お金

「多目的不倫」の代償はおいくらか?

「お金0.2から2.0まで」新しい経済のルールと生き方を考える 中村修治

「多目的不倫」の代償はおいくらか?

ワタシ(中村修治)の不倫がバレたところでメディアは騒がない。いやいや、そもそも、怖くてできない。恋をはじめるのは、あんなに楽しかったのに・・・終わるのは、なんて面倒くさくて、難しいのか!?不倫謝罪の記者会見など、考えただけでゾッとする。有名人じゃなくてよかった。笑

レジ袋有料化は意味なし しかし「 ハチドリのひとしずく」なのか!?

コロナウィルス騒動でマスク行列や買い占めは結局「ソンをする!」理由

有名人の不倫の代償は億単位!!

ワイドショーみたいな話題で申し訳ない。あの東出昌大さんの不倫の代償は、推定8億ぐらいとも言われている。その内訳はCM違約金2億円、一戸建て2億円、慰謝料と養育費が1億円、映画やドラマの撮り直し費用3億円とも言われている。

いま話題のアンジャッシュ渡部建さんの場合は、番組やCM違約金4億円、マンション4億円、慰謝料と養育費が1億円みたいな試算をすると前述の東出さんを超えてしまうなどと囁かれている。

有名人の不倫の代償は、一般人から見たら天文学的数字である。どう考えても経済合理性がない。

「多目的不倫」のツッコミどころは!?

渡部建さんは、芸人でありながら、グルメや高校野球や、その裾野を広げてポジションを築いた。戦略としては、間違っていない。その努力も素晴らしい。しかし、如何せん、自分ではやっていない。評論である。上手に言うことで食っている。中間搾取的な「卑しさ」が、そこにはつきまとっていた。

これは「電通案件」が叩かれる根っこと、同じである。
結局、中間搾取じゃん!?
自分でなんもやってないじゃん!?
うまいことやってるだけじゃん!?
偉そうにすんじゃねぇよ!?・・・な、わけである。

中間搾取は、食って行くためには「多目的」にならざるをえない。間違いなく、ワタシも、その卑しい仲間である。だからこそ、倫理とか、道徳とか、ちゃんとしなくちゃイケナイと思っている。

便意が我慢できなくて、やむなく多目的トイレを使うときもある。でも、そのときは、一刻も早く出なきゃと焦ってする。ゴメンなさいと思いながら使わせてもらう。そのくらいの常識だけは、持ち合わせていなきゃダメだと思っている。「多目的」だからこそマナーには気をつけなきゃダメなんだよ!?

新型コロナウィルスによる外出自粛生活は、意外とみんなヒマだったのだぁ!?ということを、今回の出来事は気づかせた。ヒマだと人間はロクなことをしない。SNSが荒れるのも当然である。マナーのなっていない「不倫」などは、燃え上がって当然なのである。もう消せない。

不倫はそんなに大罪なのか!?

相模ゴム工業のデータによると、結婚相手・交際相手以外にセックスの相手がいるかの質問に、男性で26.9%、女性で16.3%がイエスと答えている。これは、現在進行形を聞いている結果なので、経験者は、もっといる。

自殺率をめぐる話で問題になるのは、その闇の深さ。自殺未遂は、実際に死に至った数の10倍、自殺「願望」は100倍いると言われる。

不倫や浮気も同じである。20%を優に超える不倫・浮気を実行している背景は、ほぼ真っ黒に近いはずである。100%ワタシは絶対に浮気しませんという奴がいるのならここに連れてきてくれっ!!

不倫は、倫理的にやっちゃいけない行為ではある。しかし、一緒に飯も食ったことがない人間から最低と呼ばれるような社会的制裁を食らう大罪ではない。実情は、あまりに人間らしい行為であるとも言えるのである。

償いをする覚悟ができたならば・・・
東出さんも、渡部さんも、復活をすればいい。
その道を閉ざす権利は、ワタシ達には、ない。