽しめるようになりました。

しかし、ホームシアターの醍醐味である、臨場感あふれる全身を包み込むようなサウンドと、映画館並みの迫力ある大画面を味わいたいならば、やはり高級システムが必要です。
100万円を費やすだけの価値あるホームシアターをみていきましょう。

本物のシアタールームとは!

オンキヨー&パイオニア(株)

シアタールームの臨場感は、実はチャンネル数で大きく違ってきます。チャンネル数とはスピーカーの数です。フロント左右のスピーカーで2chのステレオ。重低音のサブをプラスして2.1chです。
大人が目指すホームシアターでは、やはり5.1ch~7.1ch欲しいところ。5chとは、フロント2chにセンタースピーカーを加え、リアスピーカーをふたつプラスした形です。
7chはさらに真後ろにふたつプラスされます。DVDは5.1chの収録ですが、ブルーレイは7.1ch。より本格的に映画を楽しみたいならば、7.1chが理想です。
つまり本物のシアタールームの臨場感を出したいなら、実際に前後左右にスピーカーを設置する必要があります。

高級なホームシアターに必要なものは?

一般的に、高級ホームシアターに必要なのは以下の設備です。

1:100インチの電動スクリーン
2:フルHD対応液晶プロジェクター
3:5.1chシステム(天井埋込スピーカー5本&置型サブウーファー)
4:サラウンドアンプ

これらを設置し、配線一式とプランニング、施工一式を加えると、トータル100万円かければ完成です。
こだわりは大型TVではなく100インチのスクリーン。それに見合うシステムとなると、プロジェクターもアンプもそれなりのグレードのものが必要になってきます。
さらにリビングをすっきりさせるためには、天井埋込スピーカーがマスト。工事が必要ですし、まずはプロに相談してみましょう。
福岡市内にある、ホームシアターを扱う業者をご紹介します。実際にショールームなどで体感してみてください。きっと100万円の価値を実感できることでしょう!

ホームシアター専門店 EioN

http://www.eion-sys.com/index.html

福岡市中央区天神5-7-2 天神DSビル3F

株式会社アバック(ホームシアター福岡店) ※福岡マリナ通り店もあり

https://www.avac.co.jp/contents/fukuoka_.html

福岡市博多区博多駅東1-14-25 新幹線ビル2号館1F


予算100万円でかなえる憧れのホームシアター。本当に満足できる空間は、お金には代えられない大切な時間を、生み出してくれる価値ある場所になることでしょう。心おきなく楽しめる贅沢なひとときを、ぜひあなたも手に入れてみませんか?

App store
Google play