MONEY

間違う人多数、「給与と給料」の違いは?素早い手取りの計算法わかる?

ふやす 内山 貴博

間違う人多数、「給与と給料」の違いは?素早い手取りの計算法わかる?

【画像出典元】「iStock.com/st-palette」

いきなりですが「給料」と「給与」の違いはなんでしょうか、と聞かれてあなたはすぐ答えられますか? 今回は、意外と使い分けが知られていない給与や給料の違い、額面と手取りの違い、働いて支給されるお金の中から、何がどういう計算方法で控除され、国に納められているのかについてお伝えします。

●サラリーマンの平均年収と中央値、手取り、男女、年代別に大解剖!

●給料日に確認!給与明細の「所得税」や「住民税」の天引き理解してる?

1.給料と給与の違いって? 

毎月25日が支給日という人が多いと思いますが、この話をするときに「給料」という人もいれば、「給与」という人もいるでしょう。どちらも同じ意味合いと捉えられている傾向にありますが、それぞれ厳密には意味合いが違います。

・給料 各種手当や残業代などを除いたものです。よって、正規勤務時間で働いた際の支給額です。基本給ともいいます。

・給与 家族手当などの各種手当や残業代なども含め、毎月会社から支給される総額を指します。私たちが日ごろ話をするときには、この「給与」のケースが多いと思います。

2.額面と手取りとは?手取りってどうやって決まるの?

お財布にお金を入れる
【画像出典元】「iStock.com/structuresxx」

働いてもらえる給与のうち、手取りはできるだけ多い方が…。というのが正直なところですが、社員やパートなど一定の収入がある人は、何かと差し引かれるものがあり、総支給額(額面)より手取りが少なくなるのが一般的です。

特に就活中の学生にとっては採用や求人情報の「給与〇万円、賞与は給与の何カ月分」といった表記に胸躍らせることもあると思います。アルバイトと比べ1年間で見るとかなり多くもらえそうですが、これはあくまで額面であって、手取りにするとどうなるでしょうか?額面と手取りがどれだけ違うのか?以下で具体的に見ていきましょう。

1 / 3
App store
Google play