LIFE

あのチェーン店の新業態も!福岡にオープンした大注目のうどん店7選

あのチェーン店の新業態も!福岡にオープンした大注目のうどん店7選

目次

福岡では、進化を続けるうどん酒場や豊前裏打会以外にも、注目の店が続々とオープンしている。うどんチェーン「丸亀製麺」は、新業態となる“牛焼きしゃぶ”が看板の「博多 肉釜うどん」を、全国初、福岡に出店。

他にも、岡山県倉敷市の人気店の流れを汲む「ぶっかけ屋」、名古屋にルーツをもつ「名代 松本家」、糸島の白糸の滝敷地内に誕生した讃岐系の「白糸うどん やすじ」など、個性豊かなニューカマーがずらり!今回は、福岡にオープンした大注目のうどん店を7軒紹介する。

博多テイスト×牛肉の新業態「炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店」

丸亀製麺の運営会社が新たに手がける新業態。基本のうどんを選び、トッピングはセルフで選ぶスタイルは丸亀製麺と同じだが、看板に掲げるメニューはひと味違う。それが「牛焼きしゃぶうどん」。もっちりとした口当たりの麺、アゴを効かせたダシなど、博多らしさが光る。

炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店
【炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店 / 「牛焼きしゃぶうどん ぶっかけ」(630円)】

 

「牛焼きしゃぶうどん ぶっかけ」(630円)には、甘辛に調味した柔らかな牛肉がたっぷり!魚介が香るダシをかけて味わう。好みで生姜、ネギ、天かすをのせて。

炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店
【炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店 / 「牛焼きしゃぶかけうどん」(630円)】

 

温かいダシで味わう「牛焼きしゃぶかけうどん」(630円)。ダシにはアゴ、焼きアゴ、宗田節、サバ、ウルメを使用している。

炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店
【炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店 / 牛肉は注文後に直火で炙る】

 

牛焼きしゃぶは、 注文後に牛肉を直火で炙り提供する。

[炙り牛肉専門店 博多 肉釜うどん 長者原店]福岡県糟屋郡粕屋町長者原東6-15-13 / 092-938-3055 / 11:00~22:00(LO21:30) / 無休 

純手打ちにこだわり新たなスタート!「博多麺道場 ぶっかけ屋」

岡山県倉敷の人気店「ぶっかけふるいち」の兄弟店として同じ粉、ダシを使用する。「木の葉モール橋本」内で7年にわたり愛され、店主独立を機に移転。純手打ち麺にチェンジするなど、ますます進化を続ける。夜はちょい呑み利用もOK。

博多麺道場 ぶっかけ屋
【博多麺道場 ぶっかけ屋 / 「元祖ぶっかけうどん」(500円)】

 

「元祖ぶっかけうどん」(500円)は、茹でたて麺はコシがしっかり。天ぷらは単品80円~。野菜5種にエビ天が付く「盛り合わせ」(600円)がお得だ。

博多麺道場 ぶっかけ屋
【博多麺道場 ぶっかけ屋 / 「ごまだれぶっかけ」(540円)】

 

香ばしく、クリーミーな「ごまだれぶっかけ」(540円)。挽き肉の食感もアクセントに。 

[博多麺道場 ぶっかけ屋]福岡県福岡市早良区田村2-10-3 / 092-836-9959 / 11:00~15:00、18:00~21:00(LO20:50)※売切れ次第終了 / 木曜休み

あとを引く旨さの天然ダシ「素うどん 華ちゃん」

100軒以上のうどん店を実食した“うどん愛”あふれる店主が、独学で理想の味を追求。カツオ節、昆布、イリコをベースにした無添加スープを毎朝作っている。口に含むと魚介の旨味が広がり、豊かな香りが鼻をくすぐる。

素うどん 華ちゃん
【素うどん 華ちゃん / 「牛すじうどん」(650円)】

 

「牛すじうどん」(650円)は、甘辛いタレが染み込んだ牛スジとスライスの生姜がゴロリと入る。こだわりの麺はツルリと喉越しのいい特注の細麺。

素うどん 華ちゃん
【素うどん 華ちゃん / 「華ぶっかけ」(750円)】

 

「華ぶっかけ」(750円)は、コシの強さを感じるなら“冷”がおすすめ。大ぶりの天ぷら5種がのる。レモンの香りも爽やか。

[素うどん 華(はな)ちゃん]福岡県福岡市南区鶴田3-10-28 / 092-710-1715 / 11:00~15:00、17:00~20:30(LO) / 火曜休み、不定休

