MONEY

毎月高額になる通信費が悩みの種。安くする方法は?

ためる 伊藤 志保

毎月高額になる通信費が悩みの種。安くする方法は?

deeepblue/iStock/Thinkstock

目次

携帯電話にインターネットは当たり前の時代。我が家では固定電話が約2000円、携帯電話が夫婦2台で約13000円、インターネット回線が3600円と通信費はかさむ一方です。携帯電話は格安スマホが登場して、選択肢が増えたのはいいけど、逆に選び方がわからなくなってしまいました。

Q1  通信費ってどうしたら安くできますか?

A1 それぞれ別の会社と契約していることが多いと思いますが、まず第一に考えるべきは、固定電話と携帯電話(家族全員)を同じ会社にすること。特にauやSoftBankに変えると、かなり安くなります。また、インターネットをする場合はプロバイダ契約が必要になりますが、プロバイダも携帯会社と一本化すると月々の携帯電話料金が安くなります。ちなみに、自宅の電話をauやSoftBankで契約すると、他のプロバイダは選べないので自動的に1社になります。ただ、料金だけで比較すると安くなっていても、今まであったセキュリティやサポートなどの重要なサービスがオプションになっている場合があるので、必ず内訳を確認するようにしましょう。

Q2  具体的にはどれくらい安くなりますか?

miya227/iStock/Thinkstock

A2 プロバイダを携帯会社と一本化することで、auとSoftBankは携帯電話1台あたり1,500円安くなります。docomoは戦略が違うので単純比較できませんが、いずれにしても家族が多ければ多いほど携帯代がお得に。ちなみに私の場合はSoftBankで契約していて、スマート値引きとその増額キャンペーンで月々2,000円の割引があるので、夫婦2台分×2年間で96,000円安くなっています。

Q3  格安スマホっていろいろあるけど、どこを選ぶのが賢いですか?

A3 格安スマホとは、価格が安いSIMフリーのスマートフォンを指している場合と、SIMカードと端末をセットにして販売しているケースがあります。ここでは後者について説明しますね。
1か月4,000円が理想と言われている携帯電話市場で、格安スマホは月額利用料(端末代は別)1,000円~2,000円でスマートフォンが使えるということで、利用者は年々増えています。格安スマホは実に20社以上から出ていて、各社プランはさまざま。どこを選ぶかは悩むところですが、競争激化の市場なので、安定してサービスを継続できるかが重要なポイント。そういう意味では、楽天モバイルとイオンモバイルが、大手ということでの信頼性・安定性において人気が高いです。
しかしながら、LINEが今夏をメドに格安スマホに参入することを発表しました。今明らかなのは、月額500円からで、LINE・Twitter・Facebookが使い放題ということ。さらにどんなサービスが提供されるのか注目されています。それによって確実にマーケットが変わるので、正直なところ今は動く時ではないと思います。


ポイントは“一本化”ですね。携帯会社は家族で同じにしていても、自宅の電話やプロバイダはバラバラという人は多いかもしれません。格安スマホもLINEの登場を待ってから検討してみたいと思います。

App store
Google play