MONEY

20代の80%以上が「本命チョコを渡す」と判明【アンケート結果発表】

みんなのお金感覚

20代の80%以上が「本命チョコを渡す」と判明【アンケート結果発表】

目次

みなさんからいただいたアンケートの結果を公開する「みんなのお金感覚」。
今回のお題は、「2019バレンタインの本命チョコいくらかける?」です。彼氏に渡す本命チョコなら手作り派も多い模様。人気レシピで手作りしたり、おしゃれなラッピングをしたり、さまざまな工夫できる上に金額を抑えられるのが人気の秘密かもしれませんね。

▼関連記事
今年はリッチに! 福岡ならではの特別なチョコで感謝を伝えたい♪

どれをお取り寄せする? 世界が認めた高級チョコレート3選

アンケート結果の発表です!

本命チョコにかける金額円グラフ
 
バレンタインの本命チョコにかける金額について、全体の割合をみると、最も多いのが「1000~2000円」で24%、次に「2000~3000円」が21%となりました。この「1000~3000円」が約半数を占めています。

また、本命チョコは「手作り」派が17%。「チョコはあげない」派も17%となりました。

年代別の棒グラフ

では、年代別で違いがあるのでしょうか?

まず、「チョコはあげない」派は、60代以上が58%、10代が32%と多くなっています。これには、10代と60代以上は、「本命チョコ」というよりは、「友チョコ」や「家族チョコ」のような別のバレンタインの楽しみ方をしていることが考えられます。

「本命」が欲しいorいる20代から50代は、「本命チョコをあげる」人の方が多いです。

「手作り」派は20代が30%と、他の年代よりも高くなっています。節約にもなりますし、本気度も見せられる、という感じでしょうか。また、年代的にSNS利用率も高い傾向にありますから、SNSも意識しているのかもしれません。

30~50代はチョコを購入して渡す方が多いですが、全体の結果の通り、「1000~3000円」の価格帯が約半数という結果でした。

最近では、SNSなどでチョコレートのレシピやラッピング術がたくさん紹介されており、「手作り」の楽しみも増えています。お金をかけずに可愛いチョコをつくることもできます。
チョコや甘いものが苦手なパートナーには、お酒やプレゼントをあげる人もいますよね。
また、本命チョコだけでなく、友チョコ、家族チョコ、自分チョコなど、チョコレートの楽しみ方も多様化しています。
今年のバレンタインは、あなたならどんな風に楽しみますか?

それでは、次回「お財布に入っていると安心する金額は?」をお楽しみに!

【調査概要】
・アンケート期間:2019年1月7日~15日
・対象者    :Wallet+アプリ内の募集記事にて実施
・有効回答数  :806名(女性)
・回答者内訳  :10代19人、20代236人、30代261人、40代168人、
         50代103人、60代19人

▼関連記事
今年はリッチに! 福岡ならではの特別なチョコで感謝を伝えたい♪

どれをお取り寄せする? 世界が認めた高級チョコレート3選

App store
Google play