LIFE

ウミガメに会える!慶良間で日帰りシュノーケリングできる3つの離島

5000円でかなうコト

ウミガメに会える!慶良間で日帰りシュノーケリングできる3つの離島

目次

ダイビングでは世界的にも人気の「慶良間諸島」ですが、実はシュノーケリングを楽しめるビーチもたくさん!那覇から気軽に遊びに行くことができ、必用なのは往復の船代のみ。船で那覇から日帰りできるので、気軽にシュノーケリングができます。この夏、慶良間に渡ってシュノーケリングを思う存分楽しみましょう!

▼関連記事
絶景スポット万座毛!4.5月に行くべきその理由教えます

安い、うまいだけじゃない!沖縄そばのコスパ最強店3選!

慶良間には3つの離島が!行き先で船が変わるので要注意

ダイビングで人気の慶良間諸島は、主として3つの離島で構成されています。「渡嘉敷島」「座間味島」「阿嘉島」のどの島へも那覇から毎日船が出ており、運航ダイヤも日帰り可能なものになっています。しかし行く島によって乗る船が異なりますので要注意。「座間味島」と「阿嘉島」は同じ船で行けますが、「渡嘉敷島」だけは別の船になります。

慶良間へ行く船が出るのは、那覇の「泊港(泊ふ頭)」。国道58号線のすぐ近くにある港です。港には大型立体駐車場もあるので、車で行っても安心です。
泊港から「渡嘉敷島」へは高速艇でわずか35分、フェリーだと70分。
「座間味島」へは高速艇で50分、フェリーだと阿嘉島経由になり120分。
「阿嘉島」へは高速艇だと座間味島経由で70分、フェリーだと90分です。

ちなみに往復運賃は2018年現在で、「渡嘉敷島」へは高速艇4840円/フェリー3260円、「座間味島」と「阿嘉島」へはどちらも同料金で、高速艇5970円/フェリー4030円となっています。フェリーだと時間はかかりますが、リーズナブルに日帰りできます。

泊ふ頭旅客ターミナルビル「とまりん」

http://www.tomarin.com

那覇市前島3-25-1

ウミガメに会えるかも!2つの絶景ビーチがある「渡嘉敷島」でシュノーケリング

那覇から高速艇でわずか35分で行ける「渡嘉敷島」。島には沖縄でも屈指の絶景ビーチが2つもあり、どちらもシュノーケリングが楽しめます。2つのビーチは、渡嘉敷島の港からはかなり離れた場所にありますが、船の運航時間に合わせてビーチへの有料バスが出ていますので心配無用。帰りのバスも船の時間に合わせてビーチを出発してくれます。

「阿波連ビーチ」

慶良間諸島の中でも最も人気が高い「阿波連ビーチ」。海水浴のみならず、シュノーケリングも楽しめます。ビーチ周辺には売店やレンタルショップがたくさんあるので、水着さえ持って行けば手ぶらでも楽しめます。海の中では、たくさんの熱帯魚を楽しむことができます。

「トカシクビーチ」

阿波連ビーチと並ぶ、渡嘉敷島の人気ビーチが「トカシクビーチ」。ここではシュノーケリングが楽しめるのはもちろんのこと、なんとウミガメと一緒に泳ぐことができます。もちろん運次第ですが、その確率は沖縄でもかなり高い!ただ周辺にはお店が少なく阿波連に比べて利便性はイマイチ。その分、常に空いています。

「座間味島」では2つのビーチと無人島でシュノーケリングがおすすめ

那覇から高速艇なら最速50分で行ける「座間味島」。ダイビングで人気の離島ですが、シュノーケリングもかなり楽しめます。島にある2つの人気ビーチだけでなく、さらに無人島に渡って手つかずの自然を楽むことができます。

「古座間味ビーチ」

座間味島で一番人気のビーチが「古座間味ビーチ」。座間味島の港からは丘の先のやや離れた場所にありますが、ビーチショップが送迎してくれますので活用しましょう(有料)。ここの特徴は、海に入ってすぐに深くなるので、シュノーケリングには最適。熱帯魚の数も多いので、魚をすぐに楽しめることでしょう。

「阿真ビーチ」

座間味島の港から約1.5kmにあるのが「阿真ビーチ」。徒歩でも20分で行けますが、港近くの集落で自転車を借りて行くのがおすすめです。比較的浅めの海で、深い場所が怖い方にはおすすめ。浅瀬でも生き生きした珊瑚礁を見ることができます。古座間味ビーチより行きやすいけど、混雑することはあまりなく、意外に穴場です。

「無人島」

座間味島の港のすぐ近くには、なんと3つも無人島があります。どの島へもツアー参加は必要なく、「渡し船」で行くことができます。渡し船は港のターミナルで手配可能で、帰りは無人島から携帯電話で依頼すればOKです。さすが無人島!海の中は珊瑚も熱帯魚も凄いです!

「阿嘉島」では広々としたビーチでシュノーケリング!

高速艇だと座間味島経由になるので70分かかりますが、フェリーでも90分で行ける「阿嘉島」。慶良間諸島の中では穴場の離島で、ゆったりとした時間が流れています。シュノーケリングポイントも多いですが、「ニシ浜ビーチ」で、のんびりシュノーケリングがおすすめです。

「ニシ浜ビーチ」

慶良間の中でも最大級の広さを誇る「ニシ浜ビーチ」。阿嘉島の港からは歩いて30分で行けますが、こちらも港近くの集落で自転車を借りて行くのがおすすめです。ニシ浜には沖に「ドロップオフ」と呼ばれる、急に深くなる部分があり、まさにそこがシュノーケリングポイント。豊かな珊瑚礁と熱帯魚を、思う存分楽しめます。


美しい海でシュノーケリングが楽しめる、慶良間諸島の3つの離島。いかがでしょう?好みの島は見つかりましたか?この夏、チャレンジしてみませんか?

▼関連記事
絶景スポット万座毛!4.5月に行くべきその理由教えます

安い、うまいだけじゃない!沖縄そばのコスパ最強店3選!

App store
Google play