LIFE

なぜ30年も人気?プロも薦めるGLOBAL包丁の魅力

1万円でかなうコト

目次

名だたる料理人や料理研究家にも使われている包丁として人気の「GLOBAL」の包丁は発売されて30年以上。YOSHIKIN(吉田金属工業)の製造する日本製の包丁です。なんと、医療用メスと同じ素材で作られているのだそう。

すばらしい切れ味に加えて、オールステンレス一体型のスタイリッシュなデザインの「GLOBAL」の包丁。なぜ30年も愛され続けているのか、その理由を包丁の用途別に調べてみました。

毎日使う三徳包丁は耐久性抜群!まず持ちたい基本の三徳包丁

吉田金属工業株式会社

肉、魚、野菜・・・と幅広い用途の三徳包丁は、家庭の調理では一番使用頻度が高く、必ず持っていたい基本の一本です。刃先に向かってゆるやかなカーブを描いた形状は、切った後、食材が離れやすくするため。押し出して切る「キャベツの千切り」なども上手に仕上がります。中でもトマトのカットは感動もの。柔らかいトマトも切り口シャープにスパッと切れます。

複数のサイズが発売されていますが、お薦めは刃渡り18cmの「G-46」。手が小さい人向けに刃渡り16cmのミニ三徳「G-57」も発売されており、その細やかな心遣いが日本製ならではと感心させられます。

使用頻度の高い三徳包丁は耐久性も重要。オールステンレスで錆びにくく、柄の部分が腐ったりすることもないので、長く付き合えそうですね!

GLOBAL 三徳18cm(G-46)

http://yoshikin.shop-pro.jp/?pid=1078811

8640円(税込)

肉や魚を扱う牛刀は清潔さが一番大切!

吉田金属工業株式会社

三徳包丁と同じく、家庭での日常使いの包丁として重宝するのが牛刀。三徳と比べると、刃先のカーブがまっすぐで鋭くなっているのがわかるでしょうか。肉の筋を切る、魚をさばくなど刃先を使う動作は三徳よりも牛刀が得意です。刃が長いので、柳刃包丁を用意しなくても、魚の身を崩さずにしっかり引くことができます。お魚屋さんで買うような、立派なお刺身ができますよ。

ほか、かぼちゃなどの硬い食材もGLOBALの牛刀があれば、ストレスフリー。大きなかぼちゃを切るのに苦労していた人にはオススメです。

肉や魚を扱う包丁は、衛生面への配慮も重要。包丁で最も汚れが落ちにくいのが柄の部分です。オールステンレスで継ぎ目のないデザインは、汚れが溜まる角もなく、柄が錆びたりカビたりすることもなく衛生的です。

GLOBAL 牛刀20cm(G-2)

http://yoshikin.shop-pro.jp/?pid=1076382

8640円(税込)

料理の見栄えアップ!野菜の皮むき、飾り包丁も簡単にできるペティナイフ

吉田金属工業株式会社

小さいサイズのペティナイフは、果物の皮むきや根菜類の面取り、小魚の下処理などに。

三徳包丁や牛刀と異なる形状の持ち手は、包丁を細かく動かすための持ち方に合うように作られています。手が滑りにくくフィットするため、小さな技を施すのも可能、野菜の飾り包丁なども簡単に入れることができ、料理の見栄えがワンランクアップします。

このペティナイフを持っていれば、今まで以上に繊細な料理にも挑戦できそうですね。

GLOBAL ペティナイフ13cm(GS-3) 

http://yoshikin.shop-pro.jp/?pid=1078817

6480円(税込)

包丁の切れ味を常に保てるスピードシャープナー

吉田金属工業株式会社

GLOBALの包丁を買うなら、合わせて持っておきたいのがスピードシャープナー。セラミックの部分に包丁の刃を当てて、数回引くだけで驚くほど切れ味が蘇ります。

どんなによい包丁でも、手入れをまったくせずに切れ味を保つことはできないものです。自分で研ぐ自信はない、という人でも簡単に研ぐことができますので、ぜひ持っておきたいですね。

GLOBAL スピードシャープナー

http://yoshikin.shop-pro.jp/?pid=14915919

1296円(税込)

 

世界中のプロの料理人に愛されているGLOBALの包丁は、「メイド・イン・ジャパン」の技術の証。切れ味のよい包丁は料理の時間を短縮し、料理の仕上がりも変わります。

お手入れしやすく衛生面にも優れ、耐久性も抜群。用途に合わせて何種類も用意されている豊富なラインナップが、30年以上愛される理由のようです。

他の包丁と比べて多少値は張りますが、納得の逸品。キッチンでの新たな相棒に加えてみてはいかがでしょうか?

App store
Google play