MONEY

【FP直伝!】貯金1000万円を達成できる人が必ずとる行動とは? 

ためる 中村 賢司

【FP直伝!】貯金1000万円を達成できる人が必ずとる行動とは? 

PhotoAC

目次

今までたくさんの方の相談を受けてきて、貯金1000万円を貯めている人たちに共通する行動を分析してみました。今回紹介することは、目新しいことは何一つありません。しかし、頭で理解していても行動に移している人はそう多くないように思います。

皆さんもこの記事を読まれた後、どれか一つでもいいので、まずは行動に移してみてください。

コンビニ
PhotoAC

1.コンビニで買い物をしない

普段の買い物をコンビニで済ましている人をよく見かけます。確かに便利なのですが、価格の設定は少々高め。同じ商品をスーパーなどで買うと、半額から3分の2程度の価格で購入できます。塵も積もれば山となりますので、日々の買い物をコンビニで済ませるのは避けるようにしましょう。

2.まとめ買いをしない

食材のまとめ買いをしている人もいますが、これも意外と無駄な出費になることが多いように思います。もちろん安売りセールやまとめ買いによって、賢く節約することは大切です。でも、案外その日の買い物はその日にする方が無駄な買い物をせず、家計の節約に繋がるケースが多いようです。

3.クレジットカードを使わない

お金が貯まらない人の典型的なパターンとして、日々の買い物にクレジットカードを頻繁に使っているケースがあります。

同じ買い物をするなら、ポイントが貯まるのでカードを使った方がお得という考え方もあり、やりくりがきちんとできる人であればそれでいいと思います。しかし、毎月支払いに追われているような人は日々の買い物でカードを使わない方がいいでしょう。

ただし、固定費の支払いにクレジットカードを使うことはお薦めしています。携帯電話や生命保険、水道光熱費などの支払日を統一できますし、ポイントも貯まるからです。

まとめ

ためる
PhotoAC

1ヵ月の生活費を使った後、残ったお金を貯金にまわそうと考えている人もいますが、これはお金が貯まらない典型的なパターンです。

おすすめは、下記の通り、毎月の給料から天引き預金や積立預金などをして、使う前に貯金をする「先取り貯金」。ただし、月末の給料日前に生活費が不足して取り崩している人も少なくなくありません。

× 収入 - 支出 = 貯金
〇 収入 - 貯金 - 固定費 = 毎月のやりくり

このお金の流れを毎月実行していくには、1ヵ月の生活費を正しく理解しておく必要があります。まずはご自身の1カ月の生活費を振り返り、毎月家計の予算を立てて、無理のない金額で「先取り貯金」をしてください。

今まで1000万円を貯めたことがない人は、まず500万円。そして500万円貯まってから、次に1000万円を目指しましょう。今回紹介した3つのポイントをどれか一つでも実行することで、毎月の貯金額は増えるはずです。

また、そのお金を投資信託や株で運用することで、さらに殖やすこともできるでしょう。

給料やボーナスがなかなか増えない今のご時世、ぜひ賢く家計をやりくりして貯金1000万円を目指してください。

App store
Google play