MONEY

購入した株が急騰!蘇る以前の悪夢…高配当なるか?【投資話5話】

ドタバタ!株投資ルポ うだひろえ

購入した株が急騰!蘇る以前の悪夢…高配当なるか?【投資話5話】

目次

こんにちは。イラストレーター/マンガ家のうだひろえです。

いやあ、人生何があるか、本っ当にわかりませんね。
なんて、いきなり遠い目をして語り始めてしまうようなこと、ありました。

▼関連記事
投資の損が続き、ついに家族会議へ…夫の言葉に衝撃【株投資4話】
FPが説く!「株式投資」で安定収入を得る方法とは?

臨時収入8万が入り、株式投資復帰へ!

「もしものときのストック」のお金に、余裕ができたらまた投資しよう。
そんな決意をした前回記事。書いたのは9月10日(月)の午前中。

ちょうどその日、単発仕事の報酬が入金され「もしものときのストック」に余裕ができたんです。
その額、8万円。
「・・・よし!」投資復帰を決めました。

高配当銘柄に絞って検索中に目にとまった株は・・・

自宅でパソコンを使う女性
【画像出典元】「iStock.com/Yagi-Studio」

早速、銘柄を探索。前々回もやりましたが、やっぱり狙うは「高配当銘柄」です。
投資金額5万円以上8万円以内、配当利回り3%以上の東証一部銘柄は、検索すると40社ほど出てきました。

その中で、私の目にとまったのは・・・ヘリオステクノHD(6927)。
以前、投資経験者の知人が「要チェック銘柄」として教えてくれたうちの1つでした。
でも、当時は株価が1000円以上、手が出ない私は華麗にスルーしておりましたが。
調べてみると、その後じわじわと株価は下がり、この日の始値は719円。
配当金は30円、配当利回りは4.17%・・・ファッ!? 7万ちょっとで3000円もらえるって!?

3000円の高配当銘柄を指値720円で100株注文!

株価が急騰
【画像出典元】「iStock.com/G0d4ather」

先の友人は「この銘柄が1000円以下で買えるなんて、絶対オトク!」と言っていました。
それが今は、720円。買える!
そして蘇る前々回の「りそなHD」の悪夢。気づいたらもう手の届かない存在になっていたあの人。
もう、あんな思いは嫌!と「現物買い」ボタンをクリック。
指値720円で100株注文、サクッと約定。買った。買ったよ。高配当銘柄!

「ふわわ、これ、ただ持ってるだけで、3000円入ってくるんだ・・・」
急に「値動きなんて気にしなくていい」という安心感に包まれました。
そう、そんな穏やかな気持ちだったんです。その日は。

翌日から株価は上がる、上がる・・・ストップ高、来たー!!

翌朝、11日(火)の始値は735円。
おお、上がってる!いいぞいいぞ~!なんて呑気に思っていたのですが。
13時過ぎ。遅めのお昼ご飯を食べながら、午後の相場チェック~、なんて見てみたら。
870円。+1万5000円。ストップ高。

モニター、5度見しました。
しばらく硬直したのち、「ど、どうした!!??」株掲示板をチェックすると、すでにお祭り騒ぎ。
どうやら、世界初の発明をして、それがすごいニュースなんだそうで。
前日夕方に第一報が出たものの翌朝にはまだ騒ぎにならず。しかしお昼には正式発表があり、ニュースとして取り上げられて。
私が見た13時過ぎにはストップ高。ははは、初めて見たよストップ高。

え、これって売るべき?
いや、せっかくの高配当銘柄、売るなんてもったいなくない?
いやいや、1日で+1万5000円。こんなラッキーないのでは?
いやいやいや、ストップ高。これからもっと上がるから、それから売れば!?

頭の中がクラッシュ、そのままフリーズ。
それまでは閑散としていた株掲示板のスレッドは大にぎわい。私はその様子をぼんやりと眺めていました。

翌朝12日(水)は、朝からいきなりストップ高、1020円。+3万円。
「もういいよ、売ろう!」という私と、「あほか、まだ上がるに決まってるだろ待て!」という私と「いやあ、この後暴落するのでは?」という私とで大騒ぎ、引き続きフリーズ。

3日で利確+5万2000円!儲けたものの株の怖さに膝ガクガク・・・

危うい利益
【画像出典元】「iStock.com/MarianVejcik」

翌朝13日(木)、始値は1036円。売買できるようで、そこからもどんどん値段が上がって行く。
「今売れば+3万いくら、あ、また上がったから今売れば+4万・・・」などと考えているスピードが追いつかないほど。
気づけば1200円通過。
「も、もういいです!!!!」耐えきれずに売り注文。
1240円の指値もすんなり通り、利確+5万2000円・・・。

うれしさとかよりも先に、「こんなことってあるの?」なんだかいたたまれない気持ちに。
しかも、その後。その日は高値1293円をマークしつつ、終値1218円。翌日14日(金)は、始値1136円/終値1051円。
そのままあっという間に1000円を切り、900円を切り、800円台に・・・。

株式投資の怖さを目の当たりにしてしまい、投資資金は増えたものの、次の一手を出せないでおります。

▼関連記事
投資の損が続き、ついに家族会議へ…夫の言葉に衝撃【株投資4話】
FPが説く!「株式投資」で安定収入を得る方法とは?

App store
Google play