名古屋で独自に進化したポタージュのようなカレーうどん「名代 松本家」

春吉交差点そばのビル2階に掲げた巨大看板が目印。名物は和風ダシと鶏ダシのWスープをベースに、注文後に手鍋で特製スパイスと合わせるカレーうどんだ。2018年10月からは串カツも用意し、ちょい呑みもできるようになる。

名代 松本家
【名代 松本家 / 「名物カレーうどん」(800円)】

 

「名物カレーうどん」(800円)は、黄色味を帯びたスープはとろみが強く、麺にドロリと絡まる。ポタージュのようなスープの質感は名古屋のカレーうどん風。

名代 松本家
【名代 松本家 / 「台湾まぜうどん」(850円)】

 

「台湾まぜうどん」(850円)は、ピリ辛の挽き肉、魚粉、ニラなどを混ぜて味わう油そば風のうどんだ。

[名代 松本家(なだい まつほんけ)]福岡県福岡市中央区西中洲1-18 関ビル2階 / 090-1415-8539 / 11:30~14:30、17:30~翌朝5:00 / 日曜・祝日の昼の時間帯休み 

コシが強いモッチリ麺とキリッとしたダシに自信「白糸うどん やすじ」

3種類の国産小麦をブレンドした自家製麺は、コシが強い讃岐系。イリコ、アゴ、カツオ、昆布でとったダシと、糸島の老舗「北伊醤油」が木樽で仕込んだ醤油をさらに熟成させた、特製の返しが味に深みをもたせている。

白糸うどん やすじ
【白糸うどん やすじ / 「本日の野菜天盛りぶっかけ」(750円)】

 

自社農園で年間約30種の野菜を無農薬・無動物性堆肥栽培しており、「本日の野菜天盛りぶっかけ」(750円)には、その日に採れたばかりの新鮮な野菜を使用する。

白糸うどん やすじ
【白糸うどん やすじ / 「白糸御膳」(1350円)】

 

「白糸御膳」(1350円)には、サラダ、野菜天盛り、小うどん、3種類から選ぶご飯、小鉢2品、自家製漬物が付く。

[白糸うどん やすじ]福岡県糸島市白糸561 / 092-324-3883(白糸の森) / 10:00~15:00 / 火曜休み、12~2月休み(予定)

讃岐で修業した店主が博多うどんをアレンジ「さぬきうどん慶」

店主が目指しているのは讃岐のエッセンスを取り入れつつ、もちもちした食感の細麺。九州産小麦を独自に配合したうどんを、茹でたてにこだわって提供している。「釜揚げ」(420円)や「釜玉」(440円)にもファンが多い。

さぬきうどん慶
【さぬきうどん慶 / 「肉ごぼううどん」(670円)】

 

“ツルモチ”食感の細麺うどんは、なめらかな舌触りが特徴。「肉ごぼううどん」(670円)の細かく刻んだゴボウのかき揚げは別皿で。

さぬきうどん慶
【さぬきうどん慶 / 「いなり」(120円)】

 

「いなり」(120円)には、しっかりと甘めに味付けした揚げを使用。「かしわにぎり」(120円)など、ご飯ものはどれもボリューム満点だ。

[さぬきうどん慶(よろこび)]福岡県北九州市小倉北区紺屋町10-5 おたふくビル1階 / 093-513-3058 / 11:00~14:00、18:00~21:00(※夜営業延長の予定あり、要問い合わせ) / 日曜休み

肉うどん風にアレンジしたありそうでなかった一杯「UDON HIRO」

カツオ、サバ、ウルメ、昆布と九州産醤油でとるダシは、風味を損なわないように65~70℃で提供。喉越しがいい手打ち麺で、小麦粉は風味がよい品種と細麺でものびにくい品種をブレンドしている。創作うどんも多彩。

UDON HIRO
【UDON HIRO / 「チャーシューうどん」(680円)】

 

「チャーシューうどん」(680円)には、豚肩ロースを使った厚切りのチャーシューをトッピング。甘めの味付けで煮込み、味わいは肉うどんそのものながら、食べ応えあり。

UDON HIRO
【UDON HIRO / 「辛辛うどん」(650円)】

 

「辛辛うどん」(650円) は、唐辛子やキムチダレが効いた、刺激的な辛さが特徴だ。

[UDON HIRO(うどん ひろ)]福岡県久留米市大善寺町宮本323 / 0942-80-5316 / 11:00~15:00、17:30~21:00(LO各30分前) / 水曜休み

App store
Google play