MONEY

【FPに相談!】生涯年収はどう変わるの?妻が正社員→パートの場合

FPに相談したいお金のコト 内山 貴博

【FPに相談!】生涯年収はどう変わるの?妻が正社員→パートの場合

目次

女性の働き方は、現在大きなテーマですね。子どもが生まれ、2人だけの生活が激変し、一番負担がかかるのは奥さまです。

ご主人にはしっかりサポートしてもらいたいものです。自戒の念も込めまして…(汗)

今回の「FPに相談」は、出産を機に妻が正社員からパートになるべきか悩むご夫婦からの質問です。

《相談内容》
「もうすぐ第一子が生まれる夫婦。妻が子育てに専念するため、正社員である会社を辞めてパートになるか悩んでいます。パートになることで生涯年収にどれくらい影響がありますか?」(30代男性)

今回のご相談、正社員かパートか?

親子
【画像出典元】「iStock.com/Yagi-Studio」

生涯年収の差は、かなりの額になりそうです。

例えば妻が正社員で現在年収が400万円、あと30年働くとします。毎年お給料が1%ずつ上昇した場合、退職時の年収は540万円程度で、生涯年収は約1億4500万円です。さらには正社員の場合、退職金も期待できますので、仮に1000万円の退職金を手にすると1億5500万円です。

それに対してパートの場合は扶養の範囲内を意識して、年間100万円程度で働く人が多いため、この場合、生涯年収は3000万円となり、正社員の5分の1程度となります。このように実際に計算してみると大きな差ですね。

もう少し具体的に計算してみましょう。

正社員の場合は税金や社会保険料の負担が生じます。おおむね2割程度の負担になるため、給与手取り総額は1億1500万円ほど、退職金は勤続年数に応じた退職金控除があり、30年の場合は控除額が1500万円となります。つまり、今回の退職金1000万円は全額受け取れます。よって手取りベースで考えますと、生涯年収は1億2500万円となります。

正社員の方がかなり魅力的に見えますので、パートのメリットである税務面を考慮したいと思います。それが配偶者控除です。妻がパート年収100万円程度で夫の年収が600万円~700万円程度の場合、所得税・住民税合わせて年間7万円ほど夫の税金負担が減ります。30年で210万円。

30年間の妻の年収を比較すると・・・?

比較表

9000万円ほどの違いとなりそうです。

それ以外に事前に考慮しておきたいポイントは保育料です。保育料は世帯所得で決まるため、共働きの場合は、パートや専業主婦の家庭よりも月3万~5万ほど多く保育料を払うことになります。特に3歳までは負担額が大きいため、このあたりも踏まえ、働き方を検討してほしいです。

単なる働き方というよりも、まさに”家族のあり方”を話し合うことになります。現在、女性が働きやすい環境整備が行われていますので、育休など社会保険制度や税制、そしてお勤め先の会社の制度などをしっかり理解し、ご夫婦でゆっくり検討してくださいね。

※社会保険は現在の制度を基にした概算です。税額については所得税率を10%とした概算です。将来、社会保険や税制は変わることがあります

App store
Google play