くらし

香りもリモート操作の時代! おうち時間を癒すIoTルームディフューザー

僕らの愛用品 mymo編集部 mori

香りもリモート操作の時代! おうち時間を癒すIoTルームディフューザー

監修・ライター

ルックスの良さにグッときて、使い心地もバツグン! 使うたびに誰かにオススメしたくなる「僕らの愛用品」。今回ご紹介するのは、とっておきの癒しアイテムであり、最新テクノロジーを搭載した画期的な一品! スマホアプリで操作するIoTルームディフューザーです。

無償修繕サービス付きがうれしい、長く使えるサスティナブルなエコバッグ。

マスク関連の便利グッズNo.1に決定!? 3WAYのマスクストラップ

スマホアプリで香りを簡単操作! IoTルームディフューザー

コロナ禍による緊張感や運動不足で、最近なんだかストレスが溜まりがち。リモートワークが定着して自宅で過ごす時間が増え、室内でじっと作業していると頭や体が凝り固まってしまいますよね。気分転換することの大切さに改めて気づく今日この頃です。

そんなときは、香りを使ってリフレッシュ!
お香やアロマキャンドル、ルームスプレーなどひと通り試した中で、今一番おすすめしたいのが、〈Scentee Machina(センティー マキナ)〉のIoTルームディフューザーです。

一番の特徴は、スマートフォンのアプリを介して香りをコントロールできること。普通のルームフレグランスであればフレグランスボトルの蓋を開けたり、アロマオイルを垂らしたり、熱を加えて香りを漂わせたり、スプレーでふりかけたり…、ひと手間がかかるうえ香りの強弱調整もしにくいですよね。ところが、この〈Scentee Machina(センティー マキナ)〉のIoTルームディフューザーなら、専用アプリをダウンロードすればスイッチのオンオフ操作をはじめ、香りの強弱調整、タイマー設定まで遠隔操作が可能! ルームディフューザーとしては世界初のIoT機能だそうですよ。

アプリの噴霧ボタンを押すと、噴気孔からシュ~ッと霧のような香りの超微粒子が広がります。ナノ単位の細かな粒子なので服や家具に香りが染み込まず、風に乗ってふわっとやさしく漂います。受け皿になっている本体に精油入りの香料ボトル(別売り)を装着して使用するので、香りを変えたい際はボトルを交換するだけでOK。機器やボトルの掃除は不要♪

噴霧時間を自由に設定できるタイマー機能も便利! 僕は朝気持ちよく目覚めたいし、夜の帰宅時もホッと癒されたいので、起床時間と帰宅時間に噴霧タイマーをセットしています。

ちなみに、香りは17種類から選べます。僕がセレクトしたのは、フランキンセンス精油とイランイラン精油が配合されたTHE PUBLIC ORGANICの「SUPER POSITIVE」という香り。爽やかさと甘さが調和し、多幸感溢れる香りです。ストレスから解放されたい時や、気持ちのスイッチを切り替えたい時、心身を癒したい時に効果的。

サブスクリプションプラン(月額2980円税込※)もあるので、長く楽しみたい人や忙しい人にはぴったりかも。
※Scentee Machina Uno 本体1台提供+ボトル1本提供(半年に1本ボトル供給)、1年契約縛り

本体は充電式(USB充電ケーブル付き)。充電が完了したらケーブルを外して好きな場所へ。寝室や玄関、リビングなど、どんな空間にもスッと馴染むシンプルでスタイリッシュなデザイン。コンパクトで邪魔にならないし、むしろインテリアとして空間を演出してくれる存在です。

「あ~リフレッシュしたい」と思ったら、スマホ操作でシュッとひと吹き。いい香りに包まれながら心を休ませて、おうち時間を少しでも楽しみましょう。


【アイテム詳細】
Scentee Machina Uno
IoTルームディフューザー
本体 21,780円(税込)
※専用フレグランスボトルは別売り 14,080円 (税込)
サイズ:W91×D91×H22.5mm
付属品:電源コード(MicroUSB-type-B)
オンラインショップ