MONEY

【FPに相談!】迷ってばかりのマイホーム!どう計画すればいい?

FPに聞きたいお金のこと 白浜 仁子

【FPに相談!】迷ってばかりのマイホーム!どう計画すればいい?

【画像出典元】「iStock.com/studio-pure」

目次

こんにちは。「お金の専門家」の白浜仁子(しらはまともこ)です!

Wallet+ユーザーさまからいただいた「FPに聞きたいお金のこと」に、私、白浜がお答えします。

家族
【画像出典元】「iStock.com/TAMAKI NAKAJIMA」

<柳川 恵理香さん(仮名)29才公務員からの相談>
夫婦で共働きをしていて今1歳の男の子がいます。賃貸に住み続けるのか、家を買うなら、戸建てにするのかマンションにするのか悩んでいます。買うなら予算は3500万~4000万円くらいでしょうか。住んでる地域は利便性がよく気に入っているのですが、土地が高くて身の丈に合っているか分かりません。また、頭金を貯めずに早めにローンを組んだ方が良いのかも悩んでいます。

~柳川さんの家計状況~
《収入と家賃》
家賃 約8.2万円(うち家賃補助2.7万円/月)
共働き 年収860万円
《貯蓄》
夫婦共同貯蓄 250万円
本人財形  100万円
子ども名義貯蓄90万円
学資保険 200万円加入
※毎月6万円、ボーナス時100万円貯蓄

賃貸と持家のどちらが魅力的ですか?

戸建て住宅
【画像出典元】「iStock.com/y-studio」

まず、賃貸にするかマイホームを買うかですが、これは何よりご夫婦の価値観だと思います。

賃貸はご家族の状況に合わせて住み替えられますが、自分の資産にならないことや老後の家賃負担のことも考えておく必要があります。

一方、マイホームは自分の家が持てますが、住宅ローンの返済を長きにわたって行うことや、賃貸のように住み替えが容易ではない、家のメンテナンスが必要などもあります。

それぞれの特徴を知った上で「自分の家を持ちたい」という思いが強いなら、自信を持ってマイホームを検討していけばいいと思います。

「住む場所」と「住み家」どちらを重視したいか

新しい家
【画像出典元】「iStock.com/jacoblund」

いざマイホームを購入するといっても、何を優先させるかで選び方も変わってきます。

今住んでいるような利便性が高い地域がいいのなら、そこで柳川さんが考えている3500万円~4000万円の予算で戸建てを建てることが可能か、もし難しいならマンションなら買えるのか。

もし場所より戸建てであることを重視したいなら、少し郊外の土地を探してみるということになります。

このように希望がすべてかなえられないときには、より大切にしたいものは何かを考えてみるといいでしょう。

また、マイホームの価格が身の丈に合っているのか悩むのもよくわかります。本当は、FPにライフプランを作ってもらうと良いと思いますが、そうでないなら、まずは今と将来の2つに分けてお金のことを考えてみることをおススメします。

今払えるか?将来も払えるか?をシミュレーション

家のお金
【画像出典元】「iStock.com/SARINYAPINNGAM」

まずは、「今」について。

今の状況で支払いが可能か?例えば、4000万円の家を頭金なしで買うとしたら月の返済額は12万円程度になります(金利1.5%、35年返済、ボーナス返済なしで試算)。

職場からの家賃補助を引いた実質的な住居費用は約5.5万円なので、今の2倍以上のお金を住宅にかけることになります。毎月している6万円の貯金が住宅費用に代わる格好です。

ただ、ボーナス時の貯蓄は今まで通りにできそうなので、年間100万円貯められることもわかります。

次に「将来」の話。

お子さんが大きくなれば生活費も増え、教育費のことも考えなければなりません。また、第2子を予定しているならその予算も忘れてはいけません。

家族のイベントと予算を書き出した年単位のライフプラン表を作って、時系列で返済と貯蓄額の推移をシミュレーションしてみるといいでしょう。

頭金を貯めてから買うべき?

「頭金を貯めてから家を買うべきか」のご質問については、私は、気に入ったものが見つかったのならその時がタイミングだと思います。

住宅は水物なので、同じ地域で同じ条件のものにはなかなか巡り合えません。また、頭金が貯まるまでの家賃負担や来年予定されている消費増税も控えています。

買うことを急がせるつもりはまったくありませんが、掘り出し物が見つかったならその時が購入のタイミングだと思いますよ(反対に気に入ったものが見つからないなら、消費税が上がってから買っても問題ないと思います)。


まずは、ご夫婦がどうしたいのか、今後の家族での生活を想像しながら話し合って方向性を決めましょう。その上で、「今」と「将来」の資金計画を立てて、柳川さんのご家庭に合った物件を選んではいかがでしょうか?

App store
Google play