LIFE

【読者が選ぶ】本当によく読まれた記事ランキング!~2019年12月MONEY編

【読者が選ぶ】本当によく読まれた記事ランキング!~2019年12月MONEY編

目次

こんにちは、mymo編集部です。また冷え込みが厳しくなってきましたね。暖房代が気になる時期です。無理なく賢く節約していきたいところですね。さて今回は、12月に公開されたMONEYの記事から、特に人気だったものをランキング形式で発表します!

第10位:年末年始の出費を今すぐ節約できる4つの方法とみんなの出費平均額

正月飾り
【画像出典元】「iStock.com/emylo0」

出費がかさむ年末年始。節約のために、あれもこれも我慢してしまうとストレスになりますし、反動で大きな買い物をしてしまうことも。それなら最初から年末年始の予算を決めて、お金の使いどころを見極めましょう。今回節約できなかった人は、次の年末年始に向けて早速チェック!

記事はこちらから

第9位:3人に1人が奨学金を利用、返せない場合には猶予や返済免除もあり?

芝生に座って話す若い男女4人
【画像出典元】「iStock.com/YakobchukOlena」

今や3人に1人が利用しているという奨学金。奨学金と言えば聞こえがいいですが、実際は借金をしていることと変わりありません。返済が難しい場合は、猶予や返済が免除されるケースもあるんです。

記事はこちらから

第8位:奨学金を繰り上げ返済するのはメリットあり?最も損をしない返済方法を検討!

豚の貯金箱を手にしている女性
【画像出典元】「iStock.com/andresr」

続いても奨学金に関する記事がランクイン。奨学金のシステムや繰り上げ返済する方法、繰り上げ返済のメリット・デメリットなどが、詳しく説明されています。情報を整理して賢く返済していきましょう!

記事はこちらから

第7位:年末調整、還付金がもらえる人って?いつ返ってくる?必要書類は?

部屋で外貨を数える男女
【画像出典元】「iStock.com/LightFieldStudios」

毎年、なんとなく受け取っている年末調整の還付金。でも詳しい仕組みについてはよく分からないという人も少なくないのでは?そんな人からの注目が集まったのか、年末調整の仕組みや、還付金を受け取るための必要書類などを解説している、こちらの記事が第7位となりました。

記事はこちらから

第6位:えっ!?ラグビー日本代表1人100万円!? “にわかファン”だけど、その報奨金を嘆く!!!

夜のラグビー競技場
【画像出典元】「iStock.com/LeArchitecto」

「えっ!?ラグビー日本代表1人100万円!?」というワードがインパクト大のこちらの記事。ラグビーの“にわかファン”だという、戦略プランナーの中村修治さんがつづった、率直な気持ちに共感した人が多かったようです。

記事はこちらから

第5位:コンビニコーヒーを編集部が徹底比較!一番お得でおいしいのはコレ!

紙カップのコーヒー3つ
【画像出典元】「iStock.com/AJ_Watt」

学生やビジネスマンなど、多くの人から支持されている「コンビニコーヒー」。当然、コンビニによって味や値段が違うわけですが、一体どのコンビニのコーヒーがベストなのでしょうか?mymo編集部で飲み比べてみました!

記事はこちらから

第4位:もうイヤ!冬の電気代が高すぎる。コスパ最強の暖房器具はどれなの?

ソファに腰かけ資料を眺めながら頭を抱える女性
【画像出典元】「iStock.com/Nastasic」

暖房器具の使用と共に電気代が高くなるのは、覚悟していたつもりでも心と家計の負担になりますよね。できれば最もコストパフォーマンスが高い暖房器具を使いたいもの。そこで、暖房器具ごとの性質やコスパについてまとめた記事がこちら!

記事はこちらから

第3位:2019年は10億円が当たる?!意外に知らない年末ジャンボの謎

紙幣が舞う部屋に立つ、札束を持った女性
【画像出典元】「iStock.com/Deagreez」

年の瀬の風物詩、年末ジャンボ宝くじ。長年国民から親しまれてきましたが、当選確率や収益金はどこで使われているのかなど、突き詰めて考えたことがある人は少ないのではないでしょうか?そんな年末ジャンボの謎に迫りました。

記事はこちらから

第2位:生活費10万円ライフはこうしたら実現できる!出費を抑える3つのコツ

路上でスマートフォンを操作する女性
【画像出典元】「iStock.com/RossHelen」

2018年の総務省統計局の家計調査では、単身者の月ごとの支出は16万2000円という結果が報告されています。そこをひと月10万円に抑えるためには、何を切り詰めればよいのでしょうか?

記事はこちらから

第1位:ながら運転で免停も!スマホ操作やハンズフリー、信号待ち中も違反?

ハンドルを握りながら片手にスマホを持っている様子
【画像出典元】「iStock.com/PeopleImages」

第1位の栄冠に輝いたのは、2019年12月1日より厳罰化された「ながら運転」についての記事でした!何がOKで何がNGなのか、詳しく説明しています。この記事で詳細をおさらいして、安全運転に努めましょう。

記事はこちらから

今回は、年末年始ならではのお金にまつわる記事が人気だったようですね。来月のランキングもお楽しみに!

App store
Google play