LIFE

ジブリアニメの秘密がわかる!スタジオジブリ・レイアウト展でジブリの世界を堪能しよう

1000円でかなうコト

目次

世界各地で巡回開催されている「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」がいよいよ長崎県美術館で7月15日より開幕しました。日本では17会場目となる今回のレイアウト展はジブリファンにとってアニメの制作過程を垣間見られる貴重なチャンスです。躍動感あふれる宮崎駿監督直筆のレイアウトを中心に約1400点にも及ぶ展示はファンならずとも必見!今日は体験型コーナーやフォトスポットなど、親子で楽しめる「スタジオジブリ・レイアウト展」の魅力をまとめてご紹介します!

アニメのレイアウトってどんなもの?

風の谷のナウシカレイアウト
「風の谷のナウシカ」©1984 Studio Ghibli・H 出典元:「スタジオジブリ・レイアウト展 公式サイト」
 

 アニメーション映画の「レイアウト」とはどんなものなのでしょうか。まず、アニメーション映画が企画されると脚本が作られます。さらに文字の脚本を絵で表現する絵コンテが作成され、映画のコマ割りやカット数が決定します。

そして次の段階がレイアウト。レイアウトはそれぞれの画面の構図や背景などの細かい部分を線画で決定していくものです。画面の構成を決定するいわば設計図のようなものですね。

レイアウトには細かな指示や走り書きなどが残されていて、アニメーション制作現場の臨場感がそのまま伝わってくるよう。アニメに詳しくない人でも思わず引き込まれてしまう作品の数々です。

展示は宮崎駿監督直筆のレイアウトを中心に約1400点。あの名作がいかにして生み出されたのか、その秘密に迫るレイアウト展。おなじみのシーンや、とっておきのお気に入りシーンを見つけるのも楽しそうですね!

■会場:長崎県美術館

■会期:2017年7月15日(土)~9月3日(日)

■開館時間:10:00~20:00(最終入場19:30)

■観覧料:(当日)一般1300円、小中高700円


ほかにもジブリの世界観に溶け込める体験がいっぱい

ポニョの妹たちを描くコーナー
出典元:「スタジオジブリ・レイアウト展 公式サイト」
 

「スタジオジブリ・レイアウト展」の魅力はたくさんの展示だけにとどまりません。他にも家族みんなで楽しめ、ジブリの世界観にどっぷりつかれる体験コーナーが満載です。

たとえばポニョロケーションではポニョを捕まえた決定的瞬間を記念撮影できるコーナーや、ポニョの妹たちを描くコーナーが登場。このコーナーは長崎のレイアウト展限定なのでぜひ体験したいですね。

ほかにも、子どもに大人気のまっくろくろすけを描いて貼るコーナーや、あのトトロのふわっふわなお腹に乗って寝転ぶ憧れのシーンが再現できるフォトスポットなど、大人も童心に帰って楽しめる企画がいっぱいです。

スタジオアリス
出典元:「スタジオジブリ・レイアウト展 公式サイト」


スタジオアリスとコラボレーションした来場記念撮影会(8/26、27、9/2、3)は「千と千尋の神隠し」のレイアウトの世界に入り込んで、カオナシと一緒に記念撮影。不思議な線画の世界に入り込んだようなショットが撮影できます。来館記念にたくさんの写真を撮って思い出にしたいですね。
 

長崎限定!日本未入荷オリジナルグッズも販売

ジブリ豆皿
出典元:「スタジオジブリ・レイアウト展 公式サイト」
 

レイアウト展を訪れたらぜひおすすめしたいのがおみやげにしたい記念グッズ。かわいらしいジブリのイラストの豆皿やメモ帳、アートフレームなど、展示会オリジナルグッズや三鷹のジブリ美術館でしか買えないグッズが販売されています。

なかでも台湾で開催されている展覧会で販売されている一部の商品を長崎会場限定で特別販売しており、貴重なグッズに人気が集まっています。特にジブリの切り絵風木製コースターは人気なので、お買い求めはお早めに!

他にも文房具や生活雑貨まで品ぞろえもいろいろ。お土産選びについ夢中になってしまいそうです。


いかがでしたか?猛暑の夏、涼しい美術館でジブリの世界に浸るのは最高の過ごし方です。カップル、ご家族、ご友人など誘い合わせて「スタジオジブリ・レイアウト展」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展

http://www.nib.jp/nib_nagasaki/ghibli/

長崎県美術館(開催中~9/3(日)まで)

App store
Google